宇宙全史

こくげん

2018/12/4 No.3687

虚空蔵55様 みわ様 五井先生 宇宙全史に携わる神霊の方々 月読之大神様 恩寵をいつもありがとうございます

宇宙全史 質疑応答6 本日届きました。ありがとうございます。

2018・⒓・4

こくげん様

もう届いたのですね。

質疑応答7は年末進行なので、今年中の発送になる予定です。
お正月は7を読んで勉強しましょう。

誰よりも有意義なお正月の過ごし方になることでしょう。



虚空蔵55



スーザン

2018/11/30 No.3686

虚空蔵55様、みわ様

この度はNo.3681の質問に対し、ご回答を頂きありがとうございました。

また、「他の大宇宙やさらにまたその上の」という曖昧な表現を用いてしまい、ご迷惑をお掛けしました。申し訳ございませんでした。

確かにこの部分は自分の中でも、該当する記述を参照せずに何となくで書いてしまった部分でしたので、曖昧な表現になっておりました。

自分の中で微妙にうやむやにしていた部分を指摘して頂いたことで、驚きと同時に私の詰めの甘さを実感致しました。

再度きちんと質問をさせて頂きます。

「他の大宇宙やさらにまたその上の」という部分ですが、これは質疑応答5 p.329〜p.330 に書かれている部分が私の頭にあったのだと思います。

私たちはオームという一つの小さな泡のような宇宙に生息する。そして、オーム宇宙のような宇宙(泡)は他にもたくさんあり、「大宇宙」という大きな泡に包括されている。その大宇宙もまた数多くあり...というように続いていく。

したがいまして、私の曖昧だった部分の質問は、

もしも私の世界が無数のスクリーンに映し出された映像のうちの一つであり、その元の映像となる光が実存と呼ばれる領域を根源としているならば、その光はこのオーム宇宙のみでなく、他の大宇宙やさらにまた大宇宙を包含するより巨大な存在も...という現れの世界全てに共通する光なのでしょうか?

といった形になると思います。虚空蔵55様から「現れの世界」というところにおいては「その通り」というご回答を頂きましたので、

オーム宇宙のみでなく、他の大宇宙やさらにまた大宇宙を包含するより巨大な存在もまた実存あるいは真我を根源とするエネルギーにより映し出された映像(現れ)なのでしょうか?

と改めて質問し直させて頂きます。また、同じp.330に、月読之大神はこうした段階を超えた「世界」から来ておられます、その「世界」とは「大宇宙」やオームのような「宇宙」を造ると意図した「世界」です。

という記述を拝見し、わたしはその「世界」を単純に実存・真我(あるいはそれ以上)の領域と理解し、その領域が創造というような意図を発するのか、そもそも意図のようなものを持つものなのか不思議に感じたのだと思います。

しかし、オーム宇宙や、それを包含する大宇宙の有り様さえよく分かったおりませんので、その領域の質問になったしまいますと手も足も出ないのが現状です。

そもそもこういった領域を探求するにはあまりにも私は脆弱すぎて、まともに取り組んでしまいますと、精神の崩壊や、生きていくことが出来なくなってしまうほどの重大な危機を迎えてしまうような気さえします。

No.3681のご回答で、(単純計算で)これまでオーム宇宙からは1兆年に一人の割合でしか完全覚醒者が生まれていないことになるとお聞きしました。

数学の世界では100年に一度の天才でも驚異的ですが、それがオーム宇宙全体で1兆年に一人となると一体その偉業を成し遂げた方はどれ程の大天才だったのか、どれ程の精進を重ねて初めて成し遂げられたことなのか、その道筋が全く想像できません。

一応宇宙全史のワークに何とか引っかかり、そのワークの中で途方もない領域の質問をさせて頂ける機会があるため、もし本気で望むことが出来れば、或いは完全覚醒するというチャンスが、私にも極々僅かながらあるのかもしれないと思ってしまいますが(勘違いしてしまいますが)、これさえも中々あり得ない幸運なのかもしれません。

