宇宙全史

果音

2018/12/31 No.3700

虚空蔵55様。みわ様。五井先生。月読之大神様。
いつも、ありがとうございます。

昨日「質疑応答7」の注文をさせて頂き、来年発売予定の「質疑応答8」の目次を見て、自分が載っていてビックリしました!!

9月に質問してから、ずっと他の人にしちゃった質問を、こちらでもして、失礼じゃなかったかしら?と反省しておりました。

どなた様かも、謝りのメッセージされてて、私も今年中に、謝りのメッセージさせていただかないと…と、ずっと思っておりました。

こちらのBBSは、自分が2009年頃から拝見させて頂き、そこから遡って、最初から目を通させて頂き、もう今は見れなくなった所も、ずっと気になっており、今回まとめて発刊して頂き、本当に、して欲しかった事なので嬉しいです。
虚空蔵様の物凄い意気込みを感じ、今が私達にとって凄く大切な時期なんだと感じております。

この時期に、一気になさっている事に来年発売して下さる『エゴの本』への皆さんの本当の理解に、虚空蔵様も、かけていらっしゃるんだと強く思います。

私の周りの環境も、今まさに大きな変化を迎えようとしています。

自分で、どうしても消化しきれない感情を、いつもいつも五井先生に受け止めて頂き、少しずつ進んでいる状態です。

「質疑応答8」の帯の「やさしさのない力は使いものにならない」は正に自分に言われてる言葉だと思いました。

“やさしさ”って難しいです。
やさしくする為に、無理にしたり、どっかひっかかったままだったり…
でも時間が経つと、そんなに気にならなくなってたり…

ある程度の距離を置くのも、やさしさの1つ
そして何より「相手に任せる」事…
それで、何が起こっても動じない
五井先生に、すべてお任せして、清々しく生きる
自分を信じて、周りの方々に感謝し、皆さんの1番良い所が顕現するのを祈る

な〜んて考えて“新刊の帯”から波動を頂きました!

でも結局は自分の受け入れ方ですので、親切にしたつもりが迷惑だったりするので、「やさしさ」って、こちらが、すべての出来事から、一番ベストな波動を受け取る事

それが出来たら、回り回って、また相手にも「やさしさ」を顕現して頂けるのでは?と思います。

ここで、また質問ですが、よく過去の世界に行く…のは、リアルにその世界があるのでしょうか?
例えば映画ですと「撮影中」なのか録画した「映画」なのか…
「撮影中」だと、誰かが、その過去、例えば秀吉が亡くなる日に行ったとして、一週間後に、また、別の人が、同じ秀吉の亡くなる日に行ったら、秀吉さんは何回も舞台役者のように演じるのでしょうか?

そして、その亡くなる日の秀吉は、今現在の地球(2018年)には存在しませんし、“個”の個性を持ったままだったとしても、もう亡くなる日の感情より進歩してる場合、それでも過去のその人は、その時の感情で演じるのでしょうか?
その秀吉さんは、本当は誰なのでしょうか?(役者が演じるように、なりきった集合魂の一部?)

また記憶は皆、違うので、その人の記憶の世界ではなく、現実の実際の、ありのまま?なのでしょうか?

それでも見る人の角度によって違ってくるので例えば、自分が今ならこうするだろうなって心改めれば、過去も変化するのでしょうか?
それとも、それは、あくまでもその時代の、その時の感情のままなのでしょうか?

それは何の為に、永遠に過去が存在(未来も)し続けるのでしょうか?
それは、この地球で生きてる身には理解不能な事なのでしょうか?

生まれ変わりの無い宇宙ですと、過去も未来も存在しないのですか?

今、接している精神病の人と周りの方々から多くを学ばせて頂いています。
自分というエゴがあると腹立たしい事も、自分を除いて接すれば、リアルな感情だけ感じとれる…

「精神病」も様々で、元々の本人の性格なのか、悪霊?の仕業なのか…
時々、理解し辛いですが、脳のコントロールを奪われている?のは、やはり元々の性格や思いグセを直さないと難しいのでは?と感じてしまいます。

あと少ししたら、もっとスゴイ精神病の人に会う予定です。

その為の予習なのかと思っています。

精神病や認知症など、自分でコントロール出来ない場合は「エゴ」はどのように存在するのでしょうか?

「エゴ」は薄くするけど、無くしてしまっては生きて行けない…

最後まで自分の意思で生きていきたいです!

こちらの「宇宙全史」の講師の方々からも毎回、学ばせて頂いています。
お優しくて心の広い「RIEさん」や、とってもユニークな「どっぺんさん」に、いつかお会いしたと思っています。
どっぺんさんは精神科の医師でもおありですので、もう少ししたら会う予定のスゴイ精神病の人を診て頂きたいと思っています。(患者本人の許可が必要ですが…)

ここ(BBS)で1番心が癒やされて、ほっこりするのは「hami」さんの文章です!
本当に心の綺麗すぎる方なのだなぁ〜と、いつも感心しています。
最近は少し元気のない文章があり、ちょっと心配しています。
素敵な魅力的な、やさしさの滲み出た文章で、又ほっこりさせて頂けたら嬉しいです。

自分には、やりたい事が、いっぱいあります。
この三次元でしか出来ない事
この三次元では出来ない事

虚空蔵様は、雲の上のような方ですが、この三次元でやりたい事が出来たら、また違う世界でも、弟子の一人として学ばせて頂きたいです!

