宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。
あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

虚空蔵55

2017/4/13 No.343

本来なら書くべきではない事項かも知れませんが「来るべき世界(続20年後世界人口は半分になる)」には間に合いそうもないので、一つの可能性として書いておきます。

すでに右のBBSでも皆さん心配しておられますが世界の動向はあまりいい方向には向かっていないような感じです。
ここをご覧になっているほとんどの方は日本人ですからやはり今は北朝鮮のミサイルや核の問題が気になっておられるかと思います。

しかし地球の紛争の中心は中東にありますから、今後もあそこを起点としてアメリカ、ロシア、中国、ヨーロッパ、さらにそれに関わる各国が色々画策したリ、実際に実力行使をしたりしていきます。


「一つの可能性」と初めに念を押したのは北朝鮮の事で、アメリカは北朝鮮が核を手中にする前に先制攻撃をしようとはしていますが、その前後におそらく金正恩(キムジョンウン)は暗殺されるかも知れません。
実行犯は内部のものですが、謀るのは中国です。
そして暗殺後は中国寄りの指導者が立つことになるでしょう(というより中国の傀儡政権といった方が正確です)。

皆さんは「20年後…」の本をお読みになっていると思いますから、お分かりだと思いますが、これはあくまでも一つの可能性として聞いておいて下さい。
現実はまた全く異なる方向に進むかも知れません。

現状はあまりにも複雑な各国の思いと戦争屋(武器商人など)が絡み合い、どこに何が起きるかという事象の特定は益々不確実なものになって来ています。

それでも(続20年後の世界人口は半分になる)「来るべき世界」は書いておかねばならない本で発行を急がされていますから何とか仕上げたいとがんばってはいますが、世界の方がどんどん先に進んでいってしまうという何とも大変な状況になって来ています。


今後もとりあえず出す情報として「先を越されそうなもの」はここに出していこうと思っています。

SO&SO

2017/1/18 No.342

お待たせしました、本日より非公開情報10の予約受付を開始します。
(発行日は1月25日です)

ご希望の権利者様は、当ページ左上の「宇宙全史 非公開情報」というバナーをクリックした先にあります「すでに非公開情報の権利を取得済みで非公開情報をご希望の方」という入力フォームをご利用いただくか(「ご用件」の項目には非公開情報10をご希望される旨をお書きください)、パソコンが苦手な方は封書にて必要事項(「お名前」「株主番号(お分かりの方は)」「シリアルナンバー」「電話番号」「メールアドレス(お持ちの方のみ)」「ご希望の配送先」と非公開情報購入希望の旨)を中野店の編集部までお送りください。

(お申込み頂きました権利者様から順番にお代金を振込み願います口座情報をメールもしくは封書にてお知らせいたします・メールの場合はお申込み頂きました翌日中にはお返事いたしますので、それを過ぎましても連絡のない場合はお手数ではありますが迷惑メールの設定を見直した上でご一報ください)


ご確認の上、お手続きをお願いいたします

虚空蔵55

2016/12/28 No.341

非公開情報10の目次です

第一章:「Dr・ミュゼット」
「前世をたどる旅」
戦国時代の薩摩藩
人さらい
ふなという名
出会う三人

「フィリピン(ミンダナオ)」
人さらい
邪悪な子

「ムルタム文明」
物質波動
異界と魂魄界
マッドサイエンティスト
天使と悪魔を造る
邪悪な遊び
カルマの裏セオリー

「何を許すのか」
もう楽になって良い

「ムルタムの影」


第二章「ディアトロフ峠」

「雪山に消えた9人」
いまだに解明されていない世界的なミステリー
何故氷点下30度の夜にテントから防寒具なしで出たのか
全員死亡
謎の死因
目をくり抜かれる・舌を抜かれる
9人以外の足跡なし
雪男(イエティ)説・宇宙人説・陰謀説・内部犯行説…
宇宙全史だけが解ける謎


