宇宙全史

2017/3/3 No.3377

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、五井先生。

宇宙全史のワークに触れさせていただきありがとうございます。

前回(No.3293)、BBSへお祈りを書き込みさせていただき自身でもその内容を見させていただくことで、自身のお祈りに対する思いが反芻され、改めてお祈りの深みを噛み締めております。
このBBSへ書き込みすることは、そのまま(あるいは何倍にもなって)自分へと返ってくる。そのような感覚を味わわせていただきました。

今回、ご質問をさせていただきます。

これまでスピを辿ってきた私にとって、宇宙全史質疑応答3(p.202-p.205)のなかでラムサについて語っていただいたことは、宇宙全史の世界とそれまでの一般の精神世界との相互理解が得られた画期的な内容でした。

@ 質疑応答3(p.205)のなかでラムサは、「彼の集合魂により「集合魂の成就」という目的で創られ」「つまり集合魂の最終段階の仕上げのようなもの」「そして彼はその役を見事はたしています」とありますが、具体的にはどのような役を果たしたのでしょうか。つまり、ラムサは集合魂の最終段階の仕上げとしてどのような目的を果たしたのでしょうか。
虚空蔵55様はBBS・No.3041の中で「この地球最後の期に及んでは すべての集合魂がアセンションを目指すため インパクトのある濃い理解を欲しています」と回答されています。ラムサのアセンションにより、ラムサの集合魂自体がより高度な覚醒へと至った、集合魂自体がカルマを解消したということでしょうか。「集合魂の成就」というのはこのように理解してよいでしょうか。

A ラムサは「ただ一度の生で地上での使命を果たして(質疑応答3(p.202)」いるということから、地上で肉体を持って学び、アセンションすることをラムサの集合魂は意図していたのではないかと思いました。地上での体験を経ることで、アセンション後においてもこの地上へ関与するための布石を打った。この64回目の地球にコンタクトするため。そのような意図もあったのでしょうか。

B ラムサは、完全覚醒したと理解してよいでしょうか。この質問は、ラムサファンとしての期待でもあります。

久遠の生命を得て、今この地球次元に関与しているラムサも、非公開情報9のAさん同様、この時代・この世界に生きる存在の霊性向上にこそ、深遠なる宇宙の変革への望みを託しているのではないかと思いました。

可能な範囲でご回答いただけましたら幸いです。


世界人類が平和でありますように

2017・1・13
葵様

「@ 質疑応答3(p.205)のなかでラムサは、「彼の集合魂により「集合魂の成就」という目的で創られ」「つまり集合魂の最終段階の仕上げのようなもの」「そして彼はその役を見事はたしています」とありますが、具体的にはどのような役を果たしたのでしょうか。つまり、ラムサは集合魂の最終段階の仕上げとしてどのような目的を果たしたのでしょうか。
虚空蔵55様はBBS・No.3041の中で「この地球最後の期に及んでは すべての集合魂がアセンションを目指すため インパクトのある濃い理解を欲しています」と回答されています。ラムサのアセンションにより、ラムサの集合魂自体がより高度な覚醒へと至った、集合魂自体がカルマを解消したということでしょうか。「集合魂の成就」というのはこのように理解してよいでしょうか」

●あの時ラムサの集合魂は「惑星」のカルマを背負っていました

その惑星はいま私たちのこのオーム宇宙における「ベガ」に通じる源流の惑星でした

惑星のカルマといいましたがもちろんその住人のカルマも含みます

もう少し具体的にいいますと

「戦い」

「闘争」

のカルマです

その惑星は「戦い」という命題をクリアするために様々な葛藤を繰り広げています

食う方と食われる方

略奪する方とされる方

その同じことの繰り返しですが、パターンは様々です

その一つの段階をラムサ(集合魂)は成就しています(一定レベルですが)



