宇宙全史

スーザン

2017/4/12 No.3410

虚空蔵55様、みわ様

「私たちは今は多少の無理をしても「がんばらないと」いけないのです」

との御回答を頂き、確かにそうだと思いました。性欲に関しては、多少無理をしてでも太極拳や通備拳、登山等で性エネルギーの変換を試みてみます。一通りの手は尽くしてみます。

「スーザンさんはまだこここで学んでおられるからましですが」

とのこと、こちらで学ばせて頂いている幸運にあらためて感謝いたします。ありがとうございます。ただ、「まだまし」なのは宇宙全史で学ばせて頂いている私であって、決して性欲も食欲もあらゆる我欲も放置したままの「ありのまま」の私ではないのだということは肝に銘じておきたいと思います。

植芝先生のお言葉「無理はいいさ」「だが無茶はいかん」には非常な重みがあるのだろうと想像しております。正直に申しますと、私には無理と無茶の違いがあまりよく分かっておりませんが、いつかはこのお言葉の意味が分かるよう日々精進して行きたいと思います。

現在ご執筆中の「続20年後…」の本では、私が今、多少の無理をしても「がんばらないと」いけない、詳細で具体的な理由を読ませて頂けるとのこと。その理由を知って驚愕するのか、或いはさもありなんと感じるのか全く分かりませんが、ご執筆頂いた内容を真摯に受け入れられるよう、五井先生のお祈りを忘れず日々がんばっていきます。

この度もありがとうございました。

2017・4・12

スーザン

2017/4/11 No.3409

虚空蔵55様、みわ様

いつも丁寧にご指導いただき誠にありがあとうございます。私のような人間にも多くの方々が手を差し伸べて下さっていることが有難く、何とかこの僥倖を活かして現象世界を超えた段階にたどり着けるよう、五井先生の祈りを忘れずに「エゴを薄くする」「肉体身からの要求をなるべく俯瞰する」という命題に取り組んでいきたいと思います。

>一番大事なのは「無理をしない」というところです。

>そして「無理をしない」というのはあるのですが、
>そこに甘えるというのはまた違うのです。

私の場合は「無理をしない」ようにと考えているとついつい甘えてしまい、これはいけないと感じると、無理をしてしまい、という状況で、中々「ほどほどに」という加減が分からずにおります。

まずは、性欲に関わるエネルギーを別のベクトルに変更するという意味で、現在教えて頂いて得る太極拳の練習強度を上げたり、同時に教えて頂いている通備拳というもう少し激しい動きの練習を取り入れたりといろいろ工夫をしていきたいと思います。
また、No.3372で伊藤滋隆様が企画されておりました登山にも参加させて頂くこととなり、こちらもとても良い経験になるものと思っております。伊藤様ありがとうございます。

>風俗やオナニー、夫婦の交わりや恋人同士の抱擁はそ>れ自体に何の問題もないのですが、そこに「愛」がな>いと「エネルギーの無駄遣い」「虚しい行為」「カル>マの積み重ね」になってしまいます。
>(正しい性行為に関しましては、これもいつか詳細に>書くこともあるかも知れません)

確かに幾ばくかでも相手のことを大切に思って行為をした場合と、己の性欲の発散だけしか頭に無かった場合とでは、その後の体調が全く異なるような気がしました。
今後は、お相手して下さる方に感謝を忘れず、その方の気持ちを汲み取るようにしながら時間を過ごさせて頂きたいと思います。

>私たちはそれぞれの「次の段階」を目指すのなら、ど>うしてもクリアしなければならない課題があります。

>それが「エネルギーを節約する」という命題です。

私のような者がうっかり口を滑らせて「エネルギーを節約していきたいです」と書いてしまっても全く言葉に重みがありませんが、次の段階に進むためにこの命題が厳然としてあるのだという事実だけは忘れないようにしたいと思います。
現状はご覧の通りの有り様でございますが、私はこちらで「覚醒(あるいはもし可能ならば完全覚醒)」を目指し、学ばせて頂いているのだということを忘れてしまわぬようにしたいと思います。