これからは、私も探究心を持って宇宙全史のワークに参加させて頂きたいと改めて考えております。

その私なりの探求の結果がどのような実を結ぶのか、その前にいつか実を結ぶことがあるのか、それすら未知数ですが、期待とも不安とも言えないような不思議な感覚を持ちつつ、仰るように精進して行きたいと思います。

この度もお忙しいところありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

2018・11・28


スーザン様

「オーム宇宙のみでなく、他の大宇宙やさらにまた大宇宙を包含するより巨大な存在もまた実存あるいは真我を根源とするエネルギーにより映し出された映像(現れ)なのでしょうか?」

●それでもまだ曖昧な質問といわざるを得ないのです。

というよりもその答えが曖昧さを許されない世界にあるといった方がいいかも知れません。

分かりにくいですが…こういう質問は通常して来ないのです。
そういうように出来ています。
だから正確な質問が出来ない状態で、質問して来ているということもあります。

月読之大神と私の問答です。


●何故みんなは質問して来ないのでしょうか。

「出来ないようになっている」


これは私が究極の質問をしていた時の問答にあったものです。

このオーム宇宙を含む大宇宙、その大宇宙を(ほぼ)無数に含む含む超巨大な螺旋輪宝宇宙(ねじりんぼううちゅう)、それが現れの世界の一つの区切りです。

ここまでの探求でさえ人類は未だ辿り着くことは出来ていません。

しかし私はすでにその先遥か彼方まで見透しています。

その時の問答中に先の会話がありました。

「出来ないようになっている」

ならば「出来るように変えればいい」

それが宇宙全史の大学の意図になります。

しかしそれには中学に入り、高校を卒業しなければなりません。


「そもそもこういった領域を探求するにはあまりにも私は脆弱すぎて」

●そうなのです。

まだあなたは脆弱なのです。

例えば女性に弱いというところがありますが、しかしそれも食欲と同じで克服できるものですが、無理やりというところではありません。
丁度先ほど「質疑応答7」を書いていましたが、その中に「食べなくなる」という追補を書いておきました。
これは「性欲をなくす(食欲をなくす)」と同じようなものですから、参考になると思います。

語りたいことは山ほどあるのですが、如何せん時間がありません。

私も目の前の出来ることを粛々とこなしていくしかないのです。

ただ脆弱なままで、重い肉体を抱えたままで遥か虚空を超えた領域に至る道は存在しません。

私たちは未だその重い肉体がなければ存在すら出来ない脆弱な身です。

それを祈りは変えていってくれるのです。



虚空蔵55



いくと

2018/11/30 No.3685

2018・11・28
虚空蔵55様、みわ様

EO氏のご本は、とても心惹かれるものがございます。まだ手に入れていない著作もありますので、まずは読み通してみたいと思います。(それすらもまだ、というのは自分自身に対して恥ずかしいことですが…)


「現在EO氏の遺品の整理をしています。」
「完全覚醒を成し遂げたEO氏のリアルな世界がそこには垣間見られます。」
(No.3678より)

とても興味を惹かれます。しかし自分がそれを望める境涯ではないことも分かっております。やるべきことをやっていないのですから。

今あるもの、今できることに最善を尽くすという理想からすると、自分の現状はあまりにも粗(あら)が多すぎます。

何年か前に意志薄弱を嘆いた書き込みをしたことがあります。怠慢な僕ですが、どこか叫びたくなるような(かっこつけた言い方をすると雄叫びをあげたくなるような)何かを感じるときがあります。僕にとっては、それが怠慢を破る手がかりだと感じています。

古典に記されている古人の言動を思い起こしますと、「自分はようやくこの程度か…」などと思ってしまいますが、一歩一歩進みたいと思います。


また、この世の現象世界もいよいよ本格的な激動を迎えるのだ、という感じがさすがに強くなってまいりました。

ライフスタイルの見直し、心身の状態を軽くしていくことなど、改善したいことは尽きず、時間はいくらあっても惜しいものではありますが、激動に入るまでの学びの時間を与えていただいていたことに感謝です。


