宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。
あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

SO&SO

2017/1/18 No.342

お待たせしました、本日より非公開情報10の予約受付を開始します。
(発行日は1月25日です)

ご希望の権利者様は、当ページ左上の「宇宙全史 非公開情報」というバナーをクリックした先にあります「すでに非公開情報の権利を取得済みで非公開情報をご希望の方」という入力フォームをご利用いただくか(「ご用件」の項目には非公開情報10をご希望される旨をお書きください)、パソコンが苦手な方は封書にて必要事項(「お名前」「株主番号(お分かりの方は)」「シリアルナンバー」「電話番号」「メールアドレス(お持ちの方のみ)」「ご希望の配送先」と非公開情報購入希望の旨)を中野店の編集部までお送りください。

(お申込み頂きました権利者様から順番にお代金を振込み願います口座情報をメールもしくは封書にてお知らせいたします・メールの場合はお申込み頂きました翌日中にはお返事いたしますので、それを過ぎましても連絡のない場合はお手数ではありますが迷惑メールの設定を見直した上でご一報ください)


ご確認の上、お手続きをお願いいたします

虚空蔵55

2016/12/28 No.341

非公開情報10の目次です

第一章:「Dr・ミュゼット」
「前世をたどる旅」
戦国時代の薩摩藩
人さらい
ふなという名
出会う三人

「フィリピン(ミンダナオ)」
人さらい
邪悪な子

「ムルタム文明」
物質波動
異界と魂魄界
マッドサイエンティスト
天使と悪魔を造る
邪悪な遊び
カルマの裏セオリー

「何を許すのか」
もう楽になって良い

「ムルタムの影」


第二章「ディアトロフ峠」

「雪山に消えた9人」
いまだに解明されていない世界的なミステリー
何故氷点下30度の夜にテントから防寒具なしで出たのか
全員死亡
謎の死因
目をくり抜かれる・舌を抜かれる
9人以外の足跡なし
雪男(イエティ)説・宇宙人説・陰謀説・内部犯行説…
宇宙全史だけが解ける謎


第三章「大洞窟文明」

PT境界
ペルム紀の大絶滅
1000万年の氷河期
大陸移動の真実

人類は如何にして氷河期を生き延びたのか
当時の地球人口はわずか1万人

洞窟の掟
拒まれた人たち

2億年前のバイオテクノロジー
空調と食料

内部の灯り
ガス・水洗トイレ・照明

鍛冶屋文明
金属加工の職人集団

終末

実験

本書のあとがきと本書のまえがき
スフィンクスの正体
アヌビス神
アポロ11号は月に着陸していなかった

「大洞窟文明」は本来非公開ではないのですが、「宇宙全史」第一巻の英訳本の冒頭に入る章になっています。

しかしそれでは日本人の方は読めませんので今回はサービスでこちらに掲載しました。


また唐突に出てきましたディアトロフ峠の事件に関しましてはその謎の解明が面白く、また皆さんのためにもなる内容でしたので掲載してみました。

今でこそ日本のオカルトテレビ番組でもたまに紹介され、ゲームにもなるほどの認知度になっていますが、事件当初から世界的な謎とされている事件がありました。
それが1959年のソ連で起きたディアトロフ峠事件です。
男女9人のスノーハイカーたちが全員雪山で奇怪な死に方をしています。

2月2日のその夜、彼らはマイナス30度以下の極寒の中テントを張っていました。

それが何故かテントを内側から自分たちで引き裂いて外に裸足で飛び出して、9人全員が凍死しています。

その死体には頭がい骨が陥没、あばら骨が折れて肺に突き刺さっていたり、目玉や舌が引き抜かれている者もありました。

捜索隊が見た現場の雪の上には彼ら9人の足跡しかなく他の存在の確認はできませんでした。

それでは極寒の雪山で何者が何のためにこんな事件を引き起こしたのでしょうか。

この奇怪な謎の原因を究明しようと当時のソ連政府はもちろん世界中のオカルト研究家やマスコミが様々な検証をしましたが、いまだに憶測のみでその真実は明かされていません。