精神世界の方々が、いろんな事を申されていますが、「宇宙全史」での学び以上はありません。

ここで学べている事に感謝しています!
本当に本当にありがとうございます。

果音
2018・12・30

果音様

回答は本の中で。

ギリギリまだ間に合いそうです。



虚空蔵55


RIE

2018/12/30 No.3699

こんばんは。
世の中はあっという間に、年末ですね。
冬至前、お時間の無い中、返答を頂き、本当にありがとうございました。

今年は冬至の前日まで、宮古島に滞在してきました。いつもこの時期になると、ひとりで宮古島に行って1年分のエネルギーチャージをしていましたが、今年は、これまで共に協会を支えてくれたスタッフの慰労と感謝と冬至までのエネルギーチャージの意も込めて行ってきました。


私は宮古島に行くと、途端に身体が楽になり、いつも以上に元気になります。以前、虚空蔵55様にも、宮古島は私に合う場所とおっしゃって頂いていましたが、本当にそう思います。


滞在期間中、ずっと晴天に恵まれたので、始終大地に寝そべってはアーシングをし、どこまでも広がる青い空とエメラルドグリーンの海をぼ〜と見ながら、さざ波の音、風の流れ、大地の感触といった自然のエレメントに触れる感触の中で、いろいろと自然界に問いかけて自分なりの答えを受け取っていました。


ちょうど家に帰ると、虚空蔵55さまの返答がアップされていましたので、そこで頂いた問いについて、もう一度、自分の中で落としこんでみました。


●現れているものは何に「因」を持つのか
私に、多少なりとも作家の才能があり、それが今現れてきているとするならば
その因は常に「何かを創り上げることが好きなクリエイター気質」からのものではないか思いました。


●その「動機」は何によるのか
動機の根底に、いつもあるのは、何かを創り上げる過程で自らの魂と向き合い、自らを引き上げ、ご縁ある相手の魂の目覚めを促し、希望を与えられるもの、新たな時代の礎となる在りようを提供したい…それらを今回こそは、きちんとやりとげて還る…そういう動機から促されている気がしています。


動機の中に、虚空蔵55さまがおっしゃって下さっている「行き詰りの打開や焦り」というものは、さほど無いように思います。当初からNE運命解析学を創った発想の中に、14キャストが物語になったら「自分を知るコンテンツ」と「物語」が癒合し今までにない仕組みができて面白いだろうな…という構想がありましたので、私自身でそれをコツコツと創り上げていけそうだと分かった今、焦りはなく、楽しくて喜びだと感じています。


●今なすべきことは何か
とはいえ、今、なすべきことの道筋は観えていて、やはり、一足飛びにそればかりにエネルギーを注ぐことはままならず、目の前にあることを順序立てて、ひとつひとつ完了させていくしかないことは明白ではあります。


●自分は急いてはいないか
「焦りはエゴ」だと以前にも教えて頂きました。それを意識するようにすると、気づいたことがありました。私が頭で、どんなに焦って何かを進めようとしても、頭の中がエゴで忙しいだけで、そこから何かを選択しても、まず上手くは進まず、必ず軌道修正をかけられてしまうこと。


逆に、エゴもこだわりも囚われも手放して、どうぞ、宇宙の意のままに使ってくださいと、平和の祈りの中で、目の前のことを一生懸命コツコツやっていると、想定外な展開で環境が動き、ものごとは進んでいくものだと。


結局、宇宙や魂の意図は、エゴや思考に来るわけではなく、直感や自然環境の事象として現れるようなので、環境を良く観察して、起る事象に素直になって、ものごとを選択し行動していった方が、宇宙や高次元の方々からの応援も入りやすく、魂が望む境涯に行きつきやすいのだろうなと思えています。


と、このように思っていましたら、おととい、1年程前からお世話になっている某大手グループ会社のセミナー企画部の担当者から「来年の3月に宇宙全史の講師としてその内容を話してもらえませんか」とのオファーが来たのです。その担当の方は「20年後…の本」は読まれていて、宇宙全史の内容に相当、興味をお持ちです。


オファーされたその瞬間、私の中でわずかに、ためらいがありました。
2016年の2月から、大変ありがたいことに公式講師というお役を賜っているのですが、私が宇宙全史にご縁を頂いてからようやく3年とちょっとです。


宇宙全史の内容は、ご縁ある方には絶対にお伝えしたいと思い、講師となってからは、私自身の協会内部で開催するセミナーにおいては、ちょこちょこと、お話しさせて頂いたり、話題にしたり、宇宙全史のシリーズ本もご紹介させて頂いてはいたのですが、それでもまだ、血肉に落としこまれていないところもあるだろうと思うと、宇宙全史をメインテーマとして話すには、僅か3年とちょっとの年月では正直、まだ、憚られると感じていたからです。


しかし、冬至の直後に外部からオファーが来たという環境の動きを鑑みた時、これは、肚を決めて、頂いている講師のお役割をきちんと果たして、今、必要なタイミングの方々に宇宙全史をお伝えしてきなさいと、宇宙が促しているのではないか…と思えてきました。


ただ、懸念事項としてあるのは、3万部というそこそこ発信力のあるルートから不特定多数の外部に向け情報を出すことで、陰始に目を付けられて、宇宙全史のワークに差し障りは無いのだろうかということです。


他にも、どこまで話してしまっていいのだろうか…とか、虚空蔵55さまやみわさまのお名前を出していいのだろうか…とか、もちろん非公開情報はMGでしょうし、膨大な宇宙全史の情報を、どういう構成にすれば一番、分かりやすく、伝わりやすいのか…といったことも考慮しないといけないと思えています。


このような懸念事項がクリアになり、今の私が語る上で、ここからここまではNO、OKというようなガイドラインや注意点があるならば明確にした上で、オファーをお引き受けしようと思っております。


お忙しいということは重々承知してはいるのですが、もし必要なアドバイス等ありましたら、きちんと伺っておければ幸いに思います。どうぞ、よろしくお願い致します。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が全うされますように
五井先生、月読之大神さま、
虚空蔵55さま みわさま

今年も、ありがとうございました。

2018・12・29

RIE様

さあてどうしたものでしょうかね。

あなたが喋りたいことは何を喋ってもいいですし、何も制限などありません。

ただ喋れるでしょうか?