第三章「大洞窟文明」

PT境界
ペルム紀の大絶滅
1000万年の氷河期
大陸移動の真実

人類は如何にして氷河期を生き延びたのか
当時の地球人口はわずか1万人

洞窟の掟
拒まれた人たち

2億年前のバイオテクノロジー
空調と食料

内部の灯り
ガス・水洗トイレ・照明

鍛冶屋文明
金属加工の職人集団

終末

実験

本書のあとがきと本書のまえがき
スフィンクスの正体
アヌビス神
アポロ11号は月に着陸していなかった

「大洞窟文明」は本来非公開ではないのですが、「宇宙全史」第一巻の英訳本の冒頭に入る章になっています。

しかしそれでは日本人の方は読めませんので今回はサービスでこちらに掲載しました。


また唐突に出てきましたディアトロフ峠の事件に関しましてはその謎の解明が面白く、また皆さんのためにもなる内容でしたので掲載してみました。

今でこそ日本のオカルトテレビ番組でもたまに紹介され、ゲームにもなるほどの認知度になっていますが、事件当初から世界的な謎とされている事件がありました。
それが1959年のソ連で起きたディアトロフ峠事件です。
男女9人のスノーハイカーたちが全員雪山で奇怪な死に方をしています。

2月2日のその夜、彼らはマイナス30度以下の極寒の中テントを張っていました。

それが何故かテントを内側から自分たちで引き裂いて外に裸足で飛び出して、9人全員が凍死しています。

その死体には頭がい骨が陥没、あばら骨が折れて肺に突き刺さっていたり、目玉や舌が引き抜かれている者もありました。

捜索隊が見た現場の雪の上には彼ら9人の足跡しかなく他の存在の確認はできませんでした。

それでは極寒の雪山で何者が何のためにこんな事件を引き起こしたのでしょうか。

この奇怪な謎の原因を究明しようと当時のソ連政府はもちろん世界中のオカルト研究家やマスコミが様々な検証をしましたが、いまだに憶測のみでその真実は明かされていません。

宇宙人説や雪男説、陰謀説や内部犯行説が提唱されていますが、事実は如何なるものだったのでしょうか。

宇宙全史ではこの謎を解明していきます

宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

RIE

2017/5/16 No.3423

虚空蔵55さま みわさま 


こんばんは。ご無沙汰しております。
世界の変化とリンクするかのように、私もまた、加速されていく変化と選択、覚悟を問われる日々の中にいました。


以前に虚空蔵55さまが、返答して頂いた以下のことについて、具体的にこういうことなのか…?と感じざるを得ない現実と、今、対峙しているかのようなので、質問させて頂こうと思います。


以下

>しかしおそらくあなたにとっては
>何も変わらないことでしょう
>日々のやるべきことは続いていき
>日々のあなたの思う「進化」を
>愛でる日々


>しかしそれはあなたという存在を超えたところにある
>因果律により
>搾取し奪われていくもの


これを書いて頂いた3月の時は、具体的に一体何を指すのか?どこか茫洋としていました。


2か月の時が過ぎる中、ようやく、私の魂の意図をベースに創ったコンテンツやシステムも出来上がり、宇宙全史の内容なども踏まえ、できるだけ多くの人に知って頂く準備ができてきました。その為には、私だけの視点ではなく外部の人の視点や力を借りざるを得ない時期が来ていると思っていました。


しかし、


陰始が創ったこの社会の仕組みが、当たりまえと思っている人々に、そのままを伝え、仕事のパートナーとして組もうとすれば、ビジネスにはならないと言われ、どこか歪められ、時にビジネスという名前の、善意の仮面をかぶった搾取のルールの中に否が応でも絡めとられていくしかないのか?と思えることに頻繁にぶつかります。


私の中では、これまでのその仕組自体にしがみ付くことを手放せるマインドを提唱したいと思っている部分もあるので、迎合する訳はないだろうと思うのですが、そんな学校では習わない、聞いたこともないようなことは、微塵も理解できない人が、プロといえども普通です。


私は、自分自身の心が示す方向性に妥協することはないのですが、その妥協しないという思いが「壁」になり、逆に、拡散することは叶わず、目指す魂の意図を阻んでしまっているのか?という葛藤が生じます。


そして、こういった葛藤が、虚空蔵55さまが言われる私のエネルギーを搾取し奪っていくのだろうかと?