これまでにたくさんのことを教えて頂きました。私の器で全てをおさめることが出来るものか、全く自信はございませんが、このご指導を無駄にせぬよう、出来る限りの手は尽くしてみます。
虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読の大神様どうぞよろしくお願い致します。祈りを忘れずにがんばります。

ありがとうございます。

2017・4・10

スーザン様

「私の場合は「無理をしない」ようにと考えているとついつい甘えてしまい、これはいけないと感じると、無理をしてしまい、という状況で、中々「ほどほどに」という加減が分からずにおります」

●あなたに限らずほとんどの皆さんはこれから相当がんばらなければならない大変な状況に突入していきます。

スーザンさんはまだこここで学んでおられるからましですが、そうでない地球人のほとんどの方たちが想像もできない時代に入っていきます。

その時に少しでも「楽しめる」ような自分でいることが出来るように多少の無理は承知でがんばらないといけないかも知れません。

植芝先生は常日頃私に

「無理はいいさ」

「だが無茶はいかん」

そう仰っています


私はプレアデス系の「ありのままの自分でいい」というような教えがどうしても腑に落ちません

一見いいことをいっているように見えますが、底の浅いうわべだけの受けねらいのような気もします

実際つながっているところも宇宙人であったり「覚醒」レベルには至ってないところです
カルマを放置したまま「ありのままの自分」を肯定してしまうと、そこからの進化が止まってしまいます

「ありのままの自分」とは性欲も食欲もあらゆる我欲も持ったままの自分なのです


「世界はあるがまま」

「何も変わらず何も足すものも引くものもない」

「それでいて同じものは何もない」


という境涯は確かにありますが、それは完全覚醒した方の境涯で、凡俗の身には計り知れない認識であり、それをそのまま鵜吞みにするのは、子供が又聞きで政治経済を語るようなものです


スーザンさんのように素直に自分を観照することは大切で、それがないとどんなに格好のいいことを説いていても、結局は欺瞞の生を歩むことになってしまいます


私たちは今は多少の無理をしても「がんばらないと」いけないのです


その明確な理由をすでにここでは書きまくっていますが

「続20年後…」ではさらに詳細に、具体的に書こうと思います



虚空蔵55

papas

2017/4/11 No.3408

駄目だと思ってることは出来なかったり、行ってしまうと駄目だ駄目だと落ち込んでしまったりしますが、エネルギーを物凄い浪費してしまったり意欲を失ったり苦しんだりしてしまいますが大抵は不自然な考え方、よく考えたら理由のない思い込みであったりするので何故駄目なのかということを自問自答しながら考えを修正しながらその無駄遣いなエネルギーを次に繋げようと頑張ります。

2017・4・10

papas

2017/4/11 No.3407

こんにちは、ご無沙汰しています。パパスです。
現在私は太極拳をA先生から
教えて頂いていて、A先生は

基礎力を付ける、少しずつ養っていく、個性を大切にする、自然さ(弛みではない)、

ということ(まだあったかもしれません)を大切に為さっているのですが、
私は今、心にこそそれが当てはまるのではないかと思っております。
特に自然さについてはたくさんのヒントを太極拳を行う姿や植物や空などの変わりなき姿から教えて頂いているのですが、
心ではそれを「それは自然な考え方であろうか?」という形で当てはめています。無理な考え方をしているのではないか?とも言えるかもしれません。

性欲につきましては最初の頃こそはオナ禁する前はもう毎日数回はやるようなオナ猿で、無理をしながらやり、途中からは既に一種の意地でオナ禁を続け、自分に特殊な性癖がある原因について考察したりなどしていましたが、
考察は案外自分なりの成果が見つかったり
何が切っ掛けかは分かりませんが性に対しての捉え方がいつのまにか変わり、
無理をしない考え方になり、楽になりました。
人である前に生物である以上、性欲があるのは普通のこと。
ということから始まり、
今まで何も疑問に思わずにただ性欲は駄目なもの、よくないものと思い、
なりふり何も考えず五井先生に助けて頂いていたが、
駄目なものとは何が駄目なのか?
駄目と思い込んでるがそれは自然な考え方なのか?
と考えた時に、
何も悪くないではないか、快楽に任せることの何が悪いのか、別に良いではないか、どうして勝手に悪いと思っているのか、その悪いは何処から来ているのか?
ただ自分はその快楽よりも大切な事が見つかっただけだ。
どっちを選んでもよくもわるくもなく、別に良いのだ。快楽は得られるが少し疲れる、筋トレをしたら疲れるが鍛えられる。
というただ行動にはこのような結果がある。それだけの話だし、