特にタイミングを計った訳ではありませんが、満月の夜に非公開情報の振込をさせていただきました。こちらの非公開情報と12月初旬の質疑応答6、加えてEO氏の著作と、まずは拝見することを楽しみにしております。


2018・11・29
虚空蔵55様、みわ様

今日は朝から体力的にしんどかったのですが、帰った頃には昼に思ってた以上にきつく、先程まで寝ていました。

僕は体力がないにもかかわらず、自分の体力を過信してはりきってしまう時があり、今回もそんな感じでした。(季節の変化に体力を使っていたということもあるような気もします)

このまま昼に思っていたことを書き込む…といきたいですが、すみません、もう少し体力が戻ってから改めて書かせていただきたいと思います。



いくと様

機は熟しつつありますが、焦ることはありません。

やるべきことを果たし、腹を据えていれば、起きることは起き、果たすべきことは果たされます。

疲れたら休み、自らに与えられた仕事をこなす。

祈りの中でそれが出来れば上々です。



虚空蔵55


satsuki

2018/11/30 No.3684

虚空蔵55様、みわ様、五井先生
いつもありがとうございます。

大変なときに誠に恐縮なのですが、
お祈りのことでお聴きしたいことがあり、書き込みをさせて頂いております。よろしくお願いいたします。

朝・晩、一人で五井先生の統一テープを聴きながらお祈りをしているのですが、いつもお祈りの途中から、
怒りや、悲しみ、憤り、閉塞感などで胸がいっぱいになり、お祈りが苦しくなってきます。それを我慢して、お祈りを続けるという形になることが多くなってきました。

祈りの会の法話会などでみんなで祈るのには楽なのですが、自宅ではどうしても苦しくなってきてしまいます。

朝起きての祈り、寝る前の祈りのほか、電車の中や日常の合間を縫っての祈りは特に苦しさはないのですが、合間のお祈りの時には何かエネルギーが入ってくる感じがしてほっとすることがあるのですが、自宅では上記の感情などで胸がいっぱいになってお祈りを続けるのが辛くなってしまいます。

日々の祈りの中で感じるこうした状態はどうしたらなくなりますでしょうか。
よろしければ、お教えいただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

世界人類が平和でありますように

2018・11・27


satsuki様

いい傾向です。

その苦しい思いこそ五井先生にお預けしてしまいましょう。

祈って祈って祈り抜くしか残されていないのです。



虚空蔵55



あん

2018/11/30 No.3683

五井先生。虚空蔵様。みわさま。月読大神さま。ありがとうございます。
宇宙全史質疑応答編ありがとうございます。

過去の私の投稿を読み、恥ずかしくなりました。幼い質問にいつも真摯に教えて頂いていて。ありがとうございました。

帯の<祈りとは消極的な行為に非ず静かなる戦士の息遣い。>
<今。ここ。自分そこが原点であり終着点>の言葉に涙が流れます。

お祈りのできる今を。与えてくださってありがとうございます。


 
この何日かで今までの全史を読み返しておりました。
まだまだ理解できてないこともたくさんあります。

五井先生の<老子講義>、<小説阿南>を読みました。
老子さまの自由無礙でいて無為。大きくて深い老子さまを、五井先生が優しい言葉で教えてくださいます。


小説阿南では、
阿南に、昨日の出来事を説く世尊が
<私はお前を責めているのでもなければ非難しているのでもない。今お前がそうして苦しんでいる
心も、昨日のように迷った心も、皆お前の本心ではなく無明より起こった業因縁の心、現れれば消えてゆく根底のない想念の波であることを
お前はよくよく認識せねばならぬ。全て無明のなせるわざ。業の一つの集積が表面に現れ如来の光明によって消え去って行っただけである。決してお前の本心が傷ついた訳でもなければ、お前自体がだめだった訳でもない。お前の本心は、依然汚れず痛まず、真玉のごとく輝き渡っているのである。
その真理を知って今日限り消え去った業を追いかけてはならぬ。想い起せばその想念がそのまま無明となりまたお前の意識を曇らせて行くであろう。
もしそうした時には強く如来を慕い、如来と倶なる本心に呼びかけねばならぬ。>