宇宙は面白いことをしますね。

昔はここで誰かが良く笑わせてくれていましたが、久しぶりにお腹から笑いました。



虚空蔵55

伊藤滋隆

2018/12/30 No.3698

虚空蔵55様

左No.404の返答、ありがとうございました。

『「何者」かとコンタクトがとれている』
『嫌な感じがなければ、気にすることはありません』

この言葉をいただけただけでも、十分です。

「何者」かは、「同行二人」ということをよく言います。
四国のお遍路さん用語のようですが、お大師様(弘法大師空海)が
お遍路の旅を一緒に着いて修行してくれる、という意味ですが、
私の隣に在る者も、共に学び、共に修行する存在のようです。

その存在は、一体だけではなく、何体もいるように感じられます。
入れ替わり立ち代わりで、邪(よこしま)な者や雑多な者が来ることもあります。
そういうときは、粗い感じがするので、それと気づくと、
大きく体が揺さぶられて、離れて行きます。
(一例を挙げると、
私が買い物をしたがるのがいけないのですが、
ネットショッピングのサイトなどを見ていると
無駄遣いさせようとしているのか「買え、買っていい」という声が来たりしますが
理性で「これを買うのは無駄遣い、いらない!」と行動を選ぶと
悔しそうに離れて行きます。他の場面でも気づくと離れます。)

真っ当な存在のときは、静かに言葉が訪れ、揺さぶり等は起きません。

以前は、「何者か」に名前をつけたくなって、
有名人ということにしてしまったりしていましたが
もう名前はつけません。必要ありません。
良心に則し、声の真意に、静かに耳を傾けます。

今なすべきことは何かを自問し、
落ち着いて、急いていないかを自問し、
自らの良心に問いかけ、
自らの良心に反しないことを選択できるように
後退しない覚悟をもって
変化を恐れず、腹を据えて
祈りとともに
一日一日を、一瞬一瞬を、歩んでいきたいと思います。

自分が何をどうしたいのか、整理したいと思います。

今年ももうすぐ終わりですね。
今年一年、貴重な学びをありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

世界人類が平和でありますように。

2018・12・25

アリマ

2018/12/30 No.3697

虚空蔵55様 みわ様
いつもありがとうございます。

先月質問にて送信いたしました非公開情報再審査をお願いした件は、できれば削除お願い申し上げます。この大変な時期に自分勝手な申し出だったなと思っております。質問した内容も今考えると恥ずかしい内容でした。

「夢とは守護の神霊が消してくださるカルマの様相を断片的に記憶に残すもの」五井先生の教え通り明らかなことでした。

「次の瞬間死ぬとしたら、今何をしたらいいのか」という虚空蔵55様の課題がありましたが、今の私は「世界平和の祈りを祈る」とこたえます。

17才の時、父から「白光誌」を手渡され、五井先生の教えにふれてから、今67才、もういい加減に覚悟を決めなければ、とここのところずっと思っておりました。

非公開情報の取得権利もこだわりません。日々世界平和の祈りを祈る中から、私に必要なものが与えられるのだ、と思っております。

私は自分では何の判断もできない愚か者です。それでも、守護の神霊の加護により恵まれた環境の中におります。今与えられた場を活かすのみです。恩寵に感謝です。
すべての想いを世界平和の祈りの中に溶け込ませながら、生きてまいります。私の中庸の道はそのことしかないようです。
現状まだまだ毎日エゴの想いに振り回されております。それでもどこかから世界平和の祈りが響いてくることを感じるようになりました。

虚空蔵55様やみわ様のお働きに、私が祈ることで少しでも何かお役にたつのであれば、それでいい、と思えるようになりました。

月読之大神さま
五井先生
虚空蔵55様
みわ様
ありがとうございます。

2018・12・16

シャギー

2018/12/30 No.3696

虚空蔵さま、みわさま、何時もありがとうございます。お元気でえしょうか?

今年も終わりに近づき、私にも変化が出てきています。

先日、車を運転中に一時停止のラインを過ぎてから止まり、安全確認をして右折し進んだところ。

御巡りさんが追いかけてきて、一時不停止と言う事で違反切符をいただきました。

以前では、捕まった事にだけ注視して腹を立てていたのですが、

今回は、自分が如何に自分の習慣で一時停止をしていたのかを、知る機会に成りました。安全の為でなく、捕まらない為の一時停止で、しかも適当に自分に都合のいい一時停止でした。

今は改めて、一時停止を正しし方法で行うように習慣図ける訓練をしています。

はじめは、凄く気持ちが悪い感じでしたが、正しい方法が安全で歩行者を守る意識に繋がるのかを実感しています。

後日、雨降りの夜間に交差点を曲がるときに間一髪人とを轢いてしまうところでした。
このときは、気持ちが本当に塞ぎました。

この2つの出来事から、今まで全く気づくことが無かったことに気づきました。

それが、車の本当の姿と言うか、車を運転する人間の怖いところです。

車は、使い方によっては本当に便利なものです。多くの荷物や人間を遠くまで運ぶことができ、天候が悪くても快適に移動が出来ます。

気づいたのは、人は、体調が悪くても運転します。怒っている状態でも運転します。眠いときにも運転します。年齢も性別もスキルも考えも違う人間が同じ道路に出て運転していることの怖さです。

しかも、車は運転する人間の状態がそのまま車の動きになった現れます。
 
にもかかわらず、みな自分の都合と色々な状況で運転しています。そして、それぞれが自分の勝手なルールの中で運転したりしています。

どこかで、見たのですが年間多くの方が車の事故で亡くなっています。

このことからも、車は人を簡単に殺すことの出来る刃物と同じ凶器である言うことです。使い方を間違えるとどれだけ危険なのか知るべきだと思います。

包丁は、見るだけで危険が理解できますが、車に関しては、本当に危ない危険な機械であるとどれだけ意識していたのか、私は全く危険に対して意識が薄かったです。

道交法も自分を取り締まるものとしか感じていなかったのかも知れません。
安全な生活を実現するには、ルールを理解し正しく行うそこが大切なわけです。

本当の意味を理解することが如何に必要なのか、理解してその先に、安全のために本当に必要なことは何なのか知り行うそれが本当の安全に繋がると知りました。

宇宙全史についても、同じだと感じています。
ただ読んで、知識を増やし自分は凄いことを知っていると思うだけです何の意味も有りません。

如何に、私生活に宇宙全史を如何に応用して学んでいくか、自分の生活の中に何が必要で、何をするのか。
それが問題です。

この経験のあと、誰かわからない存在が、スマホの通知画面に ただ、(いいね)と送って来ました。
そのいいねは今、一体どこにあるのか解りませんが。

きっと、誰かが、いいねと励まして頂いたのだと思います。
今は、消えてしまったのですが、保存も自慢も執着も出来ない本当に簡素の言葉で私にしか解らないように送ってくださったのでは・・。ただ感謝です。

