宇宙全史関連の書籍はこのページからの通販でも、全国の有名書店でもお買い求めになれますが、大阪の心斎橋・アメリカ村のまんだらけグランドカオスか、東京は中野のブロードウェイ4Fにあります「海馬」という精神世界専門のお店でも常時置いてありますのでお買い求めになれます。
中野店にて精神世界店舗人材募集
広大な精神世界の探求者・求道者に向いています。
あらゆるジャンルの精神世界古書を扱うまんだらけの新たなプロジェクト発動です。 このチャンスをあなたのものに!

回答・メッセージ

虚空蔵55

2017/12/14 No.378

これは右のNo3523に対する回答です

確かに神社仏閣の現状はその多くは魑魅魍魎の住みかとなっています(今話題になっている富岡八幡宮を持ち出すまでもないことですが)。
しかし心身を清浄に保ち、古からの戒律を守り続けている処には神が降りる場があります。

例えば宇宙全史が月読之大神との縁を得るため、かつてみわが伊勢神宮に行ったことがあります。
伊勢神宮も全体が統一磁場にあるわけではなく、ある一定の場所のみが月読之大神や他の神々とつながる場所があります。
またその場であってもしかるべき人間が祈らねば何の反応もないことは当然です。
蚕の社に天之御中主大神は常駐されてはいませんが、やはりしかるべき存在がそこで祈ると通路は開きます。
ただこの「しかるべき存在」というのが肝で、地上に宇宙の中心神である天之御中主大神と周波数が合うような存在がいるのかということがあります。


「その巫女は天之御中主之大神をどのように目撃したのでしょうか。天之御中主之大神は姿形としての実体があったのかどうか」

●これに答えるのは中々難しい仕事です。

しかしその巫女の目線だけお伝えするのは簡単で、正にあなた方がたまに見るUFOを見るような感じで見ています。
もちろん絵的には昔の絵画にあるように天上から雲に乗り神々が光り輝いて降りて来るという図になっています。
この説明には、

@人間の感覚器官

Aその感覚器官からの情報を認知するための構造

という二つのシステムが人間にはあります。
そしてこの構造の裏にはとても複雑な「人の心」の真実が隠されているのです。
それを今ここでは説明できないので(「エゴ」の本の中で詳しく解明されています)はしょりますが、その時その巫女の目には上記のような風景が見えていたということがいえます。
その時その場には巫女しかいませんでしたから、他の人間にどう見えたかは不明です。

ただ質問の「実体があったのか」という答えは「あった」ということがいえます。
そもそも「実体」とは何かという命題を飛ばしてお答えしていますから訳が分からないと思いまが、この命題も突き詰めるとややこしくなっていきますのでまたいつかということにしておきます。

この巫女の洞には天之御中主大神の降臨の前に不思議な生き物が出現していました

それは今のシカのような生き物で、峻険な岩山の崖の中腹をスイスイと登って行っています

ただそのシカは動物というより、植物のような波動を持つちょっと変わったとても大きなシカでした

それが何であるのか明確には特定できないのですが、天之御中主大神出現の禊として現れています

私が昔日本の中央山塊で修行じみたことをしていた時、やはり非常に大きな生き物(シカのようなカモシカのようなよく分からない生き物)と遭遇しています
それは私が山を下りる時でしたが、常に姿を見せず(それでもすぐ側にいて、藪や木立の向こう側からガサガサという音がずっとついて来ているのです)、人間の歩く道に出る寸前に振り向くと、大きな体の正面をこちらに向けてじっと私を見ていました

しばらくお互い見つめ合っていましたが、すぐにそのシカのようなものは山に消えていきました

ただそれだけのことでしたが、いつまでもあの目は忘れられません

虚空蔵55

2017/12/11 No.377

これは右のNo3522に対する回答になっています

ここではまだ書いていませんが以前日本の歴史を(天皇を中心に)調べたことがありました。
つまり神武天皇からずっと系譜をたどって、どういう日本史になっているのかを探ってみたことがあります。
まず神武天皇という人物は存在していないというのがありましたが、そもそも古事記や日本書紀に記されてある天皇の系譜やその成り立ちが出鱈目といいますか、自分たち(当時の中央政府)の都合のいいように組み立てられていました。

なので聖徳太子の手前あたりで調べているのが何だかバカバカしくなり、今はそこで頓挫したままになっています。
それでも結構長い物語になっていますが、戦時中なら国賊として捕まってしまうほどのひどい内容の天皇家の物語となっています。