ここ数か月、自然環境から私に来るサインを読むと、私の意識とは裏腹に「これまでの私の認識を変えて、もう少し見せ方を世の中受けするように」ということであったり、「誰もが持つカルマ的な感情を指摘するより汲んで寄り添う表現」が必要…そんなことを示唆するものが頻繁に、降りるのです。


私の中に無かったこれらの視点を汲み取りWEBなどで発信していくものに体現するには、やはり、私の意図する魂的な思いは、ほとんど分からないであろう「対極目線」を持つ人々、もっと、言えば、「そんなことは分かりたくもない」と思うビジネスのプロと言われる人々…私にとっては異質の人々と組むことが今、必要課題なのか…?と


そんなことを頭の中で問いかけていると極め付けのように、昨日「対極と交わるとどうなるのか」という題で「核融合」を例えにした出口王二仁三郎さんのお孫さんが書いたメルマガが目に飛び込んできました。


以下、


「核分裂と核融合は違います。核分裂は、一つの原子が別れて崩壊すると、大きなエネルギーと放射能が出る。ところが本来交わらない原子が交わると、核融合が起こる。放射能はほとんど出ず無限に近いエネルギーを出す!


人の場合もそうです。


対極の人が交わればビジネスも成功します。なぜなら対極の人は、あなたが価値を置かないものに価値を置きあなたが見えないものが見えるからです。そこでビジネスの穴がなくなります。しかし、それには大きな心理的な抵抗があります。それをどう乗り越えるかがポイントなのです。また、それができて初めて、世界の平和も来るのです…と。


協会というシステムを取った時から、過去にも、パートナーを組もうとすると、ビジネススキルはあっても、魂的な視点までは、持ち合わせない価値観の違う人々が現れました。


私に無いビジネス視点を学ばせて頂けるのですが、そのたびに私はエネルギーを消耗してしまう(たぶん互いに…)ということが起こりました。


「私の思う魂のミッションを成すこと」と陰始の作った社会システムの「ビジネス」。これは、どう考えても融合しないのではないか…


しかし、私に、それを促すかのような今の環境からのメッセージは果たして、正しいのか?読み違えてはいないか?こうやって社会のビジネス目線の中に迎合することで魂の意図するエネルギーを吸い取られていないのか?


それとは逆に、ある程度の妥協と私のエゴを捨て、視点の違う人々と融合することこそが、私の今の課題なのか?こういったままならない試行錯誤をしたことで、虚空蔵55さまが前回、最後に書いてくださった


>完全覚醒者さえも
>管理され
>支配され
>コントロールされる
>宇宙
>それでも私は
>あなた方を
>幸せに導き
>更に望むのなら
>覚醒を
>更に完全覚醒に
>導く用意はあるのです


こういう境涯に行けたなら、どれだけ良いだろう…と、このことを、心から望むようになった私がいます。


質問@
今、「どう選択」すれば、その境涯への道に、迷わず少しでも近づけるのでしょうか?


質問A
そして、今の流れは、因果律により奪われている流れなのか?それとも、単に、違う視点を持つ人々との融合という、私のステップアップの課題なのでしょうか?


質問B
私が、綱渡り人生から落っこちない為に、そして、現在、私にご縁している方々の為にも、ヒントを頂けるとありがたいと思っています。
よろしくお願い致します。

2017・5・14
RIE様

質問@
今、「どう選択」すれば、その境涯への道に、迷わず少しでも近づけるのでしょうか?

●自らのエゴと自らの真我の欲求を振り分けることです。

それにはエゴを薄くするという作業以外に方法はありません。
太陽のように真我はただそこにあり(おそらく私たちにとっては)永遠不滅ですが、地上の雲に覆われてしまえば隠れて見えなくなってしまいます。

あなたのエゴが何であるか、あなたが何にとらわれているのか、そこを見つめてみるといいかも知れません。



質問A
そして、今の流れは、因果律により奪われている流れなのか?それとも、単に、違う視点を持つ人々との融合という、私のステップアップの課題なのでしょうか?

●両方です。

つまりあなたが異なる視点を持つ方たちと交わることで、そこに生じる軋轢のエネルギーが(因果律というよりも)単純な搾取のセオリーに基づいて奪われています。

透徹した上位の方たちというのは本当の本当に慈悲の方たちです。
だからこそ私もその指導に従っているのですが、しかし彼らにしても「こちらを向かぬ者に手出しは出来ぬ」で、「どうしてもこちらを向かせてみよう」などという厄介を背負い込むような愚かな真似はなさいません。

そこはもうどうしようもないといいますか、この宇宙全史では初期の頃によく申し上げていたのですが、このオーム宇宙では何をしても良いという(それこそ)因果律が存在しています(もちろん因果律ですから因果応報も存在します)。
その「自由」の中には「何を選択しても良い」という基本的な事由があり、それが例え間違っていようがバカな選択であろうが、その自由は尊重されるのです。