これからも、生活の中に宇宙全史を、真実を、良心を見つけて、エゴを薄くがんばって行きたいです。

これからも何やら起きてくるのでしょうけど、静かに楽しく、一生懸命、良心にしたがってただただ生活するそんな年末だと思います。

何時もありがとうございます。
お体には気を付けてください。

2018・12・15

AQUA

2018/12/30 No.3695

虚空蔵55様、みわ様

いつもありがとうございます。

先日の光は白光の守護霊団の光だったのですか!
守護霊様も一緒に来て頂いたなんて、激励でしたら凄く嬉しいです。

こちらにご縁を頂く前から白い光を見ることがあったのですが、そんな前から守って頂いたとは全然気が付かず恐縮する思いです。

前回のお返事を頂いてから自分が本当に何がしたいのかとずっと考えていました。
 覚醒をしたいと言うのは確かにその通りなのですが、ではその覚醒するために自分は何をすれば良いのか? 答えは出ているのですが本当に自分自身その覚悟があるのかと考えていました。

そして、その考え自体がエゴである事、全てお祈りと共に五井先生に委ねお任せをさせて頂こうと思います。
もちろん、やるべきことはちゃんとやり方ますが。

最近こちらで言う探求と言う意味が少し分かった気がします。
間違っていなければ、これらの情報を知って自分はどうするかと言う事だと思います。

私は、自分の出来るお祈りをさせて頂きます。

守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます。

2018・12・13


いくと

2018/12/30 No.3694

虚空蔵55様、みわ様

EO氏のご本は、とても心惹かれるものがございます。まだ手に入れていない著作もありますので、まずは読み通してみたいと思います。(それすらもまだ、というのは自分自身に対して恥ずかしいことですが…)


「現在EO氏の遺品の整理をしています。」
「完全覚醒を成し遂げたEO氏のリアルな世界がそこには垣間見られます。」
(No.3678より)

とても興味を惹かれます。しかし自分がそれを望める境涯ではないことも分かっております。やるべきことをやっていないのですから。

今あるもの、今できることに最善を尽くすという理想からすると、自分の現状はあまりにも粗(あら)が多すぎます。

何年か前に意志薄弱を嘆いた書き込みをしたことがあります。怠慢な僕ですが、どこか叫びたくなるような(かっこつけた言い方をすると雄叫びをあげたくなるような)何かを感じるときがあります。僕にとっては、それが怠慢を破る手がかりだと感じています。

古典に記されている古人の言動を思い起こしますと、「自分はようやくこの程度か…」などと思ってしまいますが、一歩一歩進みたいと思います。


また、この世の現象世界もいよいよ本格的な激動を迎えるのだ、という感じがさすがに強くなってまいりました。

ライフスタイルの見直し、心身の状態を軽くしていくことなど、改善したいことは尽きず、時間はいくらあっても惜しいものではありますが、激動に入るまでの学びの時間を与えていただいていたことに感謝です。


特にタイミングを計った訳ではありませんが、満月の夜に非公開情報の振込をさせていただきました。こちらの非公開情報と12月初旬の質疑応答6、加えてEO氏の著作と、まずは拝見することを楽しみにしております。

2018・11・28

いくと様

下のどっぺんさんのところで書きましたが、EO氏の著作は皆さんの偉いなる特効薬にも猛毒にもなる劇薬です。

でも皆さんそういうのがお好きですよね。

ここのBBSで学んでおられる方たちの質疑応答が今次々とまとめられて出版されています。

私も改めて編纂していると、色んな気づきに驚かされています。
最終的に20巻程になるかも知れませんが、とても貴重な情報源になるでしょう。


今はあまり非公開情報が出せませんが、権利者の方はすべて読める形になったはずです。
そこでは深遠な世界の謎が紐解かれていますが、それ以上に等身大の虚空蔵55のリアルな苦闘が生々しく描かれていた筈です。

このBBSでもいくとさんを初めとする多くの方たちの(精神世界にありがちな)何かにとり憑かれた様な書き込みではない真摯な文章が、皆さんの推進力となっています。


冬至の日の思いはひたすら、

「恩寵」

でした。
何を待たれているのか、何をペンディングされているのかは不明ですが、多くの厄災があちこちに散らされ、ただひたすら「待って」下さっています。

その恩寵にただただ感謝です。



虚空蔵55


どっぺん

2018/12/30 No.3693

2018・11・16
虚空蔵55様 みわ様
何時も深遠な御指導を賜りまして誠にありがとうございます。
このような展開になるとは思いませんでしたので、申し訳なく思っています。
宇宙の差し金が私ごときに下ることはないと確信しておりますが、私が勝手に御報告申し上げたことですので、本日の瞑想の様子も書かせていただきます。
昨日の御教示を読んで、それに引きずられないようにしなければいけないかと思いながら始めました。
先日申し上げたような順序でお祈りをしておりましたら、瞑想が深くなって行きましたので、私を解離して、実存に同一化したいと願い、月読之大神と五井先生のタッグ光線を下賜していただきますよう、遊撃手虚空蔵55様に祈りました。身体の感覚も薄れさせ、全てが均一になるようにイメージを膨らませていましたら、本日は、私が消えた後に、妙に活動性を感じさせるものが現れまして、これは何かと思考しましたが、しばらくわからず、ふと、以前教えていただいた分身のようなものかなと思考が飛びつきました。それから瞑想が散漫になり、終了しましたが、今目を閉じて、眼球を上転してみますと、全くの無になっているように感じます。以上です。大変ご多忙の折失礼致しました。今回もつまらない内容で申し訳ございません。
月読之大神、五井先生、遊撃手虚空蔵55様 いつもまことにありがとうございます。今後の御指導をなにとぞよろしくお願い申し上げます。


2018・11・17

虚空蔵55様 みわ様
日々の深遠なる御指導いつもありがとうございます。
本日の瞑想はかなり深く感じられて、エゴが薄くなっていっているのではないかなどと妄想を抱きました。
無くなっていく、全てが遠くなっていき、残る私も無いというような、対象化ができない体験になりつつあるのは確かに思います。

全てが無く、思考もなく、しかしもし遥か先のいつの日か、沈黙の知というものに出会えるのであれば、

No.3606のRIE様への御回答にある「●宇宙全史のワークが存在するといってもよいのですが、それは月読之大神と遊撃手という存在が、五井先生という存在と結託したという何かとんでもない状況が出来上がりつつあるからです。