つまり現在皆さん方が敬い崇め奉っている天皇もそうですが、日本の神々も古事記や日本書紀が原点になっていますから、出鱈目といってしまえばそういうことになってしまいます。
しかし古事記にしろ日本書紀にしろ全く何もないところから書いているわけではなく、そこまでにあった伝承や伝説、ローカルな口伝などを収集して(都合のいいように)集大成したものですから、それなりの下地といいますか背景は存在していたといえます。

例えば天之御中主之大神はそれ以前から宇宙神としてありました。
天之御中主之大神が最初にこの日本に降ろされたのは弥生時代以前、さらに縄文よりも前のBC:6000年頃に確認されています。

場所は東北の北の方(青森まではいかないようです)の山岳地帯で、崖っぷちの洞にいる巫女により目撃されています。
日本という国は世界の中でも結構重用なポイントになる火山国なので、たまに偵察に宇宙神が降りてきます。
それでもそれ以前は確認できる人間がいなかったので、降りて来てはいたのですが目撃はされていません。
この時巫女はこの存在を初めて宇宙神(世界そのもの)と認識しています。
もちろんその頃日本はおろか世界中のどこであっても「宇宙(恒星があって星雲があってという)」という概念は存在しませんでしたが「天はこの世界を映すもの」という認識はあったのです(そこから占星術などが生まれています)。

当時の日本は縄文時代が始まる前ですが、すでにある程度の文字のようなものはありました。
よく猟師などが用いるこの枝や小石で方角や獲物の印を表す記号のようなものでしたが、一応文字らしきものはあったのです(もちろん複雑な文章を記すことは出来ませんでした)。
また土器とまではいかないまでも、もう少し原始的な木を彫ったような器や、石を削ったものもありました。

そこでこの巫女は天之御中主之大神を「天之御中主之大神」という言語化はしてませんが「森羅万象の神」と認識しています。
そしてそれを衆生には「大きな神」という非常に単純ですが「すべての神々の中で最も大きな神」と伝えています。
それが古事記あたりで大仰な名前の「天之御中主之大神」に定着しています。

なお月読之大神は天之御中主之大神が降りて来たときに大勢の神々を連れ立ってくるのですが、その中の一人として認識しています。
それ以降月読之大神の位置は大体そういう形になっていますが、実際は天之御中主之大神(宇宙)を超えた存在であることがここ(宇宙全史のワーク)では開示され始めています。

ですからあなたがこのような神々の形を知らなくても当たり前なのです。
アマテラスやスサノオに関しましてはまた長くなってしまいますのでいつかまた書くことにしますが、日本中の神社などで祭っている神々は実体としてそれなりにあるのですが、やはり「それなり」なのです。
「それなり」とは人々が拝む対象としてある限り、存在として形をとる有り様があるということです。
ややこしい言い方ですが「人が望むとそういう対象が生じてしまう」ということがあります。
ですから天之御中主之大神が祭ってある神社だから天之御中主之大神がいるのかというとそういうことではないのです。
そもそも宇宙神がそんなところにいるわけがないのです。

先ほど縄文以前にある巫女のもとに降りて来たといいましたが、この巫女は普通の巫女ではなく、ある意味「狂っている」巫女だったのです。
「狂っている」というのは「一般の価値観とは異なる価値観を持つ」ということで、だから岩山の洞に住んでいるのです。
私(遊撃手ですが)流にいいますと、「塵芥にまみれ薄汚れた神社などに宇宙神が降りるわけがない」ということがあります。
普通の神々はいます。
でもそれはあなた方に通じる普通の神々、あなた方が造り上げた常識の範囲の神々なのです。
だからたまにはあなた方の徳に応じてご褒美もくれるでしょうし、頼み事もお賽銭の多寡に応じてきいてくれるかもしれません。
しかし本当の神々は「気狂い」のところにしか降りてこないのです。
(この「気狂い」は精神病という意味ではなく、一般常識から外れた者という意味です)

しかしそれではあまりにも掴みどころがありませんから、宇宙全史では「あなたの良心に従って」というより所を教えています。
この「良心」に関しましては、非公開情報11で少し詳しく書いておいたはずです。

