宇宙全史

どっぺん

2017/6/12 No.3430

虚空蔵55様 みわ様
御指導どうもありがとうございました。
よかったですねと言っていただいて、胸にこみ上げて来るものがありました。まだまだこれからと思っておりますが、ここまで来れたのは全て宇宙全史のおかげです。私も瞑想中ずっと五井先生のお祈りをさせていただいています。虚空蔵55様にも五井先生にもおしかけ弟子でご迷惑でしょうが、私の集合魂は大変喜んでくれていると思います。月読之大神には私の甘えや取り繕いを笑っていただき、自分へのごまかしの根深さに少しは気づけるようになったかと思います。本当にありがとうございました。
また完全覚醒を達成されたイルプロラシオンの三人のマスターにも瞑想中よく御指導をお願いして来ました。これもおしかけで図々しかったですが、ありがとうございます。
「一瞥の後、そこからどこまでその精度を深めていくか、一瞥の記憶を保持しつつ更なる真我の体現を求めていくことがこれからのあなたの課題になります」
これからこれを胸に止めて精進致します。今日の瞑想は、わたしの確信が定まったからか、とても深くなって行きました。まだまだです。でもとても嬉しかったので喋りすぎをどうか今回はお許し下さい、どうもありがとうございました。今後の御指導の程よろしくお願い申し上げます。

2017・6・12
どっぺん様

その一瞥の境地にずっと寄り添っていくということを保ちつつ、祈りと共に歩んでいけばいいのです

保持することはとても難しいことですがそれが修行でもあり、スタートラインでもあるのです

これからが大切な時間です

何か疑問や行き詰まりがありましたらここに書き込んでください

私も同じようにギリギリのところで何とか凌いでいます

すぐに返事は出来ないかも知れませんが

必ずお答えします


虚空蔵55

一道

2017/6/10 No.3429

私達が生きていくうえで重要な食事について教えて下さい。私は半年前から1日1食、夜だけ食事しています、新しい仕事につき、いままで自営業だったのですが会社員になりました。体重が15キロ落ちたのですが本当に調子が良くなりいままでできなかった事などはじめています、神経質にこだわっていなく、朝、昼の休憩などは世界平和の祈りに使ってます。少食がいいとかではないんですが、こんなに世の中に食べ物が溢れていてお腹いっぱい食べ物を食べる現代ですがこれからむかえる大難のあとに生きている人達はどのような食事をしているでしょうか?これから世界平和の祈りと平行に食事も重要だと思っていますが虚空蔵様の食事、食べ物についての考え方があれば聞かせていただきたいと思っています。

2017・6・9
一道様

あなたの食べ方(生き方)はとてもいい方向性を示しています。

さらにそこに

「朝、昼の休憩などは世界平和の祈りに使ってます」

人それぞれの生き方はありますが、あなたのそれは優れた一つのお手本のようなもので、私がどうこういうことはありません

エゴを薄くしていく方たちからそうした身体の変化が次々と出て来るはずです

たゆまず精進している方には下のどっぺんさんの体現も同じように顕現して来るはずです

これから現象界も色々出て来るものがありますが、それを克服できるような身体と精神が獲得出来ますように

学びの力は大きいのですが、それよりも何よりも五井先生の祈りの力があなた方の大きな拠りどころとなり、混乱の世の道しるべともなっていくのです



虚空蔵55

どっぺん

2017/6/10 No.3428

虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なる御指導ありがとうございます。

「すべてのすべてであり、無限であり無でもある。満たされており何も無く、ただ無窮の至福に満ちた、ありとあらゆるものの根源であり、始まりでもあるもの」

先日、この実存の説明を読んだとき、それまで真我とかワンネスとか空とかという言葉で瞑想していたときとは全く違う自分の内的な反応が生じたので、言霊の違いは本当に大きいのだなと実感しました。

そして、その日から、それまで平凡だった毎朝の瞑想が日々深化していくようになり、先程、奇しくも6月6日6時に私にも実存が顕現しました。エゴは薄くなっています。一切皆実存です。身心脱落とはこのようなものなのかと思っています。
これでやっとスタートラインにつけたのでしょうか。いつもおたずねして申し訳ありませんが、魔境、妄想などではないでしょうか。御指導よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