虚空蔵55である私はいまだによく分からんのですが、「何かとんでもない」という部分は何となく感じています。
それはおそらくこの宇宙の総決算のお手伝いというような些細なことではなく、もっと広大な、もっともっと深遠な意図がそこにあるように感じています。

それが何かはいずれ書くことが出来ると信じています。」と御教示いただいていることについて知り得るようになりたいです。
虚空蔵55様 いつも本当にありがとうございます。


2018・11・18

虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なる御指導を賜り、誠にありがとうございます。
本日の瞑想ですが、準備の呼吸の段階から全くの無であり、今も眼を閉じると全くの無であります。瞑想中大変エゴが薄くなっていて、時折雑念が入りますが、また通り過ぎて行きました。無念無想というとおこがましいので使いたくない言葉ですが、マインドがあまり入らなくなりました。静寂です。これからどうなるのでしょう。
いま遊撃手虚空蔵55様が大変ご多忙なのは分かっていないといけない役回りですが、ぜひ私だけでなくみなさまへの御指導をいただければ差し金が果たせますかと宇宙に祈りました。五井先生 月読之大神 お二人の御光 タッグ光線ありがとうございます。


2018・11・19

虚空蔵55様 みわ様
毎日の深遠なる御指導誠にありがとうございます。
この度は大変御多忙の中、大変重要な御指導をいただけることになりまして、深く感謝致します。
本日の瞑想ですが、真我と私には思われるようなものが全てを支配し、途中仕事のマインドが入り、それにしばらくとらわれていたのですが、ふと楽になり、分身のようなものがそれを持ち去ったような感じでした。いまは分身のようなものを意識できてはおりませんが。
それからは、全ては無ですが、色々なものが全て重なっていたり、時間と空間が曖昧になり、今ただあるような感じであったりで、言葉での表現が困難な状態でした。
全ては未熟な取るに足らない体験だと思いますが、私には新しい体験が日々続いております。先が何も見えませんが、宇宙全史の御指導に全身全霊ついてまいります。
月読之大神 五井先生 遊撃手虚空蔵55様、何卒御指導を賜ります様よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。


2018・11・21
虚空蔵55様 みわ様
日々の深遠なる御指導誠にありがとうございます。
昨日と本日の瞑想でかなり深いところまでいけたように思います。
自分と呼ばれてきた記憶、思考の癖などを切り離すよう意識し、家族を最大とする執着を自分自身とともに捨てるように言い聞かせ、それ以外である、かすかな真我であるように努めました。
今静寂のなかにいます。今日の仕事が始まりましたが、どの方も優しく、愛に満ちておられます。自分は足りないなと実感します。
これからもっともっと精進をしないといけません。何卒御指導のほどよろしくお願い申し上げます。
月読之大神 五井先生 遊撃手虚空蔵55様 いつもありがとうございます。


2018・11・29
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なるご指導を賜りましてまことにありがとうございます。
今本日の瞑想を終えたところです。
どこまでいっても次の展開がありますので、まだまだだと思いますが、本日の瞑想での変容は一段階進展したように感じられます。全てが澄み渡り、時間の流れが無く、寂静です。エゴもかなり薄くなっているようで見あたりません。マインドも生起せず、それと一体、それのみでいられます。
本日も、全てお祈りで導いていただいたように感じられます。柔らかいお祈り、世界平和の祈り、月読之大神の祈り、虚空蔵55様みわ様宇宙全史への祈り、そして月読之大神と五井先生のタッグ光線をお授けいただくように祈らせていただいて、ふとそのように体験いたしました。本当に感謝に堪えません。また先日のブログでEO氏の遺品を虚空蔵55様が整理しておられると教えていただき、そこでの虚空蔵55様の深いお言葉に、それまでイルプロラシオンの三人のマスターへ感謝の祈りを捧げるときに、自分が少しためらっていた迷いも消していただきました。ありがとうございました。まだまだ真我に達するまで無限の段階があると教えていただいておりますが、本日の拙い体験だけでも大変ありがたいことで、深く感謝しております。守護霊様 守護神様 五井先生 月読之大神 遊撃手虚空蔵55様 みわ様 まことにありがとうございます。失言の多い大変未熟者ですが、これからもどうか引き続きご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます


2018・12・5
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠な御指導をお授けいただきまして誠にありがとうございます。昨日夕刻第六巻を拝受し、先程拝読いたしました。いまだよく分からない理科系的項目をまたこれからじっくり再読させていただきます。月読之大神 五井先生どうもありがとうございました


2018・12・6
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なるご指導をいただきましてまことにありがとうございます。
また本日も勘違いな報告になると思いますが、どうかよろしくお願い申し上げます。
今瞑想を終了したところです。本日は一昨日にいただいた質疑応答6の内容を踏まえて、まず私の身体に向けて祈り、メンタル体からコザール体へ向かうように祈り、私という記憶を死なせ、心を止めるように祈りました。今日は雑念があまり入らず、瞑想が深くなっていき、ここからはひどい勘違いを含むかと思いますが(これまでにないことですので報告させていただきますが)、エゴがこれまでで一番薄くなっていき、真我、実存が、私の亡くなったところに、よりクリアに垣間見られたように体験致しました。今閉眼してもそれはそこにあり、あるいはそこに何もなく、少しずつ実存へ近づいているのではないかという期待が雑念として湧いてきます。
No.3686のスーザン様へのご回答でご教示いただきました「このオーム宇宙を含む大宇宙、その大宇宙を(ほぼ)無数に含む含む超巨大な螺旋輪宝宇宙(ねじりんぼううちゅう)」の探求というものがどうすれば成り立つのか、を先日から思慧していました。それは、おそらく理性、思考では到達が不可能なものでありますので、「沈黙の知」という意味の理解が間違っているかもしれませんが、まず実存あるいは真我になり、そこで「沈黙の知」を通さないと、その片鱗にも触れることが出来ないものなのではないかと愚考しました。
未熟で何もない私が、また身の程知らずのことを書いてしまい大変失礼であると恐縮しておりますが、虚空蔵55様が、「私はすでにその先遥か彼方まで見透しています」と述べておられることを是非ご教示いただける日が私にも来るようにと心から願っております。
五井先生 月読之大神 遊撃手虚空蔵55様 大変申し訳ございませんでした。いつも誠にありがとうございます。今後とも御指導賜りますよう心よりお願い申し上げます。