宇宙人説や雪男説、陰謀説や内部犯行説が提唱されていますが、事実は如何なるものだったのでしょうか。

宇宙全史ではこの謎を解明していきます

虚空蔵55

2016/12/22 No.340

非公開情報10の発行が決まりました

おそらく来月中には出せると思います

零一さんと奥様にはお待たせしました。
やっとあなた方の解放の順番が回って来たようですが、これまでと同じように困難な課題が待っています。
でも五井先生がおられますのでお任せして下さい。

目次は来週中に出します

宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

2017/3/26 No.3394

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読の大神、いつもありがとうございます。

 「我慢」について教えてください。正常な我慢とエゴによる我慢の違いとは何でしょうか?感謝の有無でしょうか。「我慢の中から恥を知ることで自ずと出てくる、それがありのまま」と書かれていましたが、人間の成長に必要な我慢とはどのような性質でしょうか。

 収入が数ヶ月ない状態や出口の見えない病気を我慢すること、えらくシンドイです、本当に。我ながらよく折れないものだと感心します。

 それではよろしくお願いします。

2017・3・22
海様

例えば以前上の方が

「我慢することはない」といわれた一件がありました

それは

末期癌などでどうしようもない苦しみの中で

ただ苦しんで死を待つだけの状態

それは我慢しなくてもよいといわれたのです

麻薬などで痛みを抑えるとか

自ら死を選択するとか

それは許されました


つまり「ただ苦しむだけ」という状況は避けても良いということでした

しかしカルマの解消としてある負荷は

やはりある程度耐えられるものなのです

そこは自分でよく見て判断して下さい


末期癌患者の苦しみより深ければ
(これは一つの例ですが)

その苦しみから離脱することは許されています



虚空蔵55

麦茶

2017/3/26 No.3393

虚空蔵55様、みわ様

お返事をいただきありがとうございます。
貴重なお時間と労力を割いていただきすみませんでした。そして他の皆様にとっては学びになるかどうかも分からない、私のような者にも丁寧なお言葉をくださりありがとうございました。
やんわりと翻訳をしていただいたそのご配慮にも感謝です。

今朝お返事を拝読してから、内容を何度も反芻しながら、何とお返事を返せばいいのかとまたモヤモヤ考えてしまいました。それでは今までと変わらないですね…与えていただいた貴重な気付きを無駄にはできないです。

おっしゃっていただいた通り、確かにそんな思い込みが強くありました。鈍く頭を殴られたような気分です。
自分の明るい未来のために、何かに頼ろうとしていた、そしてそんな自分を見ないようにしてきたのだと思います。
守護霊様がせっかく現れてくださっていたのに、来られても困るだなんて酷い言い方をしていた自分。
宇宙全史の書籍やこちらの掲示板の中で、「常識を疑いなさい」「自分をよく見つめなさい」という言葉を何度も目にしていたのに、それを自分に言われているのだと受け止めていなかった、ということだと思います。

まとまらない返事になってしまいましたが、世界平和のお祈りを続けながら、自分を直視することへの恐怖を克服していきたいです。
守護霊様、ありがとうございます。
今日も生かせていただいた事を感謝します。
虚空蔵55様、本当に貴重な機会をいただきありがとうございました。

2017・3・20

麦茶

2017/3/20 No.3392

虚空蔵55様、みわ様、月読の大神様、五井先生いつもありがとうございます。

これまで自分の過去生などあまり興味がなかったのですが、質疑応答を拝読しながら、今後の学びのためには知ることが必要なのではないかと感じています。

もし可能であれば、私の今回の転生の目標やカルマ、それを達成するために今後やるべきことなどをお教えいただけないでしょうか。

今知るべきでないというお返事ならば、それも自分にとっては一つの物差しになるであろうと思います。

又、先日眠っている時に夢か現か判然としませんが、知らない男性の霊のようなものがやって来ました。宗教者のような雰囲気でしたが、神々しい感じはなく…あれはどなただったのでしょうか。
あまり気にはしていないのですが、今後来られても困るので気を付けておいた方がいい点などがあれば教えていただきたいです。

