現代の必殺シリーズ、坂口いく「闇狩人」

"現代"の必殺シリーズ漫画、それが坂口いく「闇狩人」だ!

......と、大見得切って始めてみましたが、この"現代"ってのが2018年じゃなくて、30年前の1990年頃なんですね。

というわけで、本日紹介したい漫画は、坂口いく「闇狩人」です。

坂口いく「闇狩人」
20180210-01.jpg

何故いま紹介するのかというと、30年前に連載が始まって、一旦全6巻で終わった「闇狩人」の新作が今月(2018年2月)、集英社から「闇狩人Δ(デルタ)」として出るからです。

といっても実は「闇狩人」、すでに2016年に一度出版社を移し、作画も変えて復活しています。


原作・坂口いく 作画・細川真義「新・闇狩人」
20180210-02.jpg


「闇狩人Δ」は「新・闇狩人」と主人公も同じ、作画も同じ、ということで、実質前作の続き、という形になります。

話の筋は、まぁ、冒頭に書いた通り、また作者本人が1巻の作者コメントでも書いているように、「現代版・必殺シリーズ」といった趣です。
恨みを金で晴らす「闇狩人」と呼ばれる殺し屋たち。普段は日常生活に溶け込みながら、日常の道具を使って殺しを行います。

旧作の主人公は漫画家志望の学生で、武器は定規とペン。
定規は日本刀のような切れ味で、分かり易く切ったり突いたりします。ペンは投げたり、ツボをつくことで相手の行動を奪ったりします。

20180210-03.jpg 20180210-04.jpg

当時の社会問題(受験勉強を苦にした自殺や、暴走族の抗争など)を捉えたネタで短編を重ねつつ、たまに鬼が出てくるような大きな話をしたり。
また、様々な闇狩人がいろんな日常の道具を武器にするのが読んでいて楽しい漫画でもあります。
全6巻+外伝2冊の分量の中にいろんな話が詰まっています。

20180210-16.jpg

闇狩人全編を通しての、殺しと金の考え方。依頼を受けて始めて殺す、という姿勢が貫かれます。

その傾向は新作になっても変わらず。
作画担当がつくことでイラストが実に今風になり、主人公を女子高生にすることでスクウェア・エニックスの客層に合わせつつ、世相を切り取ったような事件を扱う方針はそのままの、安心の復活でした。

ちなみに主人公が漫画家志望というのは変わらず、武器は定規からカラス口になってました。

20180210-05.jpg

そして新作3話目にして旧作ファンには嬉しい旧主人公登場。
前作では漫画家"志望"でしたが、新作では"売れない"ながらもプロの漫画家になってる姿が描かれています。

20180210-06.jpg

続けて、第7話で旧作の別の闇狩人も出てきます。

「新・闇狩人」は全3巻で完結。主人公中心の話となり、他の闇狩人が全然出てこなかったのがちょっと残念でした。
新シリーズ「闇狩人Δ(デルタ)」は実質「新・闇狩人」の続編なので、そこらへんの新しい闇狩人にも期待したいところです。

ちなみに、先にも軽く書きましたが、この漫画の見所は殺しを巡る人間ドラマもさることながら、日常の道具を武器にするアイデアと格好よさにもあると思っています。

新旧主人公は先に紹介した通り漫画の道具を武器に。
他にも、ロックシンガー・三枝将はピックを武器に。

20180210-08.jpg

元・空手家の陣内力は濡れ手ぬぐい。

20180210-09.jpg

などなど。

外伝ではバイクや釣竿なんかも登場します。
あり得ないながらも、遊び心があって大好きなところなので、新作でも是非いろんな闇狩人&日常品の武器、を出して欲しいところです。

......が。
トレジャーハンター・我竜京介の武器だけはイマイチ仕事との関係が分からない......


20180210-10.jpg

ケン玉?


でも、ケン玉、超便利なんですよ。
基本は絞殺。
20180210-11.jpg

刺すこともできる。
20180210-12.jpg

殴打も可能ときたもんです。
20180210-13.jpg

トレジャーハントにはとっても便利、ケン玉!

以上、「闇狩人Δ」の発売を待ちつつの、旧作の紹介でした。

蛇足:
「新・闇狩人」は原作者の坂口いくがいろいろ裏事情を書いている巻末漫画もファンとしては見所。

とくに2巻の巻末漫画はいろいろ気になるところでして。
各社への持ち込みの状況。坂口先生でもこんな状況なのね......

20180210-14.jpg

「人を殺しちゃダメですよね」という大前提の否定w

そして気になるのがE社。

20180210-15.jpg
「女子高生の殺し屋が山ほどいますので......」
最初スクウェア・エニックスかと思ったんですが、「新・闇狩人」が載ってたのはスクウェア・エニックスの「ビッグガンガン」なんですよね。
どこだ、E社......