2018・12・23
虚空蔵55様 みわ様
いつも深遠なるご指導誠にありがとうございます。
この度は大変な状況の中ご返答を賜りましてありがとうございました。冬至の明け方に拝読し、瞑想し、今朝寝室の窓の彼方に満月を拝見し、深い感謝に包まれ、瞑想をし、終わったところです。
この二日間の瞑想で全ては均一の全くの無になり、私はただ構成するものでありました。無の地があり、また無く、身体も呼吸もその他現れてくるものはそこから構成され、また元に戻ります。私の第一歩が始まった気持ちです。これからこれを探求することをお許しいただいたことに感謝しかありません。
大きな勘違いではないかといつも疑いますが、勘違いでありませんように。大学へ入学させていただけますように。
月読之大神 五井先生 遊撃手虚空蔵55様 いつもありがとうございます。慌てず、うろたえず、「腹を据える」という丹田をつくる(育てる)ことに精進致します。どうか例の本の拝読のご許可をいつか賜りますように。実存の先の月読之大神と五井先生と遊撃手のタッグされるところへ、遙か先の無限の歳月を重ねた暁に辿り着くことが出来ますように。そのために私の小さな知識に対する「愛」、智慧に通じる「愛」をこれからずっとはぐくんでいく覚悟です。今後もご指導を賜りますよう心よりお願い申し上げます。誠にありがとうございました。

どっぺん様

実存に近づいているという言い方は少し変なのですが、そういう状況にあることは間違いありません。
実存(真我)の境界線に接触しているといいますか、たまに接触しているのは事実です。

ここで書いてしまうわけにはいかないのですが、私も意外なのは一足飛びにそこまでいってしまう方が出るとは思っていなかったのも事実です。
おそらくこれから10年程かけて何人か出てくればいい方だと思っていましたから、月読之大神の深謀は相当深いものだったと思います。

何故「深謀」というかといいますと、すでに書いておきましたが「この宇宙において完全覚醒は非常に稀有な事件」とされています。
皆さん方は「完全覚醒した時は仏陀の時の様に世界が祝福してくれる」と思っておられるでしょう。
しかし現実はそうではないのです。
本当のことを伝えようとしてくれていたのはEO氏でした(もちろん私もですが)。
ただ私の場合は皆さんの進捗具合を見つつ開放していこうとしているのですが、EO氏はそんなことはお構いなしに、ひたすら本当に本当のことを伝えようとしていました。
「しかし」といいますか、「そして」といいますか、EO氏の思いは結局伝わらずでした。

EO氏の著作はかなり重要な内容を含んでいますので、やがてまんだらけがそのほとんどを復刻していきます。
ただそれを読み解くのはとても困難を伴うかもしれません。

またどっぺんさんが探求されたいと仰っていた螺旋輪宝宇宙(ねじりんぼううちゅう)などは、更に上位の在り様にまでたどり着かないと中々難しいところですので、まずは実存(真我)を目指しての日々精進ですね。
先ずはとはいいましたが、実存に在るという在り様に在ることは本当に大変なことなのです。
EO氏は「逆にものすごく単純な事」と断じますが、確かにその通りなのですが、それは完全覚醒してしまった方の言い分でもあります。
(この辺りは言いたいことがいえずものすごく歯がゆいです)
先ほど私は月読之大神の「深謀」と書きました。
また稀有な「事件」とも書いておきました。
そこを察することが出来る方は、この世に存在しないと思いますが、宇宙全史の底の深さは月読之大神の存在によるものだと思います。
そしてその志の高さは五井先生によるものだと思います。
お二人のタッグは果たしてこのオーム宇宙の行く末をどうしようというのでしょうか。

とりあえずどっぺんさんは現状OKですから、そのまま精進なさって下さい。



虚空蔵55


11月の3人(これは再録です)

2018/12/21 No.3692

@どっぺん 2018・11・11
虚空蔵55様 みわ様
日々の深遠なるご指導真に有り難うございます。
今朝の瞑想を今終えたところですが、自分にとっては大きな変容が生じました。
いつも、柔らかいお祈りと世界平和の祈り、月読之大神の祈り、虚空蔵55様 みわ様 宇宙全史への感謝、月読之大神と五井先生のタッグ光線をおろしていただく祈りを繰り返しています。
しばらくして、天照大神、天之御中主大神、植芝先生、アンドロメダの皆様、イルプロラシオンの三人のマスター、EOマスター、地球、宇宙、実存に感謝の祈りを捧げ、本日はその後、月読之大神と五井先生のタッグ光線にひたすら感謝を続けておりました。
そうしたら、私の真中から後ろが全く対象化できない、表象できない「空」になりました。前からそこに空があるだろうとは思っていましたが、初めての体験です。
それからどうしようかと考え、ここは「私」を消してしまうようやろうと、一切皆空、諸法無我、諸行無常、涅槃寂静の言霊を唱えました。
それで初めて、全てが無くなり、均一になりました。中心もなく、ただここにいます。
その後、柔らかいお祈りと世界平和の祈り、月読之大神の祈り、虚空蔵55様 みわ様 宇宙全史への感謝を続けて、瞑想を終えました。
後半のどこかで、大変図々しい身の程知らずのお願いでお恥ずかしいのですが、「月読之大神、連れて行って下さい」と申し上げておりました。
以上です。至らない言葉で小さな体験を書いて申し訳ありません。大変お忙しい時にお邪魔しました。もしお言葉がいただけるようでしたら、お叱りいただければ幸せです。ありがとうございました。




ARIE 2018・11・11
虚空蔵55さま みわさま


こんばんは。お時間の無い中、回答して頂けたこと、本当にありがとうございました。感謝しかありません。私が物語として受け取る信号がエホバのトラップでなくて良かった…と安堵しました。


それと、私の為に非公開情報を一冊…というお言葉を書いて頂いた、そのお気持ちだけで、充分有難かったです。私が自分で紐解けるようになれば、虚空蔵55さま、みわさまに、エネルギーを使わせてしまうこともないのだろうなと思いました。そう思っていると、ふと、頂いた回答から、私なりに気づくことがありました。