人によっては快楽の方が魅力的に感じる人もいたり、

何かを理由にして自分の気持ちを誤魔化したり無理に納得させたり行動を正当化しようとするのは素直ではないよね

という話だろう。と、だいさんの助言や何処かから聞いた人に迷惑をかけるなと言われて育つと人の迷惑を許せなくなるという話を聞いてきてそう思いました。

まだまだ自然さが身に付いておらず今でもこれまでの自分を知っただけであるのに屑であった自分に意味もなく落ち込んだりとこんなあほたれがどうにかなるのかなと知れば知るほど思ったりしますが、もっと酷い自分である時から見捨てずに守護霊様や守護神様、五井先生、手を差し伸べてくださった皆様により一層感謝しながら目的のため、屑な自分は嫌なので、精進しようと思います

2017・4・10

共有の心

2017/4/11 No.3406

虚空蔵55 様
みわ    様

宇宙全史のワークに触れて既に9年目になります。私は、定年退職した元公務員で、現在再就職しています。Bカテゴリーです。公開情報、入手可能な非公開情報は、すべて読んでいます。だい様を介して、一年に一度、守護霊様からのお言葉も得ています。私は、日々の仕事、生活から逃げずに、課題をこなす過程で、自分がどれほどの「クズ」であるかも実感し、情けなくなるエゴと、所詮こんなものよと卑下するエゴ、早く楽になりたいという「滅びたい」願望すらあった衝撃、そのくせ、20年後の地球に残るのではなく、更に、その上にアセンションすることを最終目標とすると意気込んでいる、まさに笑ってしまうような馬鹿者です。

≪私と精神世界との接点≫
神道を信仰する父から、我が家には、祖父がお祓いをしてくれたために引き立てられた神霊がその礼として、特に我が家系の守護神として付いてくれており、努力すれば必ず良い結果に導いていただけると聞かされ、育ったため、神道に傾倒し、仏教、キリスト教は害であるとの認識を持って成人しました。
学生時代、名前は失念しましたが、御茶ノ水駅付近の橋上で、生長の家から出た女性が主宰する「宇宙学」なる本を布教(販売)していた青年に接し、神道以外の宗教の知識を始めて得ました。その本は、「洗心」、「平常心を保つ」ことを教えていましたが、「キリストも釈迦も抹殺された」との過激な記載があり、怖くなって焼却してしまいました。
就職して20年も経った頃、シルバーバーチ・シリーズに共感し、一時肉食を止めました。その後、パラマハンサ・ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」に出会い、瞑想、呼吸法等を試行してみましたが、形だけ真似ただけに終わりました。この種の修行は真の師匠なしには行い得ないものと、後にBBSで教えていただきました。当時、守護霊様がブロックしてくれていたのだと感謝しております。
このような時、いとこと20年ぶりに再会し、五井先生を教えていただきました。「世界平和の祈り」と「印」を行うようになりましたが、「印」は無用であったようです。五井先生を知るようになって、数か月経ってから、ついに、このBBSに出会うことができました。これも守護霊様のお導きと思います。いきなりではなく、手順を踏んで、出会わせていただいた気がします。

≪質問内容≫
@ 米国による北朝鮮への武力攻撃が現実のものになろうとしており、早ければ、来月初旬の韓国の大統領選挙の前にとの報道があります。別巻「20年後・・・」69ページに「北朝鮮もやはり内部崩壊なのですが、今の体制が人々の反乱等により崩壊していきます」とありますが、その時期が来たということでしょうか。

A 最近の韓国は、日本国に対してあまりにも余計なカルマを積んでいるような気がします。私には、中国も韓国も、早く崩壊してほしいと願うエゴが強く、「世界平和の祈り」の一行目が本心から祈れていないことに気づいています。祈る際には、中国、韓国にも存在するであろう善人が救われるようにとの思いで祈ればよろしいのでしょうか。私の「平和」の理解が浅いようです。