それを無理くり「あなたは間違っているのだからこっちに来なさい」ということは出来ないし、やっても双方共に混乱するだけなのです(それが今のこの世界の有り様なのですが)。

「異なる視点を持つ人たちとの融合」が意味を持つのは今いったように地上での話です。
融和や調和は大切ですし、地上における有効な共存へのメソッドになります。
しかし宇宙全史のロジックが絶対とはいいませんが、それでも二元性の中のやり繰りと混同してはならないのです。



質問B
私が、綱渡り人生から落っこちない為に、そして、現在、私にご縁している方々の為にも、ヒントを頂けるとありがたいと思っています。
よろしくお願い致します。

●今はまだあなたの裁量の範囲で出来ることを地道にやることです。

時が来れば自ずと道は開けていきます。

悩むのはエゴだけ



虚空蔵55

いくと

2017/5/16 No.3422

虚空蔵55様、みわ様

ご無沙汰しております。今朝方、夢のなかで嬉しい一事があり、ご報告したくまいりました。

私の祖母は宗教的な意味で何やら怪しい団体の会員だったらしく、その団体の新聞やアイテムなどが祖父母の家にあったのを覚えています。

私が小・中学生のころに聞かされた音声テープがあるのですが、「そういえばこういう感じの内容だった」と夢が覚めてから思い出したのですが、夢の中ではまた別のアイテムのガラス玉が登場しました。

夢の中で、道場みたいなところで知らない男と組合をして、一応勝って?(子どもが遊ぶときの感覚で結構楽しんでいました)、その後にそのガラス玉が登場しました。

このガラス玉はたしか直径5センチぐらいあり、私はこれは物理的な武器として使えると思ったらしく、しかしすでに組合は終わっていたので使い途がなく放り投げてしまいました。

そしたら身内の者(の姿をした別人?)の鼻頭に当たってしまい、それを謝っていたら、その者が「これはもう使わないか?」みたいになったので、「いらない」と自然と言うことが出来ていました。

それで目が覚めて、これでようやくネックの一つから開放されたのではないかと喜んでいます。

本当にありがとうございます。宇宙全史を知らなかったら、この快事もなかったことです。



またこれとは別件になりますが、心の変化があり、ようやく

「同じ出来事でも喜びを選択するか、悲しみを選択するかはその人次第」

という旨の、何年も前に書き込まれていた内容の意味が少しく理解できたように思います。

自分は喜びを選択するということが出来ていなかった、とようやく自覚できました。

やはり喜びを生み出せるような選択をしていきたいと思った次第です。

ありがとうございます。



それと何個もすみません、ついでに書かせてください。

これもやはり夢の中で、なぜか一生懸命走っていたのですが、太ももの付け根が動きに追いつかず、ここを改善しなくてはいけないと気付かされました。

その筋肉の部分を意識すると、たしかに動きやすく、柔軟性や姿勢もよくなります。

呼吸を深くする姿勢がようやく掴めて、呼吸が浅いのも改善できそうです。

長い間、体の感覚や姿勢に違和感があって、違和感を解消するために試行錯誤していて、ジムに通い始めて少しずつ体もほぐれては来ていたのですが、それが太もものことで、一つ大きな改善ができたように思います。

ありがとうございます。



最後にもう一つ。

なんとなく寝苦しくなった夜があり、夜中に目が覚めると、布団のそばに人影があり、顔を合わせてしまいました。

このとき金縛り状態でしたが、気になって顔だけそちらに向けていました。

私はなぜか強がって、その人影にむけて微笑んでやったら(作り笑顔ですね)、向こうも微笑み返しておりました。

それだけなのですが、とても印象に残っております。

この方は守護霊様や、あるいは指導霊の方だったのか、もしくは通りすがりの霊だったのか、訳あってやって来た霊だったのか、気になっております。

お忙しい中、大変恐縮ですが、もし差し支えありませんでしたら明かしていただきたく存じます。


ありがとうございました。

2017・5・11
いくと様

「この方は守護霊様や、あるいは指導霊の方だったのか、もしくは通りすがりの霊だったのか、訳あってやって来た霊だったのか、気になっております」

●守護霊さんです

あなたの段階が一つ更新されたのでうれしかったのでしょう

いい感じですね


虚空蔵55

スーザン

2017/5/16 No.3421

虚空蔵55様、みわ様

先日は私からの数多くの質問に丁寧にお答え頂き誠にありがとうございました。
私の方は相変わらず、自らの性欲に負けながらも何とか幸せになるべくほどほどの塩梅を模索しております。私の体の欲しいままに任せてしまうと、本当に際限が無くなってしまいますので、ここは何とか祈りを忘れず、お導きを信じて進んで行きたいと思います。