2017・6・6
どっぺん様

「魔境、妄想などではないでしょうか」

●あなたが体験したものは実存(もしくは真我)です。

宇宙全史ではまだあまり実存(真我)についての説明を詳細にはやっていませんので曖昧な部分があるかも知れませんが決して魔境などではありません。

ただ真我の一瞥は稀有な事ではありますが、真剣にここで学んでおられる方たちには次々と顕現して来ることになっています。

そして一瞥の後、そこからどこまでその精度を深めていくか、一瞥の記憶を保持しつつ更なる真我の体現を求めていくことがこれからのあなたの課題になります。

よかったですね


虚空蔵55


スーザン

2017/6/8 No.3427

虚空蔵55様、みわ様

いつも大変お世話になっており、ありがとうございます。私には全く想像もつきませんが、日々のお仕事を通して大変な恩恵を受けているものと思います。

私の方はその恩恵を活かせているものか、あまり胸を張れないところがあり、もう少ししっかりやれないものかと反省の日々です。現状は毎日のこなさなければならない仕事プラス他の方との共同研究に注力しており、ほとほと困り果てていた問題に少し光が見えた部分があったので、それをまとめている最中です。

風俗はあまり行き過ぎてはいけないと悟りまして、泣く泣く一旦卒業することにしました。
これからはさらに良い仕事を成し遂げて創造の快楽を味わえるよう日々の仕事に邁進していきたいと思います。

毎回全くもって無意味な投稿ばかりで誠に申し訳ございません。いろいろと考えるのですが、まずはこれが私の現状だと受け止めて、少しでも先に進めるよう、日々がんばっていきたいと思います。中々先は見えない状況ですが、あきらめずに前向きに進んで行きたいです。この度も誠にありがとうございました。

2017・6・6

RIE

2017/6/8 No.3426

虚空蔵55さま、みわさま

こんばんは。
回答ありがとうございました。
回答を頂いた時から、私にとって不要な縁は、あっという間に自然にリセットされました。これも短期集中型の古き観念の世界を垣間見る大いなる学びだった…と思えています。


すると、手放した直後に、本来の魂の視点に共鳴する方々との縁が、間髪おかずにやって来て、その方たちの中に、手放した方々と同じスキルを持っている人がいた…というありがたいウルトラC的な展開が起こりました。
「こういう展開がエネルギーの良い時のいつもの私の流れだった…」と


その方々は、宇宙全史にも即、興味を示し、読みたい!と言ってくださる感性をお持ちの方々。これからは、そういうコミュニティーの中で、志を同じくし、新たな時代の社会に良きエネルギーを循環しようとする人々とコラボ的に共存共栄していくことができたら、何より、心地が良いと思えたのです。


しばし、本来の命の流れを止めていたのは私の焦りから来る「エゴ」と「ビジネスのスキルが必要という「思い込みや」「固定概念」でした。これからの時代は、余計なものを手放し、エゴを薄めて、思いをもっとシンプルにさせていれば、全ての必要なものごとは、ふっと寄り添うようにして、瞬時に起こる…それこそが、これからの人間に必要なスキルでありテクノロジーになっていくと。


知っていたつもりだったのですが「つもり」だったようです。改めて、今のこの時期に、おもいきり腑に落ちた経験をさせて頂きました。経験をさせて頂いたすべてのご縁に感謝です。ありがとうございます。

2017・6・4

Misa

2017/6/8 No.3425

虚空蔵55様、みわ様、月読大神様、

いつも学ばせて頂いています。
ありがとうございます。

私はパン屋さんでパートのお仕事をしてい
ます。1年程経ちました。初めはわからない事
だらけでしたが、周りの方に助けて頂き、今はスムーズ
に仕事が出来るようになりました。
その間、いつもお祈りと共におりましたが、
時折、不安や恐れに襲われますので、全てを受け入れる覚悟と
共に、お祈りで流しつつ、他の方の幸せをお祈りしてますと、すごくお祈りの効果が現れ、穏やかな雰囲気になります。
今日は、お客様に幸せが届くように、祈りを込めて作りましたら、他のスタッフが、私のパンの売れが良く、あと数個しかないと
教えてくれて、物凄い嬉しい気持ちになり、
五井先生に感謝、感動しました。
本当にありがとうございます。
精進したいと思います。
ありがとうございました。