共有の心

2017・4・9
共有の心様

@ 米国による北朝鮮への武力攻撃が現実のものになろうとしており、早ければ、来月初旬の韓国の大統領選挙の前にとの報道があります。別巻「20年後・・・」69ページに「北朝鮮もやはり内部崩壊なのですが、今の体制が人々の反乱等により崩壊していきます」とありますが、その時期が来たということでしょうか

●すでに時期は来ていますが、その現象がどういう形で表現されていくかはどこまでも未定です(あるいはそういう表現しかできません)。

月読之大神もそれ以上の事を具体的には降ろしてくださいません。
あらゆる事象には「変革の可能性」を保持させるため、断定的に未来予言のようなものを出してしまうと人々の思いがそちらに傾いてしまうので、なるべく避けておられるようです。
特に今の時期は最終段階に入っていますから、以前のように割とザックリした表現でさえも禁忌のような形になっています。

本来は「20年後…」の本の第二弾を出さねばならないのですが、それには非常に難しい表現バランスが要求されていまして、私も少し躊躇しているこの頃です。

「宇宙全史」第二巻の執筆もすでに始まっていますが、その前に「エゴ解明」の本とこの「続20年後…」も出さねばならないようで、もう少しエネルギーが保持できるようになりましたらがんばりたいと思っています。
「続20年後…」の本には救世主の正体も書く予定ですが…これにも難しい問題が絡んで来ます。



A 最近の韓国は、日本国に対してあまりにも余計なカルマを積んでいるような気がします。私には、中国も韓国も、早く崩壊してほしいと願うエゴが強く、「世界平和の祈り」の一行目が本心から祈れていないことに気づいています。祈る際には、中国、韓国にも存在するであろう善人が救われるようにとの思いで祈ればよろしいのでしょうか。私の「平和」の理解が浅いようです

●「善人」「悪人」と分別するそのあなたのエゴを、あなたの本心と分別できるといいですね。



虚空蔵55

2017/4/9 No.3405

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読の大神、いつもありがとうございます。

> 性欲にも色々ありまして、

 以前、性に関するヒーリングのプログラムを受けたことがあります。

 性、性行為、性対象、性的好み(異性同性人間以外など)、性役割(性別役割分業)、エロティスズム(性の売り物化)、セクシー(性欲を刺激するもの)、触覚、聴覚、視覚、性差別、両性具有などにカテゴライズされていました。そこに責任や義務、呪い、抑圧、否定、恐れ、耽溺、逃避、証明、辱め、操作、支配、繁殖、混乱などが加わり、非常に重すぎるプログラムになっていました。

 段階というと性的な覚醒度?また、マズローの欲求段階説(生理的欲求、安全欲求、社会的/所属と愛欲の求、承認(尊重)欲求、自己実現欲求)も想起します。

 エロ話に為るといつも気になるのですが、ソドムとゴモラのエネルギーは無事解放されたのでしょうか?


 性欲と結合した妄想が世界を多様化するメリットもあるのでしょうけど、ここに来て負債になっているように思えます。どうも近年、性欲+抑圧が元になったと思われる狂気の犯罪が多く、カルマの解消の一環かと。

 それではよろしくお願いします。

2017・4・6

海様

「ソドムとゴモラのエネルギーは無事解放されたのでしょうか」

●もちろん開放などされていません

あのシステムは人間の性欲というエネルギーをいかに効率的に摂取するかという発想で構築されたものです

そこにはまり込んだ人間たちが解放されるということはほとんどないのです



虚空蔵55

タイタン

2017/4/9 No.3404

虚空蔵55様・みわ様

いつも学ばせて頂き、有難うございます。

今回、お教え頂きたく書き込みました。

今朝方、夢を見ました。

医師から、「乳癌が出ている、ちゃんと伝えたからな」と何度も念を押して言われました。
それで、その医師の手を取ってもっと詳しく聞こうと思ったところで目が覚めてしまいました。

その医師の雰囲気がちょっと胡散臭い感じだったので(守護霊様でしたらごめんなさい)、疑ってしまいました。
しかし、あまりにはっきりした夢だったので気になります。

坐り仕事が多いのでずっと腰の具合がすっきりしなくて、週に1回ほど近くの整体に通っています。
以前に比べたらかなり楽にはなりましたが、対症療法的で根本的な解決にはなっていません。