何度も読み返します。お釈迦さまの教えをわかりやすく小説にしてくださって五井先生、有難うございます。

いくとさまのおかげさまで、
非公開情報も読むことができました。
有難うございます。


お祈りは続けております。
あの頃より、落ち着いてきた感じがあります。
少し私がどいたような気がします。

仏陀の最終メッセージを受け取れる私になりますように。
今年の冬至を耐え切れる私になりますように。
お祈りいたします。

五井先生、月読大神さま。虚空蔵さま。みわさま。有難うございます。

2018・11・26


あん様

非公開情報の解禁はこの時期だからだと思います。

私が忘れていたということもありますが「忘れていた」ということも含めてこの時期に限定されていたのだと思います。

読むべきでない方も中にはおられますが、読むべき方もおられるという方が優先される状況なのでしょう。



虚空蔵55


家田泰明

2018/11/26 No.3682

虚空蔵55様、みわ様、いつも有難うございます。

質疑応答4、5と拝読いたしました。
未だ十分に読み切れていませんが、私の愚かさ、迷い、苦しみを受け止めて下さり、感謝以外の言葉もありません。
「完全覚醒、おめでとうございます。」などと、書き込んだのは、私の不始末であります。恐らく夢遊病状態で書き込んだものと考えます。夢の状態の危うさを認識いたしました。失礼しました。


11月に入り、気持ちも持ち直してきました。それと同時に自分が何をやりたいか、どうしたいかと考えた時、全て周りに影響を受けているだけで、本当にやりたいことなどないのではないかと思い始めています。宇宙への興味も薄くなりましたし、何より「人生、どうにかしたい」から、「川で流される笹船でいいや、沈まなければ」と言う心境になりつつあります。それでも、まだ利用され、都合のいい結果を求められる状況に変わりはありません。私は、何を求めているのでしょうか。旅の終わりに答えを持っていたらそれでよいのかもしれません。

有難うございました。

2018・11・24

家田様

11月の境地が12月の冬至につながります

これまで積み重ねてきたものがすべてです

宇宙は何と普通なのでしょうか

それでも宇宙は何と不可思議なのでしょうか



虚空蔵55


スーザン

2018/11/25 No.3681

虚空蔵55様、みわ様

質疑応答5を読ませて頂きました。2回全体を通して拝読させて頂きましたが、果たしてどれ程の内容を消化をすることが出来たのか、甚だ疑問ではあります。

質疑応答4でもそうでしたが、質疑応答5でも覚醒の段階という言葉がありました。

私の場合は残念ながら今のところ覚醒の片鱗すらうかがえませんが、私は一体どのような覚醒を目指して現在がんばっているのか、私は一体何を望んでいるのか疑問に感じました。

一つ言えそうなのは、私はもっと数学が出来るようになりたいとか(これも一種の超能力を望むという欲望でしょうか?)、数学の世界で一体自分が何を創造できるのか可能性を探ってみたいとか、この私の周りに展開している世界を正確に見たいという思いがあるような気がします。

しかし、如何せん質疑応答5のp.235にありますように、この世界がバーチャルリアリティの世界で、私はその世界の中で女性のことが大好きで、自分はその世界に確固として存在している自分で、というように感じてしまっていますので、先程の私の思いが果たしてどの段階からきている思いなのか、判然としません。

やはり、私の世界の中にある数多くの本来無意味な物事の中で、五井先生の祈りや、宇宙全史に書かれてある内容(もし私が正確に読めていればですが)がほぼ全ての真実なのかもしれないと思われてきます。

再び質疑応答5 p.235の記述に戻ってしまいますが、私の世界が無数のスクリーンに映し出された映像のうちの一つであるとすると、元の映像となる光は実存と呼ばれる領域をその根源としているのでしょうか?

もしそうであるならば、その光はこのオーム宇宙のみでなく、他の大宇宙やさらにまたその上の、という現れの世界全てに共通する光なのでしょうか?