最近は仕事の方も忙しさを増してきており、ついつい逃避行為に走ってしまう自分を戒めながら、何とかがんばってやっていきたいと思っております。
最近は少し良い話もありまして、国外の方が私の仕事に目を止めて下さり、共同で仕事をすることになりました。ただ良い話でありがたい限りだったのですが、私の方が足手まといにならないか大きな悩みの種になっております。日々何か出来ることはないかと模索しておりますが、中々形にはならず、困り果てることもしばしばですが、こちらも何とかやり抜きたいとがんばってやっています。
どうにもならないことばかりではありますが、感謝と謙虚さが大切だということは忘れず仕事に邁進していきたいと思います。

「来るべき世界(続20年後世界人口は半分になる)」の本が発行されますことも楽しみにしております。

それでは失礼致しました。いつもありがとうございます。

2017・5・9

れんげ草

2017/5/16 No.3420

虚空蔵55様 みわ様

いつも気づきを頂いて有難うございます。

お祈りと共に、消えていく姿を身に染み込ませるよう励んでいますが

最近、気になる事があったので 質問致します。

● 私の幼なじみの友人が、孤児院で働いています。
また、副業で健康食品を販売しています。

久しぶりに夜、友人と店で食事をして話の途中で私が
宇宙全史 別巻2「誰が地球に残るのか」
の第8章 マザー・テレサのお話を始めました。

友人は、しばらく黙って聞いていましたが
頷きながら、「やっぱり、そうなんだ。なんか変だ
な?と思ったところがあるから。」といい出しまし
た。

また、友人が「そしたら、私のしている健康食品も
なんか怪しい気がしてきた。」と言ったら、
突然、店の電気が消えて真っ暗になりました。

窓から外を見ても強い風が吹くわけでもなく、店の周
りの家には明かりが見えました。

2、30分も経った頃、やっと明かりがつきました。
30人程いたお客様も、誰も席を立つわけでもなく、
静かな様子でした。

友人と「何で、電気消えたのかなぁ?」と話しまし
た。
よく友人が私にメールをすると文字が、友人の使用し
ている小さな文字のサイズで そのまま届いたり、

私が友人に電話しても繋がらず、メールすると「具合
い悪くて、ごめん。」 と返事が来たりするので

電気が消えたのは、友人が関係してるのだろうか?
と思ったりしました。

また、私の家でも、主人の居る茶の間の電気をつけた
はずなのに消えてました。

これは、守護霊様からの何かしらのメッセージでは?
と思ったり…

色々、考えますが。もし、よろしければ、お願い致し
ます。


世界人類が平和でありますように
五井先生ありがとうございます。

2017・4・28
れんげ草様

「これは、守護霊様からの何かしらのメッセージでは?
と思ったり…」

●その通りで、本当は薄々あなたが分かってることをわざわざ電気を消すなどという事象を起こして遠回しに気づかせようとはしていますが、本来守護霊とはあなたの潜在意識の一部でもありますから、あなたがあなたに気づかせようとしているわけです。

何故電気現象が起きるのかといいますと、あなたの気質に関係しています。
あなたは感情のエネルギーの抑えが効かないといいますか、瞬発的に強い感情エネルギーを発生さす人ですので、そういう方には割とこういう形の現象が現れます。

あなた(のエゴ)は分かりやすい単純な現象を見ることで、(本当は分かっていることを)理解する(腑に落ちる)ことが出来るので、極端にいいますと自ら一人芝居をやっているわけです。

エゴが何か納得できる権威(現象)を求めているといってもいいかも知れません。

少し遠回りな理解(納得)の仕方ですが、それはそれで納得できるのならいいのかもしれませんが、ダイレクトに理解できるようになるともっと生き易くなるのかもしれませんね



虚空蔵55

ねこ

2017/5/16 No.3419

やはり大変失礼な質問でした。
ご回答、誠にありがとうございます。
また、宇宙全史を勉強した上で分からないことがあれば質問させて頂きます。
ご察しのとおり、私にはまだ五井様の名前は呼べません。
出会える日がくれば、と思っております。
虚空蔵様、どうぞご自愛下さいませ。
世界が平和でありますように。
地球が元気に続いて行きますように。
ありがとうございます。