お忙しい中申し訳ありませんが、お返事いただけると幸いです。

2017・3・17
麦茶様

「私の今回の転生の目標やカルマ、それを達成するために今後やるべきことなどをお教えいただけないでしょうか」

●許可は出ません
(まだ時期ではないというニュアンスです)



「先日眠っている時に夢か現か判然としませんが、知らない男性の霊のようなものがやって来ました」

●これはあなたの守護霊様の一人ですよ

あなたは自分の思い込みといいますか「こうあるべき」という観念が強く「守護霊とは神々しく光り輝いていて、過去世も何もかも教えてくれれば自分の未来が開ける」というような勘違いではないのですが、思い込みが現実との乖離を起こしてしまっています

あなたの守護霊さんからです

「己を知りなさい」

直接降りてきた言葉は「身の程を知れ」ですが程よく翻訳するとそうなります

自分をよくよく見なさい

己を真摯に見つめなさい

そういうことのようです


虚空蔵55

港山淡水

2017/3/19 No.3391

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、五井先生

どうも、ご配慮ありがとうございます。

今度は、携帯用のパソコンから送ってみます。

見事に文字化けしているので、自分の未熟さを感じてしまいます。

2月3日に母方の祖母が亡くなりまして、そのころから体調がすぐれなかったり、

自分の体力の限界を感じており漠然とした不安も、文字化けに影響しているかも

しれません。また、最近、母親が一週間ほど寝込んでいるのですが、ボケた祖母が

悪さをしているのでしょうか?


A:20年後、世界人口は半分になる P176より、
「実際の人間の歴史は食い合い、だまし合い、飢餓、裏切り、殺戮、強姦、拷問の歴史なのです。」

B:宇宙全史1 P317より
「氷河期の直前で人間は5000〜1万人、恐竜人間は約2万体、妖怪で1万体前後でした。」

C:宇宙全史1 P340より
「男女とも小さな尻尾がありました。男性の方が目立っていたようですが、
これは恐竜人間との間にできた子供としての記憶をとどめる・・・」

@Aより人類の歴史は邪悪の歴史でもあると思うのですが、Bより恐竜人間の数が

結構多く、Cより初期の人間には尻尾もあったようなので、人類の集合魂に恐竜人間の

経験が混じっているために、邪悪さが増幅したのでしょうか?

A恐竜人間プロジェクトの主要メンバーがエルランティということは、恐竜人間には

イルプラシオン人の魂が多く入ったということでしょうか?それとも、爬虫類型の

宇宙人が地球に来て、そのまま恐竜人間の中に入ったのでしょうか?

B非公開情報10の「フィリピン時代のあの邪悪な男の子」から恐竜人間を強く連想する

のですが、この章は、地球での恐竜人間を因とするカルマ清算の転生の一例ということ

でしょうか?

C普段生活していまして世間知らずなものですから、人の建前の部分しか見えず、

失敗することが多々あります。なかなか人の本質の部分が見えません。人間の本質を

過去世にさかのぼって赤裸々に書かれているのは宇宙全史の非公開情報だけだと考えて

おります。私はEグループの権利者ですが、以前の非公開情報も読んで生活の知恵に

変えたいと考えております。

Cグループへのグループ変更の審査をよろしくお願い致します。

文字化けしませんように。

世界人類が平和でありますように

五井先生ありがとうございます。

2017・3・17

港山様

@Aより人類の歴史は邪悪の歴史でもあると思うのですが、Bより恐竜人間の数が

結構多く、Cより初期の人間には尻尾もあったようなので、人類の集合魂に恐竜人間の

経験が混じっているために、邪悪さが増幅したのでしょうか?

●人類の集合魂と恐竜人間のそれがまじわるということはほぼありません



A恐竜人間プロジェクトの主要メンバーがエルランティということは、恐竜人間には

イルプラシオン人の魂が多く入ったということでしょうか?それとも、爬虫類型の

宇宙人が地球に来て、そのまま恐竜人間の中に入ったのでしょうか?