A ラムサは「ただ一度の生で地上での使命を果たして(質疑応答3(p.202)」いるということから、地上で肉体を持って学び、アセンションすることをラムサの集合魂は意図していたのではないかと思いました。地上での体験を経ることで、アセンション後においてもこの地上へ関与するための布石を打った。この64回目の地球にコンタクトするため。そのような意図もあったのでしょうか

●それはあります



「B ラムサは、完全覚醒したと理解してよいでしょうか。この質問は、ラムサファンとしての期待でもあります」

●完全覚醒はしていません



虚空蔵55

papas

2017/3/3 No.3376

こんにちは、パパスです。

クズである私たちから完全覚醒者が多く出ているとのことですが、
私たちは方向性を出したらその方向性のような存在になっていく。というのは想像以上にニュートラルといいますか可能性の塊であるのではないかと感じました。
役者を演じようとすると役者そのものになれてしまうのです。
何も知らない、幼いというのは可能性の幅が広いのかなと思ったりします。創造力が大きいのでしょうか?

2017・1・9
papas様

「クズである私たちから完全覚醒者が多く出ているとのことですが」

●そうはいっていません

「クズが生息するこの領域から出ている」と申し上げています

そういう濃いゾーンに一度降りて来るということは、覚醒への可能性を高める一般的なメソッドのようです



「創造力が大きいのでしょうか」

●とんでもない

皆さん方の創造力はこの宇宙最低レベルに近いです

しかし可能性の幅が広いというのはある意味正解です



虚空蔵55

宏史

2017/3/3 No.3375

虚空蔵55様
みわ様
五井先生
月詠之大神様

守護霊様からのメッセージの
「己に向き合う時間を増やしなさい」
というお言葉について疑問が出てきたのでご指導のほどお願い致します。

己に向き合うと言われやり方としてまず浮かんだのは

一人静かな部屋で瞑想のように座り自らの内を見つめる

だったのですがやり方としてはこれでいいのでしょうか?

己に向き合うというのは私の中の本当にやりたいことや本当の思い本心を探りなさいということなのでしょうか?

それとも日々湧き上がる悪相念・思考を見つめ思い返し内省しましょうねということなのでしょうか?

あるいはその両方をやっていきましょうねという意味なのでしょうか?

己に向き合うとは私が思った上記のような本心を探ることや内省のことで合ってますでしょうか?

それとも別の意味があるのでしょうか?

聞くべきことを聞かず自分の思い込みでやって遠回りや失敗を繰り返したりしていました。
今年はなるべくそういったことを減らそうと思って色々質問させて頂きました。

お忙しい中申し訳ありませんがご指導のほど宜しくお願い致します。

2017・1・8
宏史様

「あるいはその両方をやっていきましょうねという意味なのでしょうか」

●両方出来たらそれに越したことはないのですが、実際は忙しい現代人には中々難しいところでしょうか

それでも出来ましたら日々の生業の中で

「あれはまずかったかな?」

「あの時ああすれば良かったのでは?」

そういう思いが出た時に、振り返ってよくよく自らのその時の「思い」「考え」「行動」「発言」を見ることが大切です


しかしそれが出来れば大したもので、通常はそこまでもいかないで(何も気がつかないで)ずっとスルーしているのが普通の人たちです

つまり日常

「自分は何も間違ったことはしていない」

「何を反省することがあるのか」

そういうスタンスでいるのが当り前のようです

ですからまずは日常、常住坐臥、自らを振り返るという姿勢は大事なのです

その上で己の「本心(良心)」に照らし合わせ

一歩一歩進化できるように

お祈りと共に

歩んでいきましょう


虚空蔵55

アレクサンドロス

2017/2/25 No.3374

虚空蔵55様
年度末のお忙しい時期の中、的確に私の意志をお伝えできず中途半端な書き込みで申し訳ござません。
改めて申請させて頂きます。

【株の取得】
株は松井証券にて2017年2月21日月曜日9時に100株取得確定している状態です。
【申請理由】
非公開情報を読んで自分を変えたい。非公開情報10の「何を許すのか 楽になって良い」を読みたいです。