お時間がないほど、お忙しい状況と分かっていますが、気づいたことを投稿だけはしておこうと思いました。以下は私のつぶやきだと思ってください。


>あなたの場合は「あなたの意図」=「ほぼ集合魂の意図」に近くなっています。
>ですのでその点はあまり心配ないのですが、逆にそれだからこそ根こそぎ心>配しなければならないということもあるのです。


書いて頂いたように、私の意図と集合魂の意図はほぼ同じであるならば、私自身を良く観れば、集合魂がどういう方向性を持った人々の記録の融合なのかが分かる…私の集合魂も、私が考える意図と同じように、地球の大転換時代を選んで生れた人々の目覚め、進化、意識のレベルアップの探求や促しをしたい…という方向性を持つのであれば、


ここで仮定として考えられるのは、


この人たちは、地球のみならず宇宙のどこかのアセンションの局面に、いつも関わりながら、役割を果たせなかった人生経験を持つ人々の集まりなのではないか?と。故に、焦りや、生き急ぐかのように、今度こそは成すという思いや、こだわりが強い。その集合魂の代表選手が私であるなら、この時期に来て、突如物語が降りるようになったというのは、創造性を発揮することが面白いと思わせるだけではなく、


実は何度もあきらめやエゴによる過去の失敗の轍を踏まないように、今度こそは地球のアセンションに役立つように、私自らに集合魂の歴史を紐解かせ、垣間見せ、陥りやすいエゴも何もかも自覚させようと、記憶や歴史の残滓を物語として降ろしているのではないか…


それが、今、私に衝動的なまでに書かせたいと思う物語が降りてくる意図なのかもしれない…と思えたのです。たまたま、14キャストという人物たちの設定があるので、彼らを過去の集合魂の、あらゆる人物たちに見立て動かし、私に自ら書かせ、読ませようとしているのではないかと。


もし、その仮定が、集合魂の意図として的を得ているのならば、ワサワサと書かせられる物語の世界観とバックグラウンドの内容に合点がいくのです。


果たして、そんな仮定は成り立つのでしょうか?もしも、この仮定が成り立つのなら、集合魂がどんな宇宙的な歴史の背景を持つのか、私に降ろされる物語を通じて理解してみたい気持ちもあるのです。


ただ、例え、そうであったとしても、エネルギーを使うことには変わりありません。こういうやり方でやりたい…と思う、そこが集合魂のエゴなのだろうなと思わなくもないのです。


分岐点の謎解きがあるので、物語を継続するにしてもエネルギーを維持しながらの匙加減であることには違いないのですが…。そこは五井先生に委ねながら、できるものなら全部、自分で紡ぎ出して読んでみたい…そんな衝動があるにはあります。


今回、この時期に幸いにも宇宙全史にご縁させて頂いているということは、集合魂よりも高い位置に在られる宇宙の慈悲のエネルギーである五井先生に委ねてしまう方が集合魂の目的を成す手法としては、とても楽なのだろうと思います。


ちなみに、私が書き始めた物語(ライトノベル)のバックグラウンドというのが以下です。地球と銀河が絡んで、今、またアセンションする宇宙の巡りの時。過去、アセンションの局面に関わりながら何回も失敗している因縁の魂を持つ変わり種の14人の人物たちが、過去世の記憶もないまま、地球の覇権国と新興国が長く争う狭間で、ある出来事をきっかけに、銀河や地球のあちこちから引き寄せられるように出会い集まっていきます。


奇怪な事件が起こる中、両国の争いの構造に疑問を持ち始め、仕組まれた地球の構造と、これまでの地球の歴史の背景には銀河全体をコントロールしている何者かがいつも関与していることに気づき、そのコントロールを終わらせようと14人は盲目だった人生から目覚め成長していきます。


地球の大規模なアセンションのカウントダウンを目前にした3か月前、14人がアセンションを担う役割があると知り、同時にひとりひとり違う、アセンションに必要なエネルギーアイテムがあると知らされます。


それを全員が探し出し、覇権国のある場所にそれぞれ設置しエネルギーのクリアリングを行わなければ地球はまたディセンションしてしまうということを知ると、緊迫感の中、各々が全身全霊で自分と向き合い、地球のアセンションに必要なエネルギーアイテムを命懸けで探しだそうとする。タイムリミットが迫る中、今度こそ、地球のアセンションを成功させる魂的な役割を、彼らは果たせるのか?


と、銀河と地球がベースの架空の世界観ですが、今の地球の世界情勢的なものと、宇宙全史の陰始のような隠れたラズボス的な存在と人々の盲目な心理や比喩を加味して、虚像と真実を創造的に織り交ぜて、盛ってはいます。


登場人物は(2489歳の金髪碧眼だけが取り柄な宇宙人の王さま、宇宙クラウド研究の真面目な博士、電磁迷彩システムを見通す特殊な目を持つ若者、何百歳も生きてる宇宙錬金術師、ハニトラをするほど美しい男スパイ、宇宙クラウドからダウンロードして大型宇宙船を創る女性将校、


屈強なのにメロドラマが好きな戦士、元ギリシャ神話のアテネ、誘拐され宇宙海賊のエースになった王女、妖狐と人間のハイブリット、落ちこぼれた神様、地球環境を密かにクリーンにしている妖精、魂が入ったアンドロイドなど)


かなり面白おかしくディフォルメしていますが、形質は人間が持つ様々な闇と光、両方を分かりやすく人物の特徴として表しています。ひとりひとりに人生の背景が色濃くあり、オムニバスストーリーとしてもいくらでも書けそうなのです。今、付けている題名は、NE銀河アセンション伝説です^^


この先、どんな展開になるのか、私自身が物語の主人公の如くではありますが
祈りの中で五井先生のエネルギーに委ねていこうと思っています。


世界が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が全うされますように
五井先生、月読之大神
虚空蔵55さま、みわさま