●どちらも違います



B非公開情報10の「フィリピン時代のあの邪悪な男の子」から恐竜人間を強く連想する

のですが、この章は、地球での恐竜人間を因とするカルマ清算の転生の一例ということ

でしょうか?

●あの少年と恐竜人間とはあまり関係がありません(恐竜人間ほど濃い邪悪さはないのです)

ただ彼の育った島の信仰における神に恐竜人間の影響はありました

しかしそれもその神に恐竜人間が「憑依」するという形であったのです



CCグループへのグループ変更の審査をよろしくお願い致します

●グループ変更のハードルは高いのですが許可が出ています



虚空蔵55
(追加:最近、母親が一週間ほど寝込んでいるのですが、ボケた祖母が

悪さをしているのでしょうか?

●多少それも関係ありますが、あまり気にしなくても大丈夫です)

港山淡水

2017/3/16 No.3390

�$B!!K20年後、世界人口は半分になる P176より、
 「実際の人間の歴史は食い合い、だまし合い、飢餓、裏切り、殺戮、強姦、拷問の歴史なのです。」

�$B"!K1'ChA4;K#1!!P317より
 「氷河期の直前で人間は5000〜1万人、恐竜人間は約2万体、妖怪で1万体前後でした。」

�$B#!K1'ChA4;K#1!!P340より
 「男女とも小さな尻尾がありました。男性の方が目立っていたようですが、これは恐竜人間との間
  にできた子供としての記憶をとどめる・・・」

@&#65533;!!K$h$j?MN`$NNr;K$O!"<Y0-$NNr;K$@$H;W$($k$N$G$9$,!""!K#!K$h$j?MN`$N=89g:2$K2?BN$+62N5?M4V$,
   まじっているために、邪悪さが増幅したのでしょうか?

A恐竜人間プロジェクトの主要メンバーがエルランティということは、恐竜人間にはイルプラシオン人の
 魂が多く入ったということでしょうか?それとも、爬虫類型の宇宙人が地球に来て、そのまま恐竜人間の
 中に入ったのでしょうか?

B非公開情報10の「フィリピン時代のあの邪悪な男の子」には恐竜人間の要素が強く残っていたということ
 なのでしょうか?

C普段生活していまして人の建前の部分しか見えず、失敗することが多々あります。なかなか人の本質の
 部分が見えません。人間の本質を過去世にさかのぼって赤裸々に書かれているのは宇宙全史の非公開情報だけ
 だと考えております。私はEグループの権利者ですが、以前の非公開情報も読んで生活の知恵に変えたいと
 考えております。Cグループへのグループ変更の審査をよろしくお願い致します。

2017・3・5
港山様

文字化けする質問はほぼすべてスルーしていましたが、どうも心身の動揺だけがその因ではないようでした

お使いの機器類とご自分の相性もあるようです

それが約30%ほど占めるようですので、再度心を落ち着けてお送りいただけるでしょうか

または端末を変更してお送りください

しばし待ちます



虚空蔵55

家田泰明

2017/3/16 No.3389

虚空蔵55様、みわ様、色々有難うございます。
今は五井先生の「運命を恐れるな」が身に沁みます。
「自分で何とかしないといけない」、それが今回の件で強く出たのだと思います。時には運命の流れに身を任せてしまうそんな諦めとは違う委ねきる事も必要なのかも知れません。現在は自動車のラインに応援に出ていますが、とても勉強になります。航空業界の生産現場とはコストに対する意識も違いますし、何よりお金を掛ける事を余りためらっていない様に感じられます。その分、とてもきついですが。この業界に居ると「自動車と航空機は違うから」と言う発言を耳にしますが、両方見た限りでは、航空機業界の変な自分たちの方が高度な事をやっているみたいな意識は明らかにただの無用の長物ですね。本当に航空機で利益を出したいなら一度、自動車のラインに入って見るといいのですが、上層部はやらないでしょうね。

久しぶりなので皆様の書き込みをゆっくり拝読いたしますが、まさか同じ業界に同志が居るのに驚きました。きっと一人だろうなと思っていましたのでチョット驚きました。夢の中で、大勢の人の前で世界平和の祈りを私がしていました。余り自覚のない私ですが、今後もよろしくお願いします。