宇宙全史は難しいワークですが、あなたが最後に書いておられたその志が、あなたをしてここに導いて来ています

世界人類が平和でありますように

虚空蔵55

2017/12/9 No.376

下でご紹介した遊撃手の使いの映像はクローズされました。

アップして1日半でしたが、あれを見れた方は幸運でした。

アップした日(2日前)から夜になっても全く姿を現わさなくなったので、確認してみるとちょっと拗ねていました。
本来不特定多数に見せるものではないようで、あちこちの寺社にはありますが「秘仏」とされるような扱いが望ましかったようです。

つまり非公開情報扱いでやればよかったのですが(それもAグループの中の許可が出た方だけ)、限定公開とはいえ誰でも見られる状況はかなりまずかったようでした。

とにかく遊撃手の使いだけではなく、他の生霊や様々な存在たちも姿を見せなくなったのは異様な感じでした(生霊といいましてもすべて私に好意的といいますか、会いたがって来ているもので、悪しきものはあの空間には入れなくなっています)。
何しろ私がいる限り常に飛び回っていましたから、それが普通にあるものだと思っていたのです。

僅か1日半でしたが、幸運にもあれが見れた方は(その方の境涯にもよりますが)きっと何かいいことがありますよ。

お楽しみに

私はまだ覚醒していませんから、自分を遊撃手とは自覚してません。

しかしあの遊撃手の使いはどうも私を遊撃手と認識しているようです。
だからこそ「どうしてそんなことをするのか」と拗ねて見せたのでしょう。

中々難しいものです


宇宙全史に関する質問、ご意見

名前
質問内容

虚空蔵55

2017/12/17 No.3530

和葉さんに一言いい忘れたことがありました。

あなたの質問の収録の後にいきなりあなたの守護霊様から言葉が来ています。

「この人は心配性というか強迫神経症っぽいところがあるから穏やかに過ごしなさいね」

「あれをしなさい、これをしなさいと求められているのではなく、逆に色んな周りの人の話を聞いてあげなさい」

「それを受け入れて穏やかに過ごすだけでいいんだよ」

あなたは何でも自分で解決しなきゃという(支配をしてしまいたいという一歩手前の)強迫観念っぽいものがあります。

聞くだけでいいのです。
周りはあなたに解決を求めているわけではなく、聞いてもらうだけで自ずとその人の問題の解決が見えて来るので、その人のためでもあり、その人の学びでもあるのです。


以上しかとお伝えしました




和葉

2017/12/17 No.3529

月読之大神様 虚空蔵55様 みわ様 遊撃手様の使い様

いつものBBSを拝見させて頂いています。私は宇宙全史の中で神様の言葉がそのまま降りてきている事に驚いており本当に拝見するだけでも有り難く思っております、ありがとうございます。

また遊撃手様のお使いの方の映像失礼ながら運よく拝見させて頂きました、またこんな機会は二度とないと思い妻にも見せた事を使いの方に申し訳なく思うなか、本当にありがとうございます。本当に有りがたく思っております。

この幸運を活かさせてもらいたく質問したいのですが、

1 私の天命を教えてください。
2 集合魂から根性の私に与えられたテーマ(カルマの清算等)はなんでしょうか?
3 できましたら私の出身の星を教えてください。
4 私の妻と二人の娘(3歳、1歳)との過去世の因縁について教えてください。
5 宇宙全史を読ませてもらってから五井先生の教え、祈りについて本を購入しようと思っているのですが虚空蔵55様のオススメの本などありましたら是非、教えて頂きたいです。
6 私は東北に住んでいるのですが、宇宙全史の中で2020年オリンピックはないとありますが大規模な陥没があるとの事でしたが大災害、戦争(朝鮮などのミサイル)などで東北はかなりの被害に遭うのでしょうか…?非現実的でおバカな質問かもしれせんがどんな内容でも受け入れる覚悟でご質問させて頂きました。

もう今まで繰り返してきた無駄にエネルギーを使う事をせずエゴを薄めエネルギーを増やす事にできる限り専念したいと思っています、まだもしかしたら返答頂ける位置にすら立っていないかもしれませんが、それはそれで真摯に受け止め返答頂ける位置まで頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

世界人類が平和でありますように

2017・12・11

和葉様

1〜6までの質問には今はお答えできません(5は好きなのを選べばいいよとあります)。



虚空蔵55



2017/12/17 No.3528

虚空蔵55様、みわ様、五井先生、月読の大神、いつもありがとうございます。

 エゴの問題を探求しているうちに、鈴木崩山さんの「自我復元」にたどり着きました。彼が主張していることは「特にここ1000年ほど不完全な自我の器で生まれてきているものが多く、その自我の器を1/1にしないと覚醒どころの話ではない。」とのこと。



 いくつか質問があります。

全史1巻P454の「魂の容量」
1.魂の容量と自我は同じものでしょうか?