いつも、ありがとうございます。




B伊藤 滋隆 2018・11・13
虚空蔵55さま、みわさま、

質疑応答4、ならびに、質疑応答5の発行ありがとうございました。

質疑応答5の目次を見たとき「宇宙全史登山部」の字が並んでおり、
宇宙全史登山部に関わる私ですので、何が書かれているのか楽しみにしておりました。
本が届いて、早速、宇宙全史登山部の章を開きました。
2010年からの私の書込みが並んでいました。
ざっと斜め読みし、追補17を読んだところ、
ものすごく恥ずかしくなり、
エゴがキュゥゥゥ〜ッと絞め上げられるような感じがして
とても苦しくて、
それ以上、本を読むことが出来なくなりました。
質疑応答5の本を読むことが出来ないまま一週間以上経ち、
ようやく今日、宇宙全史登山部の章だけですが読み終えることが出来ました。

2010年や2012年頃の私、とても変でした。
恥ずかしくて穴に入りたかったです。
こんなみっともない投稿でも、皆様の学びの一助としていただけるのであれば
恥でもなんでも晒したいと思います、と、今日の自分なら言えます。

お恥ずかしながら、今現在でも、
いつも隣(正確には後方の少し上方)にあって
言葉を交わす存在があります。
音声ではなく、のどの奥あたりに、発声の情報(?)として伝わってきます。
うなずいたり、首を横に振ったり、まばたきしたり、指で文字を書いたりもします。
私は、何者と話をしているのでしょうか?
守護霊様をお話出来ているのでしょうか?
それとも、質疑応答4・P35の あおちい様への回答3にあるのと同様に、
濃い粘着度のゾーンや瘴気のところで自問自答しているだけなのでしょうか?
もしご回答いただけるようでしたら、よろしくお願いします。

・・・・・

登山部に関係する追補もありがとうございました。
エベレストが登山家のエゴを食べて成長している山という情報、
なんかわかる気がします。
ヒマラヤやエベレストを目指す登山家たちやヒマラヤ経験者たちには
視野狭窄というか、心を奪われてしまっているような危うさを感じていました。
また、エゴの幼い人たちだな、という印象も強くありました。

まんだらけ登山部の方たちは、いっぱしのアルピニストな皆さんとのことですが、
私は、山というより、大地、自然を面的に味わいたい思いで山に行っているので
アルピニストにはならないと思いますし、なれないとも思います。
歩きで行けるコースを、花や動物を愛で、楽しく、歩き続けたいと思っています。

質疑応答5の他の章も熟読させていただきます。

質疑応答6も楽しみにしています。

いつもありがとうございます。
お待たせしました。

明日はいよいよ待ちに待った?冬至です。

回答は少し後で左に書かせて頂きます。



虚空蔵55

麦茶

2018/12/6 No.3691

虚空藏55様、みわ様、五井先生、月読之大神、いつもありがとうございます。

質疑応答6を今拝読させていただいております。
まだ海様のやりとりを途中までしか読んでいないのですが、
いくと様、海様のコメントが掲示板に書き込まれているのを見て嬉しくなり、ひとまず感謝を申し上げたく書き込みさせていただきました。


いくと様のやりとりの中で、最近自分があれこれ思っていたことの答えが次々と書かれていて、ページをめくる度、目からウロコというか。あれもこれもエゴだったのか!と気づくことができました。
いくと様が諦めずに学んでおられる姿を見て、自分もこんな風に取り組んでこなきゃいけなかったんだ、あー何やってたんだ、と身にしみました。
そしてP.141「その「愛」に反応する「愛」が存在しなかったのです」の所で、取り返しのつかないことをしてきてしまったんだとやっと気づきました。これほどの機会をいただいていたのに、虚空蔵55様、守護霊様ごめんなさい。


このような学びの場をいただいた、いくと様、海様、そして虚空蔵55様ありがとうございます。
質疑応答を書く分のエネルギーがあるのは月読之大神、五井先生のお陰であるとのことで、そのご配慮の温かさ、深遠さがとてもありがたいです。今頃それがわかるのは本当に時間がかかりすぎなのですが…。


私は和歌山県に住んでいるのですが、この所、質疑応答が届く頃になると震度3程度の地震が起こります。初めは警鐘かと怖くて、世界平和のお祈りをしても疲れてしまって、混乱した状態でした。
YouTubeで五井先生のご法話を拝聴し
「地震は起こらずに済むものである」ということを教えていただき、
そして質疑応答6のP.242に
「あなた方はあなた方のエネルギーをどう使おうと自由です。・・・「怒り」「不平不満」「恐怖」に使用して憔悴していくのか、」
とあるように、エネルギーを自ら無駄遣いしていたことを教えていただきました。
今日この日を過ごさせてくれている地球にも感謝したいです。

また、私事な話が続いて恐縮なのですが、
先日夢の中に占い師のような人が出ていらして、
「あなたにとってのキーワードとなる5文字は「ありがとう」です。」
「このまま行ってたら死んでたよ。」と教えてくださいました。
おそらく守護霊様からのメッセージだったのだろうなと思い、
それから部屋の模様替えをして、やってみたかったことをしてみたり、
少しずつポジティブな方向へ動いてみようとしてみています。
11月は特に(質疑応答5を拝読してしばらくは良かったのですが)食欲・性欲・睡眠欲、それにダラダラとスマートフォンのゲームをやり続けたり、エゴが増幅した生活を送ってしまったように思います。
いくと様への助言にありましたように「自分で「できるはずがない」と思い込んでいる」部分をもっと解放していきたいです。

そして自分にとって一番無駄にこだわっていた
「自分でなんとかしなければ」=「誰にも干渉されたくない」という部分がありました。守護霊様にさえ干渉されたくないと、勘違いも甚だしい、間違った自立心を「当たり前」だと思い込んでいました。(守護霊様ごめんなさい)
そんな考えだったので、上の方達への感謝ができない、上の方からの支援を受け取ることに自分で許可を出せない状態でした。
質疑応答6のお陰で、「こだわっていたことは全部エゴだった!手放していいんだ!」とすごく楽になった気持ちです。やっと自分に許可を出せます。こんな自分ですが、守護霊様、守護神様、これからどうぞよろしくお願いいたします。
とりとめのない文章になってしまいました…申し訳ございません。

いろいろと日々思うことはありますが、世界平和のお祈りに委ねて進んでいきたいです。
まずは皆様に御礼を。
ありがとうございます。

2018・12・5