指揮者に焦点を当てた音楽漫画、やまむらはじめ「天にひびき」

今期(2018年4月)アニメでは「ピアノの森」を楽しんで見ています。原作が好きなので、どこまでやるのか気になるところ。

音楽モノは漫画の中でも一大ジャンル。切り口も様々で、楽器に焦点を当てたものから、バンドものまで。
「オススメ音楽漫画○選」って特集も多いですね。

本日紹介するのは、そんな音楽漫画の中でもあまり目立たない、"指揮者"に焦点を当てた漫画です。

やまむらはじめ「天にひびき」(全10巻:少年画報社)
20180429-01.jpg 20180429-02.jpg

作者のやまむらはじめ先生は、世間的には「カムナガラ」とか「神様ドォルズ」とか、伝奇アクションもののイメージが強い感じがします。
ですが、わたし個人としては鬱屈した主人公を描いた青春ものがピカイチの作家さんだと思っています。
なので、この「天にひびき」はまさに作者の得意とするところ、毎月連載を楽しく読ませてもらっていました。

ぶっちゃけ、今回これを紹介するのは、「音楽漫画○選」で毎回「天にひびき」を探しては入ってなくて口惜しいからです。

さて。

音大を舞台として青春群像劇でもある本作。
表紙の子・曽成ひびきと、彼女の指揮に影響を受けたヴァイオリン奏者・久住秋央を中心に物語が進みます。

20180429-03.jpg

20180429-04.jpg

序章。印象的な1シーン。幼い子供の指揮に引きずられるようにプロのオーケストラが音を出します。

幼いころからヴァイオリンをやっている主人公の秋央は、このシーンに遭遇、ショックを受ける。
音楽は続けているが、惰性でやっているような感じに。

20180429-05.jpg

しかし、音大に入って、彼女と再会することで、物語が動き始めます。
「彼女の出そうとする音を演奏する」という目標を得て、もがき苦しみながらも進んでいきます。

この物語の素晴らしいところは、天才・ひびきと主人公・秋央を、ライバルではなく、指揮者と演奏者に配置しているところ。

作中で言及されているように「指揮者は音を出すことがない」。

20180429-06.jpg

その指揮者の中に響いている音楽をいかにして汲み取り、音として表現するか。
その切磋琢磨がスリリングに描かれます。

メインストーリーはそういった「天才に追いつこうとする凡人の物語」「指揮者と奏者の関係の物語」ですが、同時に、前述したように「音楽に関わる人たちの群像劇」でもあります。

以下に物語を彩る登場人物たちを簡単にご紹介。
ひびきと秋央はライバル関係ではありませんが、ある意味ライバル的な立ち位置になるのが、指揮科の色男・梶原。

20180429-07.jpg

チャラチャラした外見とは裏腹に苦労人であり、努力の人。
ゆえにひびきの天才っぷりとの対比が痛々しくもあります。

学生を主軸にした物語なので、当然色恋のなんやかやもあります。
ひびきがヒロインかというと、そもそもそういった色恋沙汰とは無縁な精神構造なので、イマイチ「ヒロイン」といった感じではない。
なので、そこは別のキャラが担います。

ヒロイン候補その1:秋央の幼馴染みの迫田美月
ピアニストでヨーロッパで賞など取って、すでにプロとして活躍しています。
以下の画像は秋央のアパートを訪れる前の身だしなみチェック。

20180429-08.jpg

はい、可愛い

彼女はすでにプロとして活動しているので、学生たちの中に別視点を持ち込むという働きもします。
あと、秋央のケツを蹴り飛ばします。こりゃ、尻に敷かれるなぁ、といった感じ。

ヒロイン候補その2:"音羽良の黒姫"波多野深香。
ロシア音楽をこよなく愛する技巧派ヴァイオリニスト。秋央に片想い中。あ、音羽良というのは舞台になっている音大の名前です。

20180429-09.jpg

無口無表情で難易度の高い曲を弾きこなす才媛。
しかしてその実態は......