P248
> 結局パイトロンで最終的には6000万を5億くらいにしています。

2.パイトロンで1/2〜1/16、1/3〜1/12分割されることで、それがエネルギー不足の原因になっている?エゴや妄想のもとになっている?

3.だとすると、分割前のイルプロラシオン星人は自我率が1/1だったのでしょうか、必要な容量を満たしていたのでしょうか?

P482
>地球霊界分布図
>エル・ランティ派・30パーセント
>プレアデス派・30パーセント
>その他・40パーセント

 とあり、エル・ランティ以外の70%はパイトロンで分割されたとはありません。

4.ここの層はもともと器が小さかったのでしょうか?それとも、別の場所でパイトロンにかかっているのでしょうか?

P248
> この文明では地球は人口を出来る限り増やしているのです。まったく逆の現象のように思われるかもしれませんが、質でカルマを解消しようということはすでにあきらめていて、(経験の)数でカルマをなんとかしようとしているのです。

5.鈴木氏が提唱するように、近年、人口を増やすために自我分割が行われているのですか?やっているとしたら、主体はJUMUでしょうか?地球でしょうか?



 前回の回答ありがとうございました。五井先生に全託いたします。エゴの本、お待ちしております。

 それではよろしくお願いします。

2017・12・9
海様

全史1巻P454の「魂の容量」
1.魂の容量と自我は同じものでしょうか?

●違います。
魂の容量とはすなわちエネルギーです



2.パイトロンで1/2〜1/16、1/3〜1/12分割されることで、それがエネルギー不足の原因になっている?エゴや妄想のもとになっている?

●ある意味そうです



3.だとすると、分割前のイルプロラシオン星人は自我率が1/1だったのでしょうか、必要な容量を満たしていたのでしょうか?

●これは1でお答えしている通りそうではありません

またエル・ランティ以外(プレアデスやその他)でも分割はやっています(宇宙全史第一巻には書かれていませんが)




5.鈴木氏が提唱するように、近年、人口を増やすために自我分割が行われているのですか?やっているとしたら、主体はJUMUでしょうか?地球でしょうか?

●本当の主体はここではお答えできませんが、皆さん方の立場から見ると概ね宇宙とお答えしておきます



虚空蔵55


アリマ

2017/12/16 No.3527

保留、承知しました。
待ちます。
世界平和の祈りを深めてまいります。

2017・12・15

駅マ

2017/12/14 No.3526

本日2017年12月12日
まんだらけの株、100株、楽天証券にて取得しました。
非公開情報を希望します。
シリアルナンバーをメールにてお知らせくださいませ。

ーーーー以下個人情報につきカットーーーー



アリマ様

「保留」と答えが降りています



虚空蔵55



家田泰明

2017/12/14 No.3525

虚空蔵55様、みわ様、回答有難うございます。

 エゴを一度落とした上で、世界に干渉する為に又エゴを使役する。何ともレベルの高い話です。私はそこまで行ったらその選択をするのか、出来るのか、そんなことを考えました。
 いつの間にやら、どっぷりと「祈り」が生活の中に沁み込んでいます。もう「祈り」を手放すことも無いでしょうし、この道を静かに歩むのみです。運命を変えたくて、必死に「祈り」、ここにかじり付いてきました。運命の大きな変化は未だ果たせずですが、後に戻ることもない。なぜか、その確信が今の私に生まれています。不思議な物です。
 トライアスロンも諦めた訳ではなく、42歳と言う年齢が焦りを生み、あのような事を書いたのだと思います。出来る時に出来る事を積み上げて行きます。

(遊撃手の使いの映像は、見損ねました。残念!!。)

有難うございました。

2017・12・10

いくと

2017/12/14 No.3524

虚空蔵55様、みわ様

エネルギー・・・なのですね。
心致します。

もちろん拡散などは致しません。
(恐ろしすぎます)

データはハードの記録媒体に移し替えて、パソコンのものは削除したいと思います。


ものすごく身に余る幸運だと思います。

ありがとうございます。

2017・12・10

2017/12/13 No.3523

虚空蔵55様

左No.377にてのご回答ありがとうございます。
古事記や日本書紀が都合の良いように改竄されているという情報(当時の権力者によって迫害に遭い異端扱いされたと言われているホツマツタエはより真実に近い神話だったとも)は聞いたことがありましたが、まさか神々の系譜さえも出鱈目であったのかと、驚きました。