2017・5・30

RIE

2017/5/29 No.3424

@2017・5・19
虚空蔵55様 みわさま


回答ありがとうございました。
回答の中で言われていた、私の内にあるエゴは何かを問うてみました。そこにあったのは、「焦り」でした。以前にも「焦りはエゴ」だと、虚空蔵55さまに書いて頂いていたものです。


私の人生は変わり種ですが、個として生きる分には、世の中とはどこか違うフィールドであっても生かされるという「人生に対する信頼」が根底にはあります。その流れに無理なく従っていれば良いという思いと、同時に、生かされているからこそ、その背景にある意図を成す為のがんばりは必然、という思い…


更に、そこに、私の意図を真摯に学び、がんばってくれている協会に縁をしている人々の為にも、できる限りの道筋を立てて発展させていかないと、という「責任」の思いがミックスされています。先のことさえ考えなければ、本来は常に見えない方々から応援されていて、そこそこ上手く流れている現状にも関わらず、世のビジネス思考で先のことを考えると「焦り」が頭をもたげたのです。


その焦りから、ここ最近、私にはあまり持ち合わせていない、世のビジネス頭のプロと交わり、その意見に触れすぎた為、軋轢が生じ、消耗していくという構図だったと思います。


>悩むのはエゴだけ


この言葉で改めて、世の中的な言葉に反応するエゴではなく、私の根底に在る「どうあっても動じない真我」を直視し、いつも通り、そこから来る感覚で判断し、閃きで行動すれば良いだけなのだという確信を頂きました。


>「異なる視点を持つ人たちとの融合」が意味を持つのは今いったように地上での話です。


肉体を離れた世界に行けば、周波数の違う人々とはほぼ、交わることができず、故に気づきも簡単には得られず、進化もままならないと聞いています。この地上世界においてのみ、「異質同士が交われる」ということが可能であるなら


異なる視点を持つ異質な人々と交わる機会が目の前にある今、その異質な人々の視点で、どこまで私の盲点が補われ、何かひとつのゴールを成せるのか…という地上世界でしか経験できないことを「短期集中」「期間限定」私の「裁量の範囲」でチャレンジしてみようと思います。


虚空蔵55さまに書いて頂いたように、あっち向いている対極目線の人を、こっちに向かせるような愚かなことはしようとは思いませんが「縁あるもの、こと、ひと全てが教師」「躓いた石ころからも学ぶ」そんな信条を好むので、


「今、目の前にいる異質な人々を避けるより、異質な人々から学ばせて頂く」そう、覚悟して、私の今の進化成長の糧にしてみようと思います。綱渡り人生を自覚しているので「何か危ない…もっていかれそう」と思う事象に遭遇した時には、また確認や質問させて頂こうと思っています。よろしくお願い致します。



A2017・5・24
虚空蔵55さま みわさま

こんばんは。
先に投稿しました返信の最後に

>「何か危ない…もっていかれそう」と思う事象に遭遇した時には、また確認や質問させて頂こうと思っています…と書いたのですが、はたと、すでにもう「気づきを促されている事象の中に居続けている」のではないか…と思い、再度、投稿させて頂いています。


この2週間、咳が止まらないのです。


はじめは単なる、風邪だと思っていたので、さして気にしていなかったのですが、その症状が始まったのは「異質の視点を持つ方から学ばせて頂く」と覚悟を決めて、打ち合わせを5月初めにした翌日からなのです。はじめの2、3日で風邪の頭痛や熱の症状は治ったのですが…咳だけは治まらず


どれだけ寝ても症状はひどくなる一方なのです。その状態で先日の19日に再度BBSに「今、目の前にいる異質な人々を避けるより、異質な人々から学ばせて頂く」そう、覚悟して、私の今の進化成長の糧にしてみようと思います」と書いた直後から、なんと、より一層、ひどくなった感があるのです。


これは、私の選択や認識を正されている事象とはいえまいか?と否が応でも思えてきたのです。


以前にもBBSに、エホバを信頼する神と崇めている著名な女性ヒーラーに浄霊というヒーリングをしてもらった数時間後に、突然、右足が痛み出し腫れあがり、車イスに初めて乗る羽目になったことを投稿しました。