2017・5・1

ねこ

2017/4/29 No.3418

虚空蔵55様、三輪様、いつもお世話になっております。一年ほど、ここで勉強させてもらっています。猫と申します。初めての質問になります。この場所ですべき質問かどうか、すこし迷ったのですが、世界の在り方について知識を深めたいと素直に思えたので、お答えを頂けるならと思います。

石油の正体とは何ですか?現在では化石燃料という説明がなされていますが、あそこまで現代社会に都合のよいエネルギーが、世界の限られた場所から無尽蔵に溢れてくるという状況が、いまいち飲み込めません。
また、先日「バガヴァット・ギーター」を読んでいる際、石油の描写とも取れるものを見つけてしまい、改めて不思議に思った次第です。

もう一つ、キリストやクリシュナや釈迦という、世界各地で救世主として現れた存在の大本は、一つですか?そしてそれは太陽の意識とも言うべきものでしょうか。これも先日、ユーチューブにて、イエスのイコンと物語が、キリスト教誕生以前に遡る太陽神崇拝のそれと著しく似ている、という趣旨の動画を見て考えたものです。というのも自分には、この世界の宗教の在り方と歴史が、人々の太陽に対する素朴な信仰と感謝からいかに「中抜き」するかという試行錯誤にしか見えない時があるからです。(おそらくそんな単純な話ではないと思いますが。)

私の精神的な波長はまだかなり低く、人からエゴをぶつけられるとすぐにビクついて同調してしまい、じぶんが軽蔑していると思い込んでる生活のカルマに自ら飛び込んでいるような状況です。なので、この質問事態弾かれることも覚悟していますが、貴重な時間を割いて頂けるなら、とてもうれしく思います。

世界が平和でありますように。
地球が元気に続きますように。
ありがとうございます。

2017・4・21
ねこ様

「石油の正体とは何ですか」

●これは「宇宙全史」第一巻にすでに書いてある通りです。

ただ少し修正がありますのでお答えしておきます。

石油は地球由来のもので液体ではありますが「鉱物」にジャンル分けされます。
元々はタール状のもっと固形化されたような状態であった石油の原料(これは地球が生成しています)が微生物の作用と地球内部の熱と圧力で変性して出来たものになります。

一般的な学説では「微生物の屍骸が堆積し、熱と圧力で変性したものが石油」とされていますが、微生物は変成作用に関わってはいますが、そのものが材料にはなっていません。


あとの質問はもう少し宇宙全史関連の書籍をよくお読みになるか、ご自分に合った講師の方に教えて頂くかして下さい



虚空蔵55
(もしよく読んでそれでもお分かりにならなければ再度質問なさって下さい)

タイタン

2017/4/28 No.3417

虚空蔵55様・みわ様

お忙しい中、
ご回答頂き、本当にありがとうございます。


●『あるがままを見る…一種の諦めですが、そういう執着を外すと楽になり、すべてがうまくいくようになります。』


「諦め」というと、何か自分の気持に無理やり蓋をしてしまう感じがして、新たな葛藤を生み出すような気がしますが、
「あるがままを見る」ということになると、距離を置いて客観的に自分を観察する事が出来ます。

「大切にされていない」と感じている根底にある「夫とはこうあるべきもの、男とはこうあるべきもの」という思い込みをはずし、
私自身のエゴを薄めていきたいと思います。


これまで、私は大切にされていないという寂しさがあり、
どこかで「私なんか存在していても仕方がない」とまでは言いませんがましたが、
「意義があるのかな」という思いはあったように思います。

この度、こうやって虚空蔵55様、みわ様、指導霊様、そして、月読之大神様からもお言葉を頂き、
私の事を気にかけて下さっている存在があるということに、本当にありがたく胸が熱くなりました。

このBBSでの初期に私の天命についてお聞きした時に、、
「この世に存在してもいいんだということを、自分のみならず人にも伝えたい」
という事をお教えいただいたことを思い出しました。

我を張らず、素直にエゴを薄めていけそうです。



夫の病気に関しては、
私に出来るだけのことは協力するけれど、
「本人が本気で治そうとしていないのだから、もう私の問題ではない」
と思いつつも、
病気の原因が私にあるのではと自分を責めてしまう気持ちもありましたので、気が楽になりました。