実存あるいは無と呼ばれる領域に対する私の理解はおぼつかないものがありますが、その領域が創造というような意図を発するのか、そもそも意図のようなものを持つものなのか不思議ではあります。

あまりにも私の境涯とかけ離れた疑問ばかりになってしまいましたが、まずは数学の研究に向けて出来ることを進めて行きたいと思います。

そして少しでも幻想の世界から脱出できるよう、いやその前にまずは守護霊様に繋がっていけますよう日常の中で起こる様々な想いを見つめて、祈りに変えていきたいと思います。

今の大変な時期に至り、やはり祈りとはとても大切なものだと感じました。

この度もありがとうございました。

2018・11・23


スーザン様

「私の世界が無数のスクリーンに映し出された映像のうちの一つであるとすると、元の映像となる光は実存と呼ばれる領域をその根源としているのでしょうか」

●元の元の大元はそうです。

あなたというエゴのフィルムを通してスクリーンに映し出されるこの世界の映像は、エネルギーという光線を介して映し出されます。

そのエネルギーには段階がありますが、根源は実存、または真我というものから来ています。


「もしそうであるならば、その光はこのオーム宇宙のみでなく、他の大宇宙やさらにまたその上の、という現れの世界全てに共通する光なのでしょうか」

●「他の大宇宙やさらにまたその上の」という部分が曖昧ですので正確にはお答えできませんが、「現れの世界」というところにおいては「その通り」ということが出来ます。

理性の範疇において真我や実存を知ることは通常叶わいのですが、そこの一歩手前までは精進に次ぐ精進が求められる境涯になります。

それでもそこにたどり着く道は無限にあり人それぞれです。

仏陀の様に

ニサルガの様に

ドン・ファンの様に

EOの様に

如何様にも

道はあるのですが

この宇宙は200兆年の寿命を持ちます

そしてこれまでこの宇宙で完全覚醒を成し遂げた存在は

200人足らずです

つまり単純計算してしまうと

1兆年に一人しか成就出来ないことになります

この事実を前に

私たちは

自分たちの卑小さに

虚空の広大さに

無の恐怖に

存在の不思議に

向き合うのです



虚空蔵55

keiko111

2018/11/25 No.3680

虚空蔵55様、みわ様
いつもありがとうございます。

今日、非公開情報が届きました。
ずっと読みたい知りたいと思っていましたのですごく嬉しいです。
これから読ませていただきます。

世界人類が平和でありますように。

2018・11・22

コロ

2018/11/25 No.3679

虚空蔵55様 みわ様
質疑応答4、5を拝読させて頂きました。
ありがとうございました。

私が宇宙全史に出会って、4年が経ちます。以降、こちらで開示される情報を欲するも、遅々として認識できない状況が続いています。

この数年、講師の方々はじめ、宇宙全史で学ばれている方のブログを目にすることが多くなり、それぞれの言葉で、わかりやすく説明してくださるので、精神世界に縁のなかった私には、とても勉強になります。
そのご縁で、海様のヒーリングを受けさせて頂くことができました。ありがとうございます。
当時、子どもの不登校や、私自身の在り方に危機感を抱いていて、ヒーリングの何たるかを知らないまま、飛びついていました。客観的に自分自身をみる事が出来、お腹に力が入るようにして頂きました。

その時に、私は母のようにはなりたくないと、母から押し付けられた教育を反面教師とし、子どもたちがやりたい事をやらせようとしていましたが、結局私は母の思考と同じ事を子どもにしていたと気づきました。
強制的(?)に習い事をさせる等の具体的な行動ではなく、母親の思考を子どもに移すという洗脳をしていたのだと分かりました。

また過去の『よく気がつく良い子である自分』がとても愚かに感じ、良い子に振舞っていた私はエゴであると分かり、恥ずかしくて、消したいと思いました。
今まで私は母の思考の洗脳と、分厚いエゴで生きてきたと分かると、私の真ん中?が何も無くて、全く空っぽで、まだ生まれてさえいなかったのだと思いました。
だから私は、やりたい事が分からず、自然の声も聞こえず、口でいくら「ありがとう」と言っていても、本当は感謝が出来ていないのだと分かりました。