※※※
自分の書き込みがアップされるまで約1週間。取得許可は無理なのではと自分の狭い思考で自問自答して居りました。宇宙全史は全巻読みましたが、熟読はして居りません。理解も乏しい状態です。
虚空蔵55様のお返事を読んで、まだ今の私には非公開情報は必要無いタイミングかも知れないと感じました。証券会社の口座を開き株取得も現在の年齢になり初めて行いました。
2017年は経験していない事をやっていこう!と心で決めたその1つになります。

「覚悟します」と当初書きましたが、覚悟仕切れて居ないのかも知れません。が、この状態が今現在の私です。

どうぞ審査をお願い致します。

仮に許可が降りなくても。お祈り・宇宙全史の理解を深める努力をして自分を変化させたいです。昨年は一度封印しましたが、再びご縁あり読めるように成りました。心より感謝申し上げます。

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、五井先生ありがとうございます。

アレクサンドロス

2017・2・24

アレクサンドロス様

許可が出ました

おめでとうございます

手続きを始めて下さい


虚空蔵55

虚空蔵55

2017/2/24 No.3373

伊藤さん

スミマセン質問の回答を忘れていました

「虚空蔵55さんの登られた伊吹山の登山ルートは、三ノ宮神社のところから登る「正面登山道」でよろしいでしょうか?
質疑応答3のP250にはタクシーで「伊吹神社の鳥居の前まで送ってもらい」とあるのですが
伊吹神社で検索をかけてみると長浜北高校のところにある伊吹神社が出てくるのですが
ここはどう考えても登山口ではないですし、上平寺登山道という少しマイナーな登山ルートの
登山口のお寺の一角には伊吹神社があるようですが、タクシーでつけられる場所ではなさそうです」

●さてさてもうあまり思い出せない状況に陥っている今日この頃ですが…登り口はおそらく三ノ宮神社だったかも知れません。
何しろルートはすべて上の方任せで、私は中学生のころ一度登ったきりで記憶があいまいです(この時のルートは違っています)。

パラグライダーの何か施設がありましたからそっち方面だと思って下さい

失礼しました

伊藤滋隆

2017/2/24 No.3372

虚空蔵55様 みわ様 月読の大神様 五井先生、

いつもありがとうございます。


だいぶ遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

昨年は、講師の方の行事や、太極拳の会などを通じて、
このBBSにいらっしゃる宇宙全史読者の方5〜6名と知り合うことが出来ました。
それ以前は一人で宇宙全史の書籍とBBSを読むだけの日々でしたので
宇宙全史を学ぶ仲間と語り合える時間を持てたことは、とても有意義なことでした。

運動をしている方が多かったので、
また私が昔から登山が好きだったこともあり、
「質疑応答3」に出ている山岳修行のコースを歩いてみたりもしました。
エゴを薄め(あるいは整え)、身に溜まった澱を排出できましたかどうか。

行ったのは御嶽山と高尾山のコースですが、
御嶽山の方は、質疑応答3記載の大岳山を往復してくるフルコースは
「結構ハードなコース」というだけあり、ざっとコースタイムを見積もってみたところ、
休憩なしの時間で実に9時間かかる(!)計算になり、登山初心者も連れて歩行9時間は
さすがにキビシイだろうと思い、大岳山はカットし、御嶽山からロックガーデンをめぐり
日出山〜つるつる温泉というコースで歩きました。
御嶽駅からは歩き、ケーブルカーも使わず歩き、途中のお地蔵様ではご挨拶とお祈りを捧げました。
御嶽山のお地蔵様は恐い顔をしていると本には書かれていましたが、やさしいお顔に見えました。
短縮したコースで歩いて、休憩を含む行動時間7時間20分でした。
完歩しましたが、ヘトヘトになり、翌日には膝に激痛が走り、運動不足を思い知る結果となりました。
大岳山を含むコースで、しかも「走って」修行した虚空蔵55さんはやっぱりスゴイなと思いました。
それを追いかけたみわさんも大変だったろうなと思いました。