義弟もいろいろと心に抱えており私を頼ってきていますので、
「20年後・・」の本を渡しました。

それを受け入れるかどうかも私の問題ではなく、本人の問題です。


常に、あるがままを見てジャッジしないように心がけたいと思います。

ありがとうございました。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完とうされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます

指導霊様ありがとうございます

虚空蔵55様、みわ様ありがとうございます

月読之大神様ありがとうございます

2017.4.27

MOG

2017/4/28 No.3416

虚空蔵55様 みわ様 五井先生

お教え頂き、ありがとうございます。

自分に向き合うためには、エネルギーが必要なのですね。再認識しました。
エゴの思いにエネルギーを消費させないように、思いは消えていく姿とともに世界平和のお祈りします。

 毎日、仕事で車の移動中は、五井先生の法話を聞いています。何度も何度も、聞いています。聞くたびに新しい気付きがあります。だんだん自分が、進む方向性が見えてきたような気がします。
 それは、世界平和の祈りに尽きる。ということです。
一言で終わらせるのは簡単ですが、世界平和の祈りから見えてくる世界は、とても深い。幅も広い。
 その中で、私は、少しでも託す部分を大きくして毎日を、感謝し、やるべきことをする。
 与えられた環境に感謝できている自分が、幸せです。
まだまだこれからです。

ありがとうございます。

2017・4・26

MOG

2017/4/25 No.3415

@2017・4・14
虚空蔵55様 みわ様 五井先生

先ほど、通夜前の自宅安置母親の横で一人ゆっくり深く、世界平和の祈りを唱えさせていただきました。
瞑想状態に近い感じで深く祈ることができました。
おかげさまで、最近ない安らかな気持ちになりました。
母も、さまようことはないのでしょう。

亡くなったのは、自殺でしたが、いろいろ彼女なりに考えた末の選択肢だったのだろうと思います。
お騒がせしました。有難うございました。

A2017・4・15
虚空蔵55様、みわ様、五井先生

本日、亡き母を無事見送ることができました。
すっきりしました。

 ただ、母はいつも何に不安がっていたんだろうと疑問が残ります。亡き父から受けていた罵倒とDV,母が子供の頃、母の叔父からうけた、罵倒とDV。それらが心に傷を負ってしまってトラウマになってしまった?
 では、DVを受けた原因は、何らかのカルマの解消の為? 疑問が残っています。
 
 世界平和の祈りに素直に入り、消えていく姿と、全託で少しづつ解消できるのが一番でしょうが、なかなか
縁があっても定着しないのが、難しいところですね。

続20年後・・・ 楽しみにしています。

有難うございました。
MOG様

「母も、さまようことはないのでしょう」

●あなたがそう思うことが一番いいでしょうね。
(お祈りと共に)


「母はいつも何に不安がっていたんだろうと疑問が残ります」

●鬱で枯渇してしまたようですね。

自分が認められない、私は悪くないという自分と向き合えなかった故のエネルギーの枯渇です。
逃げている自分、或いは辛い悲しみというのが死ねば消えると思ったのです。

それだけです。

あなたも含めてあなたのお母さんもずっとその繰り返しをやって来ています。

出来ればその連鎖をあなたで断ち切れればいいのですが。


「縁があっても定着しないのが、難しいところですね」

それがカルマ故の難しさでしょう


虚空蔵55

タイタン

2017/4/24 No.3414

虚空蔵55様・みわ様

いつも、学ばせて頂きありがとうございます。
今回も、お忙しい中私の質問にご回答いただきありがとうございます。

『母性に関することで折り合いがついていない』とのこと、

私なりに色々考えてみました。
自分では、対「息子」ではなく、対「夫」についてのカルマではないかと思っています。

前々回に
『今の私の課題は「赦し」「赦すこと」ではないかと思い、自分自身も含め、特に夫への赦しに向き合いたいと思っています』
と書き込ませて頂いた事へのご指導ではないでしょうか。

これまで、夫とのことは意識して考えない様にしてきましたが、もう向き合わなければいけない時にあると思います。


夫には金銭的な事で何度も何度も裏切られ、その都度私が何とか解決したり手を貸しました。
未だに、計画的にお金を使うことが出来ず、持っていたらすぐに使い果たしてしまいます。