そんな状態のまま、半月程前、頭の中でエゴの声がグルグル回って、このままエゴに取り込まれるのかととても恐ろしく感じ、嫌だ!とお祈りをして涙を流していました。その後スッキリしましたが、自己憐憫に張り付くように、エゴが笑っていると感じました。
日常生活の中、これもエゴ!あれもエゴ!と俯瞰できる時もありました。エゴがなだめだりする事もあり、常に渦を巻いていました。



そんな状況から日が経ち、今は、何故だか穏やかです。上記した文章は、下書きで保存してあったもので、今振り返って見て、そんな事があったんだなぁと記憶が薄れていました。
相変わらず、私はエゴに覆われていて、特別感や執着が大好きなんだなあと思ったり、時々、子供達に母の思考のままイラっとしてしまい「まだ、お母さんがいるなぁ」と思って祈っています。

この穏やかな状況は、どこか恐ろしくて、もう少し経つといつものように「エゴの想い」がムクムクと表面に出てくるのだろうと思っています。エゴに覆われてバタバタ足掻く気がします。
しかし、バタバタしても、今となっては五井先生の祈りしかないとは感じています。

この投稿も、エゴが渦巻いている時期に投稿しようとしていましたが、当時、叱咤激励してもらいたいのだろうと感じ、どうしても投稿する事ができませんでした。

宇宙全史の中でも紹介されている書籍で、ニサルガダッタの書籍2冊は今だにまったく読めません。読みたいと思って購入したのに、進まないのは初めてでした。まだ、時期尚早でした。
カスタネダのシリーズのほうが読み進められました。特に、他の方のブログで紹介されていた『呪術師の飛翔』は今の私にピッタリでした。まさに、自分自身の事だと感じました。どれも私には難しいですが、宇宙全史や皆様のブログを交えで学んでいきます。

振り返ってこの投稿(メモ)を見た私が、平静でいられるように、振り落とされないように励みます。

長文失礼しました。質疑応答楽しみにしています。
何時もありがとうございます。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完うされますように
守護霊様、守護神様、五井先生
有難うございます

2018・11・21

コロ様

いい感じですね

そのままで

がんばって下さい

応援しています



虚空蔵55


いくと

2018/11/25 No.3678

虚空蔵55様、みわ様

ご審査いただき誠に有難うございました。

Bグループへの変更、意外なことで驚きでもあり、また素直に嬉しくもあります。

嬉しくて、「祝いに美味しいものでも食うか」と出かけたら、真正面に虹が伸びているのが見えました。

「守護霊様も祝福してくれてるのかな」とほっこりしつつ、美味しいお蕎麦を食べました。

帰りはいい意味で力が抜ける感じがしましたが、それは一つのバロメータのように思え、その状態に近づいて行けるように(その状態を保てるように)することが分かりやすい今後の目標だと思います。

非公開情報をフォームより申し込みさせていただきました。ひとまず一歩を踏み出せて良かったです。まだこれからですが…。

ご面倒をおかけしないで済むよう、成長できればと思います。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

P.S.
宇宙がダイナミックであること、今更ながら感じ入っております。

単に想像上のファンタジーではなく、現実に不可思議が満ちている。

不可思議を自分の都合のいいように解釈してしまうのではなく、地道に向き合うことによって開かれる本当の希望。

そこに初めて、生きる意味を見つけることができるかもしれない……。今はそんなふうに思います。

2018・11・20

いくと様

現在EO氏の遺品の整理をしています。

完全覚醒を成し遂げたEO氏のリアルな世界がそこには垣間見られます。

仏陀と同格の覚醒を得ながらも

ただ静かに入滅されたEO氏

私たちも

夢想に彷徨い、都合の良い現実逃避に明け暮れることなく

精進を重ねていきたいものです



虚空蔵55