そこで、昨晩寝る前のお祈りの時に根本的な解決方法と、
覚醒へ向かうのに今の私に足りないものは何なのかをお教えくださいとお願いしました。

先程の医師は最初、昨日車を運転中にラジオで流れていたインナーマッスルを鍛える方法を私に施して下さっていて、
その後で、乳癌のことを告げられました。

インナーマッスルを鍛える方法とは、
風呂上がりにコーヒー牛乳を飲むときのポーズのように脇の肋骨の下あたりに手を当て胸を膨らませるように鼻から息を吸い、
口から勢いよく吐き出し、お腹を引っ込め、
最後に、
お尻を上に持ち上げてお尻の穴をぐっと締めるというようなものだったと思います。

医師の言葉通りで病院へ行くべきなのか、
ひょっとして、
明日死んでも構わないという戦士としての「覚悟」が私には足りないという事を教えて下さっているのではないかと思いました。


お忙しい中大変恐縮ですが、
お教えいただければ、幸いです。

よろしくお願いいたします。

世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完とうされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます
月読大神様ありがとうございます

2017.3.31
タイタン様

「医師から、「乳癌が出ている、ちゃんと伝えたからな」と何度も念を押して言われました」

●この医師の方は守護霊というより指導霊に近い段階の方です。

「乳癌」の持つ意味は色々ありますが、あなたの場合は「母性」に関することになります。その場合でも様々ですが、とにかく母性に関することで折り合いがついていないということをいわれます。

覚悟云々の前にまずそこだそうです。

具体的な項目は教えて下さいませんが(そこは自分で考えなさいということのようです)、そこをクリアしないと覚醒もへったくれもないようです。

指導霊が医師の形をとったのはあなたがそういう権威といいますか、医者のような形に弱いので印象付けるためにやっています。

要するにまずは目の前のクリアしなければならないカルマを解消するようにしましょうねというお知らせでした。
(もちろんこの課題を放置しておくと乳癌という形を招くことになるかも知れません)



虚空蔵55

スーザン

2017/4/9 No.3403

@2017・4・6
虚空蔵55様、みわ様

貴重な御回答を頂きありがとうございます。
不幸にも様々な変態の気質をふんだんに持ち合わせてしまった私には、祈りに邁進するしか幸せへの扉は無いと改めて強く思いました。

今後はより一層、五井先生のお導きを信じ、よからぬ思いが発生してきた際には唯々祈りたいと思います。

ただこれが私(クズ)の私(クズ)たる所以かもしれませんが、このように表明しておきながら、いきなり風俗も行かず、オナニーもせずという生活に至れるか全く自信がございません。しかしながら、もしそういった行動に移してしまった場合でも、あまりにも突拍子もない行為は控え、通常の行いで留めます(留めたいです)。また、ほぼ出来ないのかもしれませんが、祈りも忘れないようにしたいです。

このように正しくクズの代表格たる私ですが、精神(スピリッツ)に基づく欲望に気づき、良い仕事をたくさんしたいという望みもあります(これは本当にあります)。ぜひともいつか地上の欲望が「はした金」に過ぎないと思えるような物を見つけ、その道をまっしぐらに進んで行きたいです。普段は性欲にまみれて全く忘れ去られていますが、やはり、これだというものを見つけたいという思いがあります。

しかし、それには「まず自らがクズである」ことに気づいている必要があるとのことですので、己を見つめる作業に辟易せず(これはもう反吐が出ます)、第一歩を踏み出せるようになりたいです。

どうか精神に基づく欲望に気づけますよう、今後ともお導き頂けますよう、よろしくお願い致します。祈りは忘れないようにします。

ありがとうございました。

A2017・4・6
虚空蔵55様、みわ様

度々の質問で申し訳ございません。下のno.3402での御回答の中での次の一文について質問したいことがございます。

それを避けるため祈りにまい進すればもちろん大難は小難におさめられますが、それを選択する方はほとんどおられないでしょう。

こちらの意味するところは、特に風俗に行くかオナニー等の性欲を解消する行為をせずとも、祈りに邁進していくことでなんとかなるということでしょうか?