忠告したり注意したら、沽券に拘るというように、大抵は、反発したり怒ります。
自分に非があるときは、特に、怒り威圧してきます。

私はあなたの母親ではないと、思ってしまいます。
しかし、それを私に求めているのかなと思います。
本当の子どもなら、私の言うことはもっと素直に聞くでしょう。

夫の母は、お嬢様育ちでその母(夫のおばあさん)に支配されている人で、子どものために何でもするというような人ではありませんでした。

夫は男ばかり3人兄弟の長男なので、それなりに大事には育てられたようですが、愛情を注いでもらったという思いはないようです。
運動会でお弁当が間に合わなくて、寂しいな思いをしたというような話をしていました。
次男は、特に、母親に可愛がってもらったという思い出がなく、未だに恨んでいます。

私に、母親を求めているのかもしれません。


また、夫は糖尿病を患っていますが、以前かかった病院への不信感等もあり、現在、これといった治療はしていません。
糖尿病に罹って何年にもなりますが、初期の頃は食事と運動で血糖値は一度は正常値に戻りました。
その後油断してまた上がってしまい、本気で直そうと思っているのかと疑ってしまう食事を続けております。

もう、薬に頼るしかないのでしょうか?

別の病気もあり、そちらは温熱療法を定期的に受け、現状を維持しています。


夫の病気のことも、何でも私がやってしまうという私の対応の仕方が悪かったからなのではないかと考えてしまいます。

思えば、これまでは何度も裏切られ赦せないという思いと、「言っても無駄」という私のエゴが邪魔をして、何事も相談したり報告しなかったように思います。

私が変われば相手も変わるだろうと、兎に角、何でも話すようには心がけています。


自分で考えなさいとの事ですが、そんな素直でない夫のために、私は母親役を演じなけらばならないのでしょうか?
そのためにも是非、夫や息子との前世からの因縁をお教えいただけないでしょうか?

『母性に関することで折り合いがついていない』ことへの解決になるかどうか分かりませんが、家族との接し方を考え直してみます。

人を赦せないと思うのは、エゴが傷つけられたと思うからで、エゴがなければ、赦すも赦さないもないことだと思います。

「母性とは何か」と聞かれたらちゃんとは答えられませんが、慈悲につながるものではないかと思います。
相手を赦し受け入れる事、それが、母性につながるのではないか。


お忙しいところ申し訳ありませんが、どうぞ、よろしくお願いいたします。


世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私たちの天命が完とうされますように
守護霊様、守護神様、五井先生ありがとうございます
月読大神様ありがとうございます

2017.4.10
タイタン様

「自分では、対「息子」ではなく、対「夫」についてのカルマではないかと思っています」

●旦那さんもそうですがあなたに関わる男性、身近な男性のことです。

ただ現在一番問題になっているのは旦那さんのことでしょう。



「人を赦せないと思うのは、エゴが傷つけられたと思うからで、エゴがなければ、赦すも赦さないもないことだと思います」

●おっしゃるようにあなたの中にも「大切にされて当たり前」というエゴがあることのに気づかねばなりません。
だから頭に来るのです。
自分が大切にされていないのに「自分を大切にしろ」と求めて来る身勝手な旦那さんにすごく頭に来ています。

母性なんかほんとはやりたくないというところでしょう。

「やるのなら私を大事にしてからにして」というエゴがあなたの中にあることをまず認めねばなりません。

それから後はもうお祈りですね。

旦那さんの病気に関しましては、それはもう旦那さんの問題です。
それはあなたの問題ではないのです。

その病気はたとえ医者に薬をもらっても生活が直らなければあまり治らないのです。

だから気にかけず普通に付き合えばいいのです。
自分の生活などを旦那さんをあてにしないようにしていくのです。
世間一般の主人というのがいるということを諦めて、自分たちで何とかするという方向、つまり自立することを目指すと、旦那さんのことなど何も気にならなくなっていきます。

お金を入れなかろうが糖尿病であろうが、とりあえずは旦那さんであることを認められるようになっていきます。

逆にそうなります。

「旦那とはこうあるべき」という世の常識のようなものにとらわれていると辛くなるのです。

あるがままを見る…一種の諦めですが、そういう執着を外すと楽になり、すべてがうまくいくようになります。

月読之大神からです

「そうすると良い方向に進むよ」



虚空蔵55