2017・3・12

アレクサンドロス

2017/3/11 No.3388

虚空蔵55様、メッセージありがとうございました。
SO&SO様、ご連絡と対応ありがとうございました。
許可を頂いてから数日で冊子を読む事ができました。
本当にありがとうございます。
「何を許すのか」の章を読む事ができました。

私は、私自身の本性・真実・行ってきた事を知った時に、受け入れる事が出来るのか、対峙出来るのか、逃げない無視しないで居られのか、全てを自分を許す事が出来るのか。という事が「覚悟する」という事なのか?とNo.10を読後に思いました。

怖い峠のお話ですが、私は私自身が怪物に成りえるに近い因子を持って居るように思います。何故そう思う理由は、飛行機が離陸する際にエンジンが高速回転し離陸するまでの数分間、エンジンが爆発するイメージが強く頭に浮かぶからです。夏のお盆と年末の二回、往復4回必ずイメージしています。周囲は時期的に家族連れの多い乗客の景色です。私はイメージが出ると以前は信仰していたお祈りをして居ました。年末年始は五井先生のお祈りを心中で唱えました。私自身のもつフラストレーションが、叉は本性に破壊破滅願望があるのかも知れません。お祈りでそうした想いを溶かしていきます。

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、五井先生、皆様、ありがとうございます。

アレクサンドロス

2017・3・5

伊藤滋隆

2017/3/11 No.3387

虚空蔵55様

三ノ宮神社から登ったということで正面登山道かと思いましたが
起点は同じで、3合目で登山道と合流する林道の方ですね。
自分も同じルートで行ってみたいと思います。
ありがとうございました。

2017・3・5

伊藤滋隆

2017/3/11 No.3386

↓(下のNo3383の前に来ていたメールです・前後してスミマセン・虚空蔵55)


虚空蔵55様


回答ありがとうございます。

虚空蔵55さんが修行で伊吹山行かれたのが2011年の4月ですので
6年も前になるのですね。細かいことは記憶も薄くなりますよね。

伊吹山パラグライダースクールという建物が三ノ宮神社の区画の
隣にあり、正面登山道の二合目あたりにもパラグライダースクール
の施設があるのようなので、やはり三ノ宮神社からの正面登山道のようですね。

自分も正面登山道から登り、伊吹山の息吹を感じに行ってみたいと思います。

・・・・

No.3372の書込みにタイプミスがありました。
×日出山→○日の出山。でした。

日の出山は展望が開けていて気持ちの良い山ですね。
つるつる温泉はアルカリ泉ですっきりしたお湯でした。

書こうと思っていて書き忘れましたが、
高尾山系、高尾山口駅〜陣馬山〜藤野駅の所要時間は
休憩込みで8時間50分でした。
普通の登山歩行者のペースです。
荷物は湯沸かしセットや故障者用のサポーター等もあり10s位になっていました。
再び行くときは、もう少し荷を減らしペースを速めてみようかと思っています。

過去2回の山行で反省点がひとつあり
それは、(遅くならないように)ペースを維持し、
設定コースタイム通りに歩こうとするあまり、時計とメモ帳ばかり気にしていて
山や自然を味わうことに集中できなかったという点があります。
いちど歩いた山を再訪すれば、不案内ゆえの余裕の無さが減り
もう少し、山あるいは修行に集中できるようになるかも知れません。
いろいろ試してみようと思います。

・・・・

日々の暮らしの中で「楽しい時間」を作れるように、努めてみます。

ありがとうございました。

2017・2・26

RIE

2017/3/4 No.3385

虚空蔵55さま みわさま 月読之大神さま

こんばんは。


>生命とは知覚するもの。という回答
なるほど〜と思う反面、進化は幻想、希望、願望に過ぎないという言葉は、しばし、考えさせられました。


無限に果てしない宇宙の中で、起こっていることに思いを馳せると、そうなのかもしれないな…と、創造することはできました。


地球のみならず、どの宇宙、どの次元に行っても何京年…いえ、いえ、もっともっと長い時の中で、機能的なもの、姿形、文化、あらゆる面での進化が頂点に行くと衰退、崩壊、消滅、再生が繰り返されているだけで弱肉強食、栄枯衰退の無限大のループの軌道から出られない…ということなのでしょうか?