その時、虚空蔵55さまに頂いた回答には
>「集合魂として薄い知識として知っているだけではなく、肉体という濃い経験を通して「学び」を体験したいというところが大きくあるのです。あたないとってはいい迷惑でしょうが、危険を承知で飛び込んでいくのはそういうことがあるからなのです…と回答して頂きました。


今回も、同じように、会った直後から今に至るまで、症状として表れているもので、普段飲まない薬を飲んでも、治る気配さえありません。気づかせの事象だとしたら、また私に濃い経験を通じて学びを体験させるという一環なのでしょうか?


今回は宗教ではなくビジネス業界…どちらも陰始が敷いたこの世の仕組み。特に今回のご縁の方々は、ビジネス分野において名のある著名人を幾人も手掛けたことがある出版社にいた、ビジネス出版、広告、宣伝ブランディング業界のプロの人々。能力的にはとても優秀なのだと思います。ただ私とは視点が違い過ぎて周波数はまるで合わないのですが…


この縁は、どうも見えない方々が計らったのではないかと思える流れがありました。仕事の依頼としては一度、お断りしたのですが、結局、奇妙な偶然の一致のようなタイミングで、これは、今の私の視点を広げ、学ばせて頂ける何かがあるのだろうという感覚を信頼して、当初決まっていたものを変更してまで、依頼することにしたのです。


ところが、関わり始めた途端この状態です…。咳は「無自覚で何かを排斥したい」という時に、ひどくなるひとつの状況とも認識しています。これまでも、何か、少しでも私の軌道がズレそうになると、私に分かりやすい、何らかの修正がかけられるのが常でした。今回もここで、しかと気づいておかないと一段と体力が消耗していく気がします。


そこでまた、質問させてくださいませ。


質問@
どれだけ、意識で「何かを学ぶため…」と強く思っても、よって立っている集合魂の方向性が違い過ぎれば、魂的に嫌がり、事象としてこのように表れてくるものなのでしょうか?


質問A
エホバと繋がっていたヒーラーの経験の時と同じで、今回は咳ですが、咳が一向に止まらないこの症状も、私に濃い体験をさせようとしてのことなのでしょうか?

例えば、「宗教」も「現代のビジネス思考」も、陰始やエホバから派生した収奪システム。宗教は、若い頃一通り学び卒業していますが、

この数年は様々な世にあるビジネスの考え方を学び実践するという体験を一気にしてきました。今回、これまでのビジネスの考え方を凝縮したプロの方々と縁をすることで、これまた私に「体験として学んでも、迎合せず、その位置にはいないこと」という気づきを促そうとしているのでしょうか?


質問B
それとは無関係に、このひどくなる咳には、何か意味があるのでしょうか?
単純に、思考も身体も休ませることだけの警告…なのでしょうか?


宗教でもない、これまでのビジネスでもない、全く、新たな時代の仕組みの礎となるものは、一体、どこにあるのか?20年後にはそういう、システムや仕組みができるのでしょうか。それを創るのが救世主という人々なら、そういう人々がでるのが、待ち遠しいです。



B2017・5・29
虚空蔵55さま みわさま


こんばんは。
幾度も投稿させて頂いていた一連の流れの顛末から、ようやく、しかと決断し、気づくべきことに気づき、学ぶべきことを学ぶに至りました。


質問に書かせて頂いていた「咳が止まらない状況」は、やはり警告だったと、おととい思い知らされた気がします。


おとといの夜、相変わらず咳が酷く、このまま異質の視点の方々と仕事を継続するか、キャンセルするかの迷いの中で就寝すると、突然、胸に何かが飛び込んだ気がしました。そこから、死ぬかと思う程、更に酷い咳が出始めたのです。


「もう、これはただ事ではない、迷っている私に対する警告だ、このまま仕事を進めても、労あっても益は無し、撤退だ!」と決断して、翌日、そのことを関係者に打ち明けたのです。すると途端に胸と鼻がスッとして、咳が治まったのです。もう、驚きもいいところでした。