宇宙神である天之御中主之大神と人類(巫女)との最初の邂逅シーン、感動的です。まさに、人類が神を見た瞬間。その巫女は天之御中主之大神をどのように目撃したのでしょうか。天之御中主之大神は姿形としての実体があったのかどうか。そしてこれから私達も救世主を通して天之御中主之大神のエネルギーに触れ、同様の邂逅を果たすことができるのだろうと、期待しています。

形骸化した神社には本当の神々は繋がっていない。神社の神々は、人々の思いに反映されて呼び寄せられている存在ということでしょうか。人の意志がエネルギーを動かしているという原理からすれば、その通りかもしれません。しかし本当の神々は人心を遥かに超えた段階に存在している、と。

「良心」に従って生きる。それが神々からのメッセージでもあり、私自身の望みを顕現させていくのだと今はそのように理解しています。エゴを薄くしていく一つの方法なのだなと思いました。感性を磨き、へその緒とされる神へと繋がる霊道を開いてまいります。

誰一人、ここには導かれて来ていない人はいない。私もその一人なのだと理解しました。
今ある環境に至るまでも、自身にとっては多くのプロセスがありました。宇宙全史のワークに辿り着いたのも、真実を知りたいと望み、真実を生きたいと望んだ私の意志があったから。それが気狂いといわれても構いません。

ご教授いただきありがとうございます。

世界人類が平和でありますように。

2017・12・13
葵様

少し追加情報がありますので(続きということで)左に書いておきます



虚空蔵55




2017/12/11 No.3522

虚空蔵55様、みわ様、月読之大神様、SO&SO様

非公開情報11を拝読させていただきました。情報の精査、執筆と、早々の発送のお手続きをありがとうございました。

12月6日、縁あって京都太秦の蚕ノ社へ参拝しました。知らずに参拝したため私事ながら大変驚いたのですが、この神社の本殿は、「天之御中主神」を主祭神として祀っていると書かれておりました。
非公開情報11でご紹介いただいた天之御中主大神のエネルギーは、こうした主祭神として祀られる神社を介しても流れていて、受け取ることができるものなのでしょうか。またそうであるとしたら、そうしたエネルギーに触れることで、救世主の覚醒による世界移動に乗ることもできるでしょうか。

私はこれまで月読之大神様のことは「月読尊」「月読命」「ツクヨミ」と呼称されるアマテラスやスサノオと兄弟関係の神様のことだと思っていました。しかし非公開情報11の中で月読之大神様は「天之御中主大神のペア」「天之御中主大神のパートナー」と思われているとの記載がありました。これは私が知らない過去の宇宙全史BBS上や以前の非公開情報の内容で月読之大神様の素性について書かれたことがあったのでしょうか。それとも、月読之大神様はアマテラスの弟であり、天之御中主大神のパートナーなのでしょうか。

日本の神々については不勉強で疎く、このような表層的な質問にしかならず申し訳ありませんが、ご回答いただければ幸いです。

蚕ノ社への帰り道、松尾大社摂社とされる月読神社へも参拝しました。境内の一画に「願掛け陰陽石」という左右に2つ並んだ丸石があり、「左右の石を撫でてご祈願下さい」と書かれた立札がありました。さて何をお祈りしようかとふと思いを巡らしましたが、しゃがんで石を撫でながら、世界平和の祈りを読誦しました。なかなかこれ以外の願い事が今の私には浮かばないようです。

世界人類が平和でありますように。

日本が平和でありますように。

私たちの天命がまっとうされますように。

守護霊様、守護神様、五井先生、ありがとうございます。

2017・12・7
葵様

少し長くなるかも知れませんので、後程左で回答します



虚空蔵55

いくと

2017/12/10 No.3521

虚空蔵55様、みわ様

下世話な?(←たぶんマスメディアを通して情報を得たゆえの偏向的なイメージ)心霊現象の話題には、あまり興味がなかったのですが、No.374の映像はあまりにも貴重すぎますし、尋常なものではないということは理解できましたので、その場でダウンロードしてしまっています。

動画がクローズされたということですので、やはりダウンロードしたものは削除すべきでしょうか?

2017・12・10
いくと様

持っていても結構です

ただあのエネルギーをどう受け取るかはあなたの問題ですが

日々の祈りを忘れずに

その幸運を大切にしてください



虚空蔵55
(ただ拡散しないようにご注意ください)