うめだ店 山本

1週間のアクセスランキング

  1. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その②(401PV)
  2. まんだらけ | サーラの本棚 - 「やれなかった」というのがいつか大きな財産になる(161PV)
  3. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その①(93PV)
  4. まんだらけ | サーラの本棚 - 不倫は文化だと誰かが言った…黒澤R「金魚妻」(54PV)
  5. まんだらけ | サーラの本棚 - 現代の必殺シリーズ、坂口いく「闇狩人」(53PV)
  6. まんだらけ | サーラの本棚 - 高校デビュー失敗する系の安定度!(50PV)
  7. まんだらけ | サーラの本棚 - 「犬が麻雀を打つ漫画」だけじゃない本格復讐劇、沢本英二郎「無法者」(49PV)
  8. まんだらけ | サーラの本棚 - 触れると聞こえるあなたの本音(41PV)
  9. まんだらけ | サーラの本棚 - これは、パンストフェチ覚醒漫画なのか?(35PV)
  10. まんだらけ | サーラの本棚 - 性欲スイッチ君のはどこにあるんだろ~♪(34PV)
  11. まんだらけ | サーラの本棚 - キラキラうるうる☆ドスケベファンシー18禁☆小川ひだり『ちちんくりくり』(32PV)
  12. まんだらけ | サーラの本棚 - 地元の本屋を再生せよ!!本屋を愛するすべての人へ(31PV)
  13. まんだらけ | サーラの本棚 - ロッタレインから松本剛入りした方へ(28PV)
  14. まんだらけ | サーラの本棚 - 初版本ってオタク心をくすぐりますよね。桂正和「電影少女」を紹介します!(25PV)
  15. まんだらけ | サーラの本棚 - 【釣巻 和】寒すぎる! 熱いおフロで温まりたい~! 【のの湯】(21PV)
  16. まんだらけ | サーラの本棚 - 成年コミックのベテラン勢の安定感たるや(18PV)
  17. まんだらけ | サーラの本棚 - 「BASTARD!!-暗黒の破壊神-」(萩原一至)の9巻と18巻のVer.違いってご存知でしょうか?(16PV)
  18. まんだらけ | サーラの本棚 - 一味違った異世界転生(14PV)
  19. まんだらけ | サーラの本棚 - 名古屋行きの特急電車で異世界転移の異世界食べ物漫画!(14PV)
  20. まんだらけ | サーラの本棚 - 藤崎竜もうひとつの封神演義をご存知でしょうか(11PV)
  21. まんだらけ | サーラの本棚 - 内海八重 骨が腐るまで(10PV)
  22. まんだらけ | サーラの本棚 - 裏サンデー発、新感覚ウザデレ系爬虫類コメディ(9PV)
  23. まんだらけ | サーラの本棚 - この1冊で鳴子ハナハルの単行本未収録10作読めるお得な成年雑誌!(9PV)
  24. まんだらけ | サーラの本棚 - 中世欧州の戦争と対面した少女の物語(9PV)
  25. まんだらけ | サーラの本棚 - 「爽快感0!」のひりつく麻雀漫画、押川雲太朗「リスキーエッジ」(8PV)
  26. まんだらけ | サーラの本棚 - 頑張る子供は愛おしい!(8PV)
  27. まんだらけ | サーラの本棚 - 擬人化本は数あれど...(8PV)

山本と同じカテゴリの記事

最新の記事
「やれなかった」というのがいつか大きな財産になる

 佐倉綾音のファースト写真集『さくらのおと』が発売になりましたね。僕はセブンネット限定カバーバージョンを2冊購入しました。あとがきに書かれていた、こういう仕事は...

中野店 長谷川

現代の必殺シリーズ、坂口いく「闇狩人」

"現代"の必殺シリーズ漫画、それが坂口いく「闇狩人」だ!......と、大見得切って始めてみましたが、この"現代"ってのが2018年じゃなくて、30年前の199...

うめだ店 山本

地元の本屋を再生せよ!!本屋を愛するすべての人へ

中央線の三鷹の先にある武蔵小金井の話をします。私の地元はそこ武蔵小金井なのですが南口の商店街に「かごや書店」という小さな本屋さんがあって、昔はおばあちゃんのお買...

中野店 田路

一味違った異世界転生

異世界転生がありふれた設定になっている昨今。正直、少しなめて読んだら面白かったので30周年記念に乗っかってご紹介です。タイトル:FINAL FANTASY LO...

小倉店 藤野

ロッタレインから松本剛入りした方へ

当ブログでも度々登場していますが、松本剛作『ロッタレイン』が人気ですね。 松本剛先生といえば寡作で長編が少ないイメージのため、過去作を追おうとすれば単行本だけで...

中野店 清水

擬人化本は数あれど...

こんにちは。 擬人化本は数あれど、出版社擬人化はこちらだけなのではと思われるショーゲキの作品です。 双葉社 原作/横山了一 作画/加藤マユミ 「飯田橋のふたばち...

中野店 わき

馬券漫画、そして資料性。

2018年がついこの間始まったかと思えばもう2月・・・。 根岸ステークスも終わり、G1へ向けて身体をあったかくしていきたいところですね。 ところで話は変わります...

グランドカオス 高井

中世欧州の戦争と対面した少女の物語

ドーモ、SAHRAの阿部です。 今回紹介しますのは「乙女戦争-ディーヴチ・ヴァールカ-」作者は大西巷一さんです。 15世紀、西暦1400年代にヨーロッパで起こっ...

サーラ 阿部

身の丈9cmから見えるアナログ世界へ

どうもこんにちは。 この冬はこたつに下半身を食われたのでもう働けない中野店白石です。 今まで読んだ中で好きな漫画というのはもちろん沢山あるんですが、再読率の高い...

中野店 白石

頑張る子供は愛おしい!

こんにちは、松下です。今年初ブログです。今年もよろしくお願いします。最初から重い題材も何なんで、ちょっとほのぼのする漫画を紹介します。 松下幸市朗 「ひとり暮ら...

コンプレックス松下

コミック通販