このことから得た重要な気づきは、方向性も周波数も違う者同士は、知識と意識で「盲点を補いあえる、それにより学べることもある」と、どんなに覚悟して思っても、宇宙の法則か、はたまた見えない方々が「違うものはどうあっても関わりようがない」それをムリにエゴで貫こうとしたことへの警告。


今の私にとっての効率の良い学びや成長は、人からではなく、ゴールを目指すプロセスで、無理をせず、全力で、祈り、感謝し、自分を見つめ、できることを焦らずにやること、その中で、起こる事象や自分の体調の変化を良く観ていれば、見えない方々が自然環境にサインを出し、導こうとしてくださる…


もし、人から学ぼうとするのであれば、同じ方向性を持ち、ステージを同じくする人々。境涯の高い人の言葉や在り方。そこからでしか進化成長発展における「腑に落ちる」学びと気づきはないのだ…ということでした。


私が、生涯かけて伝えたい思いは、たぶん、ビジネス的なスキルに傾倒しても、伝わるものでは無く「すべては、私自身の在り方、生き方のエネルギーがどう在るかでしか、伝わらないものなのだ…」と。


そのことが、腑に落ちた時、この数週間、しばし雲隠れしていたビジョンが観えだし、意欲が満ちてきたのです。ビジョンが観える方向性や人を選ぶ。やはりこれが私にとっての正しい選択だと。


今回のことは、私の判断や選択の違いを正す警告だとも思いましたが、それ以外にも私の持つエゴの正体、免疫力低下へのサイン、生活スタイルを律することへの是正でもあった…と身に沁みました。


私の集合魂は本当に「理論理屈の知識だけでは終わらせてはくれず、虚空蔵55さまが、以前おっしゃっていたように、何にでも飛び込ませ、濃い体験の中から気づかせて、私に語らせる」そんなことを好む方々なのだな〜と理解できた気がします。


その信号を受け取っている限り、本当に体力勝負の綱渡り人生だと思います^^落っこちないように、焦らず、エゴを薄くしつつ、歩んで行こうと、改めて思った次第でした。
RIE様

あなたの集合魂はほぼあなたと同じような位置にいます。

つまり「あなたの学びは集合婚の学び」なのです。
もちろんあなたよりは集合魂の方が高い位置にいますから、視野は広いしそこそこの叡智も持っています。
しかしちょっと変わっているのですが、集合魂はあなたという肉身と共に学びを取得することに決めています(皆さんそうなのですが、あなたの場合はそれがとても濃く出ています)。

ですから既にあなたには伝えてあると思うのですが、あなたという肉身は一種「放置」されている状態です。
つまり行き当たりばったりでそのつど学んでいきなさいねということのようです。
もちろん今回の「咳」のように大事な時期には修正要求が出てきますが、基本あなたの思うように生き、決定し、結果を享受するようになっています。

ですからその決定(これはあなたの決定なのですが)を私がどうのこうのということはちょっと控えていました。

そしてかくのごとくあなたは自身で答えを得ているのです。



色々チャレンジなさるのはあなたの性ですからやむを得ないのですが、今の時期あまり無駄なエネルギーは使わせたくないのが集合魂の本音です。

あなたはこの宇宙全史という学びの中で講師という位置にあります。
その幸運はおそらくこの地上の誰にも計り知ることは出来ないはずです。

私はやがて来るべき覚醒と共に約2100万人(この数は現状で、変動する可能性は大です)の人類を引き上げることになっています。
その尖峰になるあなたが下らぬところでいつまでも迷っていては集合魂が困るのです。

私が引き上げる人々はその時のそれぞれの境涯とエネルギーによりますが、今ここで学んでおられる方たちを正しい方向に導くのが講師の仕事です。

私はこのままでは次第にこれまでお答えしてきたようなレベルの質問には答えられなくなっていくかも知れません。
「講師」とされる方たちは宇宙全史という学びの場に相応しい礼節と学びの方向性を教えていくのが役目です。
もちろん講師の方たちの質問にはお答えしていきますが、通常送られてくる一般の方のエゴを増長させるような質問やエゴ丸出しの問いかけには上の方たちのダメ出しが大きくなってきています。