生命とは、永遠とそんなことを、繰り返しているだけ。「生命の進化」とは、その「永遠の繰り返しから離脱すること」であるとするならば、本来、私たち人間のような愚かな生命体では知覚すらできない領域なのでしょうか。


無限の宇宙から観た時の、「生命の真の進化」においては絶望的だとしても、とりあえず、私は思うのです。地球の今の文明は衰退期であったとしても、太古の昔から比べると途方もなく便利に進化しました。


物質の進化とは逆に、魂の進化はおぼつかなくても、因果律で成り立つ地球の中で、日々、人や生命との交わりによって、昨日の自分より今日の自分が少しでも「進化」できたと思えることに取り組んで、気づきが起これば


進化のない位置にいた時の自分より生きることが「ちょっとだけ楽になる…」人は進化することで、進化しない時より、苦しみのある位置から、解放されて、生きることが楽になる、そう、私は認識してきました。


あらゆる面で、ちょっとだけ楽になる事の繰り返しが、進化する人生。ちょっとだけ楽になって、また、因果に遭遇し、直視して、もがいたり、祈ったり、覚悟して、目の前のことを成す為に行動したり、そして超えたり、手放したりで、前よりもまた、ちょっとだけ進化して楽になり、生きやすくなる


そんなことの繰り返しの中で、時は過ぎ、いつしかこの肉体を脱いで還るまでには、進化する意識さえも、どこかすっかり忘れて幼子のように(ボケ老人ではなく)ただ在るだけで、すべてが楽で、喜べる…


因縁因果を抱えて生まれた時よりも、今回は1センチでも1ミリでも、そんな境地に近づくことができたら、僅かながらの「地球上での進化の在りよう」なのかも。当面はそこを目指せる今を生きてみようと、改めて、思えてたのでした。ありがとうございました。

2017・2・25
RIE様

「消滅、再生が繰り返されているだけで弱肉強食、栄枯衰退の無限大のループの軌道から出られない…ということなのでしょうか」

●この宇宙の中、あるいはこの宇宙を超えた無数にある宇宙の中ではその通りです
(ただそうした搾取しされる、支配しされる、奪われ奪うという輪廻からの解放はあります。それが完全覚醒です)




「本来、私たち人間のような愚かな生命体では知覚すらできない領域なのでしょうか」

●その通りです

あなたは宇宙全史の講師をはれるだけの方ですからある程度の理解力と力があります

しかしあなたより遥かに上位の存在さえも

その存在を遥かに凌駕するする存在さえも

そのまた存在を遥かに超える存在さえも

さらにこの宇宙を統べる

月読之大神よりも

オーム宇宙という一つの大宇宙を

まさに無限個に近く集めた

その存在自体が恐ろしいとも思える

巨大で無慈悲で

それでいて壮大で

蠢き

留まり

黒く輝き

渦巻く

その頂点にある存在

あるいはその最下層の頂点にある存在

人智では到底及ぶ術もない

その存在さえも

超えていった

完全覚醒者たち

しかしその稀有な

完全覚醒者たちすらも

遥かに凌駕する

「存在」

いやそれを何と呼べばいいのか

すでにそれは「存在」ですらない

あなたは人類で

初めて

この事実を知ったのです

しかしおそらくあなたにとっては

何も変わらないことでしょう

日々のやるべきことは続いていき

日々のあなたの思う「進化」を

愛でる日々

しかしそれはあなたという存在を超えたところにある

因果律により

搾取し奪われていくもの

完全覚醒者さえも

管理され

支配され

コントロールされる

宇宙

それでも私は

あなた方を

幸せに導き

更に望むのなら

覚醒を

更に完全覚醒に

導く用意はあるのです



虚空蔵55