宇宙全史

虚空蔵55

2017/8/13 No.352


「八柱(やつはしら)立つ」

日本に八本の救世主が立ちました

まだ子供の状態であったり、救世主としての自覚(覚醒)もないままの存在もいますが、現象界に八本顕現しております

各柱は三体を一組とし

「本体」+「フォローの存在」×2=三体一組

として出ています


だいたい日本国中まんべんなく散らばっているはずですが、明確な場所は明らかにされていません

彼らがどのような形で皆さんの前に登場して来るかは、彼ら次第でもあり皆さん次第でもあります

つまり彼らの覚醒が未熟なまま、皆さん(好み)の宗教的な形で出て来るとか、まったく世間には出てこないまま救世主としての役を果たすということもあります
もちろん他のバージョンも幾つかあるようです


いずれにせよ各人各様のコンタクト、アクション、気づきがこれからの時代を作り、20年後の世界を決定づけていきます


皆さんがんばって下さい

あと二日、今日を入れると三日で怒涛のお盆ゾーンから抜けることになります。

今日は何とか少し楽になりましたが、本来私はアンドロメダ(みわですが)の仕事とはあまり関係のないところで動く予定でしたが、いつの間にか巻き込まれて地球と連動してしまっていたようです。

誰も街中の小さな部屋の片隅で寝込んでいるおばさんが地球最後(本当はこの宇宙最後)の業を引き受けているのだということなど微塵も気づかないまま過ごしていくのでしょう。

私は有り様が異なりますので、もう少し分かりやすい形でいますが、アンドロメダという存在は本当に理解しがたい存在です。

ここでは発表していないのですが、彼女(アンドロメダ)の過去世は全く理解に苦しむものです。

それは私たちのこの銀河星雲とアンドロメダが姉妹銀河だということ、そういう有り様で創造されたということに大いに関係があるのですが、それは「宇宙全史」第二巻で明らかにされていきます


しかし今までの経験からしますと、お盆ゾーンから外れてもまた新たなディープな負荷が降りて来ることは間違いなく、それはこれから20年間ずっと続くのだと思われます

虚空蔵55

2017/8/11 No.351

さて何から始めたらいいでしょうか。

救世主といいますと皆さんは通常イエスや仏陀のような存在を思い浮かべるかもしれません。

あるいは偉大な能力を持ちその力であなた方を新たな世界へ導く、アセンションに誘導していくといったような感覚でしょうか。

というより大概の方は救世主とは(まず)「人間である」と考えるでしょう。

しかしこの世界の本質は「エネルギー」です。

そして本当の救世主とはやはりエネルギーなのです。
いや「人間でありエネルギーである」といった方がいいかも知れません。


ただ一つ構えて頂きたいのは、通常皆さん方が考えている救世主というのとはちょっと趣が異なっているということがあります。
それが本当の救世主なのですが、その意味はやはりここ(宇宙全史)で勉強して来ていない方には中々理解出来ないかも知れません。

逆に申し上げますと、通常世間でふれ回っている「救世主」は本来この時期(この宇宙の最終局面)に出て来る「救世主」ではないということです。

ちょっとややこしい説明ですが、本当はもっと難しい背景がそこにはあるのです。

しかしそこまでは踏み込むことは出来ないので、皆さん方の分かる範囲でこれから情報を公開していこうと思っています。

お盆ゾーンは今が一番きついようです。

夜明け前が一番暗いとはよくいいますが(果たして夜が明けるかどうかは別として)、宇宙全史のワークがここまで滞るとは思ってもいませんでした。

それでも陸上はきつくても水中は少し楽なのでほぼ毎日プールに行っております。

どうせなら今のうちに体幹スイムを習得しようとがんばっていますが、昨日はちょっとがんばり過ぎてさすがに体調が悪くなってしまいました(今頃はいつも悪いのですが、もっとひどくしてしまったというところです)。

現状スイカとアイス(キャンディ)がメインのような食生活です

虚空蔵55

2017/7/31 No.350

世界情勢の現状や近未来について語るつもりでしたが、降ろされる情報は皆さん方が内外のニュースを良くお聞きになっていると分かるくらいのものしか降ろされて来ていません。

例えば北朝鮮には中国、ロシアの援助がいまだ継続しているとか、ミサイル自体の製造、発射技術も支援されているといったところです。
今更アメリカがそれで怒っていますが、世界各国の首脳の中でもちょっと頭がよくないのがトランプで、強国の中で抜きん出ているのがプーチンです。
頭がいいといいましても知れてはいるのですが、それでもみんなどんぐりの背比べ状態ですから混沌とした世界情勢の中ではうまく立ち回れているようです。

いずれにしてもとうとう切羽詰まった状態に入って来ている世界ですから、上の方たちはどこがどうなるとか、これからこういうことが起きるよといった限定させるような情報は出したくないようです。
それはすでに書いておきましたが、情報を出すことで変動範囲が極端に大きくなるということや、逆に誘導に近い限定未来になってしまうことを避けているようです。

いずれにせよ「これからはあなたたちの判断で生きていきなさいね」ということなのでしょう。
ここまでに五井先生の祈りを自分のものにしている方にとっては、あまり心が揺らがないと思います。

次回はいよいよ救世主たちの実態を書くことになりますが、世界情勢も救世主の情報も本来なら充分一冊の本になるだけの内容を含んでいます。
それを大分はしょって書くことになりますからご注意ください。
この世界の方たちには「早とちり」や「ひとり合点」の得意な方が多いのが特徴です。

どうか今までの宇宙全史の書籍を参考になさってよく読み込んでください


前に書きましたようにお盆の期間中はみわや私に相当な負荷がかかって来ています。

先日みわに家系の因縁による負荷が顕現したため長期のお休み期間がありました。
(通常そこまで彼女に負荷がかかることはないのですが、変動本番を控えて今のうちにクリアしておこうという腹が上の方たちにあったようです)

それがあってワークに復帰した時、まだ大分弱っていたので私(白光の医師霊団ですが)が治そうとしていますと、いきなりイルカや森の精たちが癒しの応援に大挙して来てくれたのです。
その時丁度まんだらけの関西の従業員で危篤状態にあった女性もついでに癒して頂いたようで、有難いと感謝しております。

イルカはプレアデス系のみなさんで、森の精たちはタウ星系から来ていました。

以前ここで私が「プレアデスは覚醒していないからあまり好きではない」というようなことを書いていましたが、そんなことは頓着なく助けてくれていました。

おそらくこれも五井先生が動いておられたのだと思います(どちらかというと五井先生もプレアデスよりなのです)