墨汁の海の世界で黒に染まらない生き方が如何に困難かはすでに私の例をとって非公開情報では具体的に書いておきました。


あなたも大変でしょうが出来る範囲でがんばって下さい



虚空蔵55

RIE

2017/5/16 No.3423

虚空蔵55さま みわさま 


こんばんは。ご無沙汰しております。
世界の変化とリンクするかのように、私もまた、加速されていく変化と選択、覚悟を問われる日々の中にいました。


以前に虚空蔵55さまが、返答して頂いた以下のことについて、具体的にこういうことなのか…?と感じざるを得ない現実と、今、対峙しているかのようなので、質問させて頂こうと思います。


以下

>しかしおそらくあなたにとっては
>何も変わらないことでしょう
>日々のやるべきことは続いていき
>日々のあなたの思う「進化」を
>愛でる日々


>しかしそれはあなたという存在を超えたところにある
>因果律により
>搾取し奪われていくもの


これを書いて頂いた3月の時は、具体的に一体何を指すのか?どこか茫洋としていました。


2か月の時が過ぎる中、ようやく、私の魂の意図をベースに創ったコンテンツやシステムも出来上がり、宇宙全史の内容なども踏まえ、できるだけ多くの人に知って頂く準備ができてきました。その為には、私だけの視点ではなく外部の人の視点や力を借りざるを得ない時期が来ていると思っていました。


しかし、


陰始が創ったこの社会の仕組みが、当たりまえと思っている人々に、そのままを伝え、仕事のパートナーとして組もうとすれば、ビジネスにはならないと言われ、どこか歪められ、時にビジネスという名前の、善意の仮面をかぶった搾取のルールの中に否が応でも絡めとられていくしかないのか?と思えることに頻繁にぶつかります。


私の中では、これまでのその仕組自体にしがみ付くことを手放せるマインドを提唱したいと思っている部分もあるので、迎合する訳はないだろうと思うのですが、そんな学校では習わない、聞いたこともないようなことは、微塵も理解できない人が、プロといえども普通です。


私は、自分自身の心が示す方向性に妥協することはないのですが、その妥協しないという思いが「壁」になり、逆に、拡散することは叶わず、目指す魂の意図を阻んでしまっているのか?という葛藤が生じます。


そして、こういった葛藤が、虚空蔵55さまが言われる私のエネルギーを搾取し奪っていくのだろうかと?


ここ数か月、自然環境から私に来るサインを読むと、私の意識とは裏腹に「これまでの私の認識を変えて、もう少し見せ方を世の中受けするように」ということであったり、「誰もが持つカルマ的な感情を指摘するより汲んで寄り添う表現」が必要…そんなことを示唆するものが頻繁に、降りるのです。


私の中に無かったこれらの視点を汲み取りWEBなどで発信していくものに体現するには、やはり、私の意図する魂的な思いは、ほとんど分からないであろう「対極目線」を持つ人々、もっと、言えば、「そんなことは分かりたくもない」と思うビジネスのプロと言われる人々…私にとっては異質の人々と組むことが今、必要課題なのか…?と


そんなことを頭の中で問いかけていると極め付けのように、昨日「対極と交わるとどうなるのか」という題で「核融合」を例えにした出口王二仁三郎さんのお孫さんが書いたメルマガが目に飛び込んできました。


以下、


「核分裂と核融合は違います。核分裂は、一つの原子が別れて崩壊すると、大きなエネルギーと放射能が出る。ところが本来交わらない原子が交わると、核融合が起こる。放射能はほとんど出ず無限に近いエネルギーを出す!


人の場合もそうです。


対極の人が交わればビジネスも成功します。なぜなら対極の人は、あなたが価値を置かないものに価値を置きあなたが見えないものが見えるからです。そこでビジネスの穴がなくなります。しかし、それには大きな心理的な抵抗があります。それをどう乗り越えるかがポイントなのです。また、それができて初めて、世界の平和も来るのです…と。


協会というシステムを取った時から、過去にも、パートナーを組もうとすると、ビジネススキルはあっても、魂的な視点までは、持ち合わせない価値観の違う人々が現れました。


私に無いビジネス視点を学ばせて頂けるのですが、そのたびに私はエネルギーを消耗してしまう(たぶん互いに…)ということが起こりました。


「私の思う魂のミッションを成すこと」と陰始の作った社会システムの「ビジネス」。これは、どう考えても融合しないのではないか…


しかし、私に、それを促すかのような今の環境からのメッセージは果たして、正しいのか?読み違えてはいないか?こうやって社会のビジネス目線の中に迎合することで魂の意図するエネルギーを吸い取られていないのか?