20180429-10.jpg

はい、可愛い。

それはともかく。
物語は上記5人にその周りの人々を中心に進みます。

学生生活、楽しそうですよね(鍋パーティとか↓)

20180429-11.jpg

20180429-12.jpg

学生の他にもリハビリ中の老音楽家や、若手オーケストラたち、引退した名演奏家などさまざまな登場人物たちが描かれています。

そんな中、わたしがとくに好きなのが、こちら。

20180429-13.jpg

ひびきの指導教官でもある須賀川先生

オケの自発性や個性など知ったことか、プロのオケでも締め上げる、求める音楽のために一切の妥協を許さない独裁者。

すこし長いですが、9巻にある須賀川先生に対する秋央の独白を引用します。

「(前略)ゲネプロのときにあれこれ思った不満。時間を置いて冷静になってみれば、それらが全部この演奏をキチンと構築してゆくための細かい"詰め"である事に気づく。この人はひびきが直感でやっていた事を、全部、理詰めで組み上げてゆくんだ。(中略)そう、天才でない以上、普通の人間はそうやって高みを目指すしかない。無論そうした所で限界は自ずとある。たかが知れてる。けれどそんな凡俗の徒であろうと、やれる事を全てやり尽くし、幸運にも、その努力の方向が間違っていなければ、ごく......ごく稀に......カミサマが振り向く。奇跡がおきる」

天才でない人間の、あまりにも悲観的ではあるけれど、それでもごくわずかな可能性を求める心境。
この作品を象徴してあまりある独白です。

もっとも、この須賀川先生にしてひびきを前にしては......

20180429-14.jpg

ご覧の有様である。

そして、話の中心であるひびきも、もちろん物語があります。
簡単に「天才」と称しましたが、作中は彼女の挫折・苦労もふんだんに描かれます。天才といってもまだまだ若く、足りないものが沢山ある。

何より、

自分で音を出さない指揮者。他の演奏者にはない苦労があります。

20180429-15.jpg

 

成長物語ではあるのですが、作者の作品に共通する傾向ですが、飛躍などなく、感動はあれど一足飛びの開放感はほぼありません。

まさに、地道に一歩一歩進む様を読む感じ。それが実に面白い。

最後にもうひとつ。

この作品を読むうえで外せないのは作曲家・吉松隆によるコラム。
わたしのような楽器を演奏したこともなければ楽譜すら読めない門外漢にとっては非常に為になるコラムでした。1巻の指揮者のタイプ別の話なんかはとくに面白かったです。

20180429-16.jpg

20180429-17.jpg

これがあったので、作中の登場人物たちの価値観を「なるほど、こういう見方なのかな」と推測しながら読むことができました。

そんなわけで、凡人が天才を求める物語、この機会に是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

と、そういえば、主人公・久住秋央の顔画像を紹介していませんでした。

20180429-18.jpg

もとい。

......上の画像は極端ですが、しかし、あんまり締まった絵面がない主人公です。

悩んだ末、コンクールのシーンから。

20180429-19.jpg

眼鏡のいい男ですよ(とってつけたように)。

うめだ店 山本

1週間のアクセスランキング

  1. まんだらけ | サーラの本棚 - 性欲も睡眠欲には勝てない。(48PV)
  2. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その②(37PV)
  3. まんだらけ | サーラの本棚 - 異世界風俗情報発信『異種族レビュアーズ』(27PV)
  4. まんだらけ | サーラの本棚 - 「ゴルゴが敵の彼女を強姦、それを録音再生して敵を射殺する回」と僕の友人の話。(23PV)
  5. まんだらけ | サーラの本棚 - ☆★画像あり ☆★ |コリコン女教師 真昼の決斗☆★ネタバレ注意 ☆★(19PV)
  6. まんだらけ | サーラの本棚 - 初版本ってオタク心をくすぐりますよね。桂正和「電影少女」を紹介します!(14PV)
  7. まんだらけ | サーラの本棚 - 伊藤重夫未収録作品「ワルキューレ1」(13PV)
  8. まんだらけ | サーラの本棚 - 不倫は文化だと誰かが言った…黒澤R「金魚妻」(12PV)
  9. まんだらけ | サーラの本棚 - 「悪意がなさそうなのが怖い、閉鎖空間の女子高」(12PV)
  10. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作のラストセックスを探れ!(12PV)
  11. まんだらけ | サーラの本棚 - 麻雀漫画をオススメしてみる 第3回 志名坂高次「麻雀倶楽部」(11PV)
  12. まんだらけ | サーラの本棚 - これは、パンストフェチ覚醒漫画なのか?(11PV)
  13. まんだらけ | サーラの本棚 - ジミヘンの謎の死に対するアンサー漫画「ハデー・ヘンドリックス物語」(9PV)
  14. まんだらけ | サーラの本棚 - 平成もそろそろオワリ!!(9PV)
  15. まんだらけ | サーラの本棚 - 是非続いてほしかった!(9PV)
  16. まんだらけ | サーラの本棚 - 秋の夜長にSFおバカエロ(8PV)
  17. まんだらけ | サーラの本棚 - 君は「古代戦士ハニワット」を知っているか?(8PV)
  18. まんだらけ | サーラの本棚 - 島耕作シリーズのこの人の死