高尾山系は、京王・高尾山口駅から稲荷山コースを登り、陣馬ー高尾縦走路を通って、
陣馬山からは栃谷尾根を下って、藤野駅まで歩きました。
(陣馬山からの下山路は「陣馬山から下りると温泉が色々あり」との記述からこのルートだろうと推測しました。)
歩いた日は11月でしたが、大雪が降った日の直後だったので、かなりの積雪が残り、
雪が半分溶けて滞水している状態で、コースのほとんどが泥んこぬかるみのコンディションで
なかなか難儀な歩行を強いられました。
足に自信のなかった方も参加されましたが、晴天には恵まれ、5名全員、無事に歩き通しました。

山岳修行というより、宇宙全史仲間の親睦登山という雰囲気でしたが、
世代の違うメンバーで集い、自然を感じ黙々と歩き、時に語らい…
そういう時間は、とても価値のある時間に思えました。

もう少し日が長くなってきたら、大岳山のフルコースにもチャレンジしてみたいと思っています。

また、雪が解けた頃には、伊吹山にも行ってみたいです。

一点、質問なのですが、
虚空蔵55さんの登られた伊吹山の登山ルートは、三ノ宮神社のところから登る「正面登山道」でよろしいでしょうか?
質疑応答3のP250にはタクシーで「伊吹神社の鳥居の前まで送ってもらい」とあるのですが
伊吹神社で検索をかけてみると長浜北高校のところにある伊吹神社が出てくるのですが
ここはどう考えても登山口ではないですし、上平寺登山道という少しマイナーな登山ルートの
登山口のお寺の一角には伊吹神社があるようですが、タクシーでつけられる場所ではなさそうです。
同じくP250に「ケーブルカーの保守点検用の道」とあり、かつてケーブルやロープウェイが
あったのは正面登山道のルートだけかと思われますので、「正面登山道」ではないかと考えました。


また、夏には、富士山にも登りたいです。(私は20年ぶり)

今年も出来る限りのことに取り組み、精一杯がんばりたいと思います。

2017・2・23
伊藤様

楽しそうですね


虚空蔵55

RIE

2017/2/24 No.3371

虚空蔵55さま みわさま 月読之大神さま

こんにちは。


非公開情報10を読ませて頂いき、伺ってみたいと思っていることが、いくつかあるのですが、2月に入り、これまでの出張ベースから今度は一転して、


ネットやスマホでダウンロードできる、システムの膨大なデータを、春先までには作り上げることを自分に課してしまったため、引きこもりの昼夜逆転、缶詰状態で孤軍奮闘しております。


質問したいことは頭をよぎるのですが、頭の切り替えがどうも上手くできずに、タイミングを逸してしまっておりました。


そんな折、先日のBBSに「生命の定義とは何か?」との投げかけがあり、おちあい様に投げているようでもありましたが、


これまでの学びの中で腑に落とし、私なりに定義してきたこともあったので、ここは確認もかねて、書き込ませて頂くことにしました。


【生命の定義とは】…上は、神、宇宙から、下はウィルス微生物に至るまで、その生の中で、様々な形質を獲得しながら「進化すること」を運命づけられているもの。


【生物の定義とは】…環境に適合し「種を保存すること」を最優先にプログラムされているもの。


というように思っておりました。


今の事業形態が落ち着いたら、また、様々な
ことを深堀り、探求していきたいと切に思っています。

2017・2・13
RIE様

「進化することを運命づけられている」というのは宇宙全史の初期には私もそう考えていた時がありました

しかしそれはある意味「幻想」であり

私たちの「そうであったらいいな」くらいの希望、願望に過ぎないのかも知れないとも思える境涯に私は入って来ています


「種を保存する」に至っては有機体限定かも知れません
(下で論議がありましたように、将来的にロボットや機械に自動自己複製機能が備わると「種を保存する」といえるかもしれませんが、これも難しいところです)