それとは逆に、ある程度の妥協と私のエゴを捨て、視点の違う人々と融合することこそが、私の今の課題なのか?こういったままならない試行錯誤をしたことで、虚空蔵55さまが前回、最後に書いてくださった


>完全覚醒者さえも
>管理され
>支配され
>コントロールされる
>宇宙
>それでも私は
>あなた方を
>幸せに導き
>更に望むのなら
>覚醒を
>更に完全覚醒に
>導く用意はあるのです


こういう境涯に行けたなら、どれだけ良いだろう…と、このことを、心から望むようになった私がいます。


質問@
今、「どう選択」すれば、その境涯への道に、迷わず少しでも近づけるのでしょうか?


質問A
そして、今の流れは、因果律により奪われている流れなのか?それとも、単に、違う視点を持つ人々との融合という、私のステップアップの課題なのでしょうか?


質問B
私が、綱渡り人生から落っこちない為に、そして、現在、私にご縁している方々の為にも、ヒントを頂けるとありがたいと思っています。
よろしくお願い致します。

2017・5・14
RIE様

質問@
今、「どう選択」すれば、その境涯への道に、迷わず少しでも近づけるのでしょうか?

●自らのエゴと自らの真我の欲求を振り分けることです。

それにはエゴを薄くするという作業以外に方法はありません。
太陽のように真我はただそこにあり(おそらく私たちにとっては)永遠不滅ですが、地上の雲に覆われてしまえば隠れて見えなくなってしまいます。

あなたのエゴが何であるか、あなたが何にとらわれているのか、そこを見つめてみるといいかも知れません。



質問A
そして、今の流れは、因果律により奪われている流れなのか?それとも、単に、違う視点を持つ人々との融合という、私のステップアップの課題なのでしょうか?

●両方です。

つまりあなたが異なる視点を持つ方たちと交わることで、そこに生じる軋轢のエネルギーが(因果律というよりも)単純な搾取のセオリーに基づいて奪われています。

透徹した上位の方たちというのは本当の本当に慈悲の方たちです。
だからこそ私もその指導に従っているのですが、しかし彼らにしても「こちらを向かぬ者に手出しは出来ぬ」で、「どうしてもこちらを向かせてみよう」などという厄介を背負い込むような愚かな真似はなさいません。

そこはもうどうしようもないといいますか、この宇宙全史では初期の頃によく申し上げていたのですが、このオーム宇宙では何をしても良いという(それこそ)因果律が存在しています(もちろん因果律ですから因果応報も存在します)。
その「自由」の中には「何を選択しても良い」という基本的な事由があり、それが例え間違っていようがバカな選択であろうが、その自由は尊重されるのです。

それを無理くり「あなたは間違っているのだからこっちに来なさい」ということは出来ないし、やっても双方共に混乱するだけなのです(それが今のこの世界の有り様なのですが)。

「異なる視点を持つ人たちとの融合」が意味を持つのは今いったように地上での話です。
融和や調和は大切ですし、地上における有効な共存へのメソッドになります。
しかし宇宙全史のロジックが絶対とはいいませんが、それでも二元性の中のやり繰りと混同してはならないのです。



質問B
私が、綱渡り人生から落っこちない為に、そして、現在、私にご縁している方々の為にも、ヒントを頂けるとありがたいと思っています。
よろしくお願い致します。

●今はまだあなたの裁量の範囲で出来ることを地道にやることです。

時が来れば自ずと道は開けていきます。

悩むのはエゴだけ



虚空蔵55

いくと

2017/5/16 No.3422

虚空蔵55様、みわ様

ご無沙汰しております。今朝方、夢のなかで嬉しい一事があり、ご報告したくまいりました。

私の祖母は宗教的な意味で何やら怪しい団体の会員だったらしく、その団体の新聞やアイテムなどが祖父母の家にあったのを覚えています。

私が小・中学生のころに聞かされた音声テープがあるのですが、「そういえばこういう感じの内容だった」と夢が覚めてから思い出したのですが、夢の中ではまた別のアイテムのガラス玉が登場しました。