私のこれまでお教え頂いた内容からの理解では、私のレベルでは、上記の行為をせずに何とかしようというのは無理があるので、ほどほどにしておくのが良いでしょうといった意味合いで受け取っていたのですが、
勘違いしていましたでしょうか?

ここで勘違いしていますと、今後の行動を大きく誤りそうな気が致しましたので、再度質問をさせて頂きました。

度々の質問になってしまい、申し訳ございません。どうぞよろしくお願い致します。
スーザン様

@それには「まず自らがクズである」ことに気づいている必要があるとのことです

●あなたの段階に来ますと今度は「自らをクズ」というフレーズにあまりこだわらず、どこか頭の片隅に置いておいて「エゴを薄くする」「肉体身からの要求をなるべく俯瞰する」という命題に取り組んだ方がいいでしょう。

そして一番大事なのは「無理をしない」というところです。
ここでは何度も申し上げていますが、無理に断食したリ、性欲を我慢したリはしない方がベターです。
だからといってそちらに邁進するのも何ですから、そのエネルギーを別のベクトルに変更するというような工夫は必要かもしれません(例えばスポーツや趣味でしょうか)。


Aこちらの意味するところは、特に風俗に行くかオナニー等の性欲を解消する行為をせずとも、祈りに邁進していくことでなんとかなるということでしょうか

●もちろんそうです…が、それもその方の段階によります。

上でも書きましたが性欲は別に悪いものでもなんでもなく、むしろそのエネルギーがないと進化の弾みがつきません。
ただそれを「無駄遣いしないように」ということなのです。

風俗やオナニー、夫婦の交わりや恋人同士の抱擁はそれ自体に何の問題もないのですが、そこに「愛」がないと「エネルギーの無駄遣い」「虚しい行為」「カルマの積み重ね」になってしまいます。
(正しい性行為に関しましては、これもいつか詳細に書くこともあるかも知れません)

そしていきなり皆さんが「無駄遣いしない」というようなテーマに沿った生き方が出来るわけではありませんから、あなたの仰るように「ほどほどに」という加減は実に大切な要素になります。


私たちはそれぞれの「次の段階」を目指すのなら、どうしてもクリアしなければならない課題があります。

それが「エネルギーを節約する」という命題です。

人間である限りこの命題は完全覚醒するまでつきまとうもので、本来の宗教や精神世界、この宇宙全史のワークでさえもつきるところ「どうすればエネルギーを節約できるか」というところに収斂します。

そのほぼ最初の段階である「性欲」という本来「種の保存」で使用されるエネルギーを、いかに次の段階のエネルギーに変換できるかというところが問われています。
しかし「種の保存」という原初の使用目的がエゴの使役に浪費されているのが現状です。

私たちはとりあえず肉体として生まれてきます。
そこから如何にして肉体を超えた境涯に、現象世界を超えた段階にたどり着くかはそれぞれにまかされています。
もちろんそこ(肉体界)にとどまり続けるのもありですが。

性欲はほとんどの方が人生の最後まで持ち越してしまう課題です。
元々そういうエネルギーの薄い方はそうでもないのですが、濃い方は五井先生の祈りがないと中々方向性を変えるということすら難しいかも知れません。

そして「無理をしない」というのはあるのですが、そこに甘えるというのはまた違うのです。

がんばって下さい



虚空蔵55

スーザン

2017/4/5 No.3402

虚空蔵55様、みわ様

「難しいでしょうね」とのお返事、正露丸の例えで大変そうだというのは感じました。

>何故なら「よからぬこと」の方が勝り、「よからぬこ>と」を打ち消す、もしくはその快楽が減少してしまう>ことを肉体が拒否します

>この辺りを克服できるといいのですが

快楽の減少に対して、私の肉体が拒否している感じは確かにあります。こうなると、ただただ我慢してステーキと正露丸を一緒に食べるということを繰り返し、何らかの変化が出てくることを待つという方法になるのでしょうか?(これは仰る通り私には難しいように感じます)
或いは出来る時に祈り続け、徐々に我慢できる範囲を広げていくという方針を取るべきなのでしょうか?
(正直に申しますと、これも相当にきつく感じると同時に、徐々にという部分の加減が分からないような気がします。)
やはり私のような症状になってくると、どこかで我慢する必要性がある様に思いますが、私の性欲と自力を鑑みると、治癒率は相当に低いと思ってしまいます。