下でkappaさんが書いていた「この宇宙の中のものすべて」が生命ですから、鉄や鉱物、海水や雲なども生命といえるでしょう


少し難しくなりますが

皆さんに馴染みのない「集合点」という概念がこの宇宙全史ではよく出てきます
これはドン・ファンの系列の呪術師が彼らの世界観のベースに適応していた偉大な発見でしたが、この集合点が生命の定義を明確に示しています

集合点に関しましては早くどこかで詳しく解説しなければならないのですが、この集合点を持つものが生命といえます

集合点とは「知覚を生み出す器官」ですから、すなわち
「知覚をする」ものを生命といいます

そしてすべてのものが生命ですから、すべてのものに集合点があるのです

もう少しいいますと

集合点がそのある場所により独自の世界を生み出しますから

あらゆる世界(パラレルワールドも次元格差のある世界も)の生命の核となるのが

この集合点だったのです

簡単にまとめますと

生命とは「知覚するもの」という定義になります



虚空蔵55

kappa

2017/2/24 No.3370

虚空蔵55様 みわ様
いつもありがとうございます。

「生命」とは何か?
現在、五井先生の著書を読まさせて頂いておりまして先程丁度その部分が出てきた所でした。

生命とゆうのは、人間とか動物にあるだけじゃなくて、鉱物、石にも鉄にも土にも生命があるんですよ。
ありとしあらゆる現れているものには、すべて生命があって動いているわけですよ。ですから生命のない所というのは無いのです。いのちが生き生きとしているところは全部、大神様の中なんですね。だから生きているものの中で、宇宙神の外にあるものはない、すべて神のみ心の中にあるわけです。  
    五井昌久先生『内なる自分を開く』より抜粋

放射線を出すラジウム石等は話し掛けたりすると、放射線を強くしたりするとゆう話しを聞いた事があります(話し掛けた事が直接の理由かはわかりませんが・・・)
念等もそうですが、人間には見えない力はまだまだありますので、見えている動きだけが動ける動けない≠ニゆう現象ではない様な気が致します。

「生命」とは何か?
五井先生のお言葉をお借りいたしますが、地球人類の使命達成の為、神のみ心達成のために宇宙神の中で働いているいのち≠ニゆう内容であっておりますでしょうか?
五井先生の著書に丁度出てきたので、書きなさいとゆう事なのかなぁ?と思いまして書かせて頂きました。

世界人類が平和でありますように
虚空蔵55様 みわ様 五井先生 月読之大神様
ありがとうございます

2017・2・18
kappa様

生命という言葉をどの段階での定義とするかで様々な答えが存在します

五井先生も

「大宇宙の中のものすべてに生命がある」

と仰っているように何が生命かという答えは

「すべてが生命である」

となるでしょう

しかし生命の定義となりますと

そのカテゴリーごとに定義が異なり

五井先生の「地球人類の使命達成の為、神のみ心達成のために宇宙神の中で働いているいのち」というお言葉は、そういう使命の中で動いておられる存在を示しています

中々難しいですね


虚空蔵55

アレクサンドロス

2017/2/24 No.3369

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、五井先生、ありがとうございます。
改めて送信させて頂きます。
非公開情報権利を希望します。
どうぞ審査をお願い致します。
なお、まんだらけ株は昨日金曜午後3時過ぎに購入(注文)したので、週明け月曜日に取得になる予定です。

2017・3・18
アレクサンドロス様

実際に株を取得なさってからきちんとした申請理由を書いて申し込み下さい

そうしないと上にはかることも出来ません

そういう方が他にもおられますのでご注意ください


虚空蔵55


あおちい

2017/2/24 No.3368

素早いご回答ありがとうございました。
今後もお祈りとともに生きて参りたいと思います。
全てはやはり祈りから始まるのですね。

世界人類が平和でありますように

 五井先生、月読之大神様、守護神様、守護霊様、
みわ様、そして虚空蔵55様

ありがとうございました。
そしてこれからもどうぞよろしくお願い致します。

2017・2・18