夢の中で、道場みたいなところで知らない男と組合をして、一応勝って?(子どもが遊ぶときの感覚で結構楽しんでいました)、その後にそのガラス玉が登場しました。

このガラス玉はたしか直径5センチぐらいあり、私はこれは物理的な武器として使えると思ったらしく、しかしすでに組合は終わっていたので使い途がなく放り投げてしまいました。

そしたら身内の者(の姿をした別人?)の鼻頭に当たってしまい、それを謝っていたら、その者が「これはもう使わないか?」みたいになったので、「いらない」と自然と言うことが出来ていました。

それで目が覚めて、これでようやくネックの一つから開放されたのではないかと喜んでいます。

本当にありがとうございます。宇宙全史を知らなかったら、この快事もなかったことです。



またこれとは別件になりますが、心の変化があり、ようやく

「同じ出来事でも喜びを選択するか、悲しみを選択するかはその人次第」

という旨の、何年も前に書き込まれていた内容の意味が少しく理解できたように思います。

自分は喜びを選択するということが出来ていなかった、とようやく自覚できました。

やはり喜びを生み出せるような選択をしていきたいと思った次第です。

ありがとうございます。



それと何個もすみません、ついでに書かせてください。

これもやはり夢の中で、なぜか一生懸命走っていたのですが、太ももの付け根が動きに追いつかず、ここを改善しなくてはいけないと気付かされました。

その筋肉の部分を意識すると、たしかに動きやすく、柔軟性や姿勢もよくなります。

呼吸を深くする姿勢がようやく掴めて、呼吸が浅いのも改善できそうです。

長い間、体の感覚や姿勢に違和感があって、違和感を解消するために試行錯誤していて、ジムに通い始めて少しずつ体もほぐれては来ていたのですが、それが太もものことで、一つ大きな改善ができたように思います。

ありがとうございます。



最後にもう一つ。

なんとなく寝苦しくなった夜があり、夜中に目が覚めると、布団のそばに人影があり、顔を合わせてしまいました。

このとき金縛り状態でしたが、気になって顔だけそちらに向けていました。

私はなぜか強がって、その人影にむけて微笑んでやったら(作り笑顔ですね)、向こうも微笑み返しておりました。

それだけなのですが、とても印象に残っております。

この方は守護霊様や、あるいは指導霊の方だったのか、もしくは通りすがりの霊だったのか、訳あってやって来た霊だったのか、気になっております。

お忙しい中、大変恐縮ですが、もし差し支えありませんでしたら明かしていただきたく存じます。


ありがとうございました。

2017・5・11
いくと様

「この方は守護霊様や、あるいは指導霊の方だったのか、もしくは通りすがりの霊だったのか、訳あってやって来た霊だったのか、気になっております」

●守護霊さんです

あなたの段階が一つ更新されたのでうれしかったのでしょう

いい感じですね


虚空蔵55

スーザン

2017/5/16 No.3421

虚空蔵55様、みわ様

先日は私からの数多くの質問に丁寧にお答え頂き誠にありがとうございました。
私の方は相変わらず、自らの性欲に負けながらも何とか幸せになるべくほどほどの塩梅を模索しております。私の体の欲しいままに任せてしまうと、本当に際限が無くなってしまいますので、ここは何とか祈りを忘れず、お導きを信じて進んで行きたいと思います。

最近は仕事の方も忙しさを増してきており、ついつい逃避行為に走ってしまう自分を戒めながら、何とかがんばってやっていきたいと思っております。
最近は少し良い話もありまして、国外の方が私の仕事に目を止めて下さり、共同で仕事をすることになりました。ただ良い話でありがたい限りだったのですが、私の方が足手まといにならないか大きな悩みの種になっております。日々何か出来ることはないかと模索しておりますが、中々形にはならず、困り果てることもしばしばですが、こちらも何とかやり抜きたいとがんばってやっています。
どうにもならないことばかりではありますが、感謝と謙虚さが大切だということは忘れず仕事に邁進していきたいと思います。

「来るべき世界(続20年後世界人口は半分になる)」の本が発行されますことも楽しみにしております。

それでは失礼致しました。いつもありがとうございます。

2017・5・9