結局のところつらつらと書き並べてみたものの、己のクズさを開陳するのみで、私にこれといった解決策は何一つございません。

差し当たっては、御回答にありましたように、色々な妄想が膨らみ、性欲が暴走し始めて肉体が快楽の減少を拒んできた際には、まずはその状態に気づいて、これは拒否しているなと確認出来れば、祈りを思い出すことも出来るかもしれないと思ったのですが、こういった方法もほぼ絶望的でしょうか?或いは若干ながらでも可能性はありますでしょうか?
私の意識としては、お導きとあらば快楽の減少も止む無しといいますか、なるべく受け入れたいと思っております。

しょうもない質問にも関わらず、私からの質問に応じて下さり、誠にありがとうございます。全くもって自分ではどうしようもないということを理解しました。
ありがとうございます。

2017・4・5
スーザン様

性欲にも色々ありまして、これもいつか詳細な本にまとめるといいかも知れません。

カテゴリーとしての分類と、段階としての振り分けでも数多くの性欲があり、その一つ一つに克服する術があります。

例えば単純な性欲エネルギーは風俗に行くかオナニーで解消できますが、性欲に「支配欲」や「支配されたい欲(マゾ)」などが絡みますと話はややこしくなります。
またそれに社会的な抑圧が加わって更なる変質を遂げた性欲は、変態や異常者として犯罪にかかわる性欲エネルギーになってしまっていきます。

このように複雑に醸されてしまった性欲をほどいて解消していくのは困難を伴いますので、おそらく通常では解消できないでしょう。
何かカルマの解消としてある病気や事故、事件に巻き込まれ、結果生きていられればある程度はその傾向性は薄められていくかも知れません。

それを避けるため祈りにまい進すればもちろん大難は小難におさめられますが、それを選択する方はほとんどおられないでしょう。


誰も快楽、楽しみを失くすことを望む者はいません

だからスーザンさんも間違ってはいないのです

ただ

「それ以上の楽しみ」

「それ以上の快楽」

を望むなら

それを見つけられたなら

地上の欲望は「はした金」に過ぎないと思える時が来るかもしれません


私がこの掲示板の随分過去に「地上における最大の快楽は何か」ということを書いたことがありました

その答えは

「創造すること」

でした

セックスも(子供を)創造することですが

芸術を生み出すことも同じく創造です

そこにある違いは

「肉に基づく」創造か

「抽象に基づく」創造かでした


いつかあなたも

精神(スピリッツ)に基づく欲望に

抽象に基づく欲望に

気づくことが出来る日があるかも知れません


しかしそれには条件があります

それが「まず自らがクズである」ことに気づいているかどうかです

どうしてもそこが第一歩になっているようです



虚空蔵55

一道

2017/4/4 No.3401

はじめまして、いつも生活の指標となっています。世界平和の祈りについてですが、最近までは何かすがるような、求めるような感じで祈っていました。ふとした時にそうじゃなく合わせる、同調させるようなイメージで祈ったほうがいいと感じて祈るととてもリラックスして気持ちが落ち着きました。楽器のチューニングをするような感じで自分を五井先生の世界平和の祈りに同調させて1日1日を一生懸命生きていく、そうして常に合わせると守護霊様、守護神様、五井先生に守られながら大難から少難に知らないうちに導かれていく。そう思っています。虚空蔵様はどんな思いで祈っていらっしゃいますでしょうか?それとも人それぞれの思いの祈りかたで良いのでしょうか?

2017・4・3
一道様

「虚空蔵様はどんな思いで祈っていらっしゃいますでしょうか」

●虚空蔵55はいってしまうと色んな寄せ集めで構築されています

魔導師の時は五井先生の慈悲に引きずられ

虚空蔵の時は五井先生のエネルギーに浸り

遊撃手の時は全く何も思わず

です

ですから人それぞれでいいと思いますよ

五井先生の器は

めちゃめちゃデカいのです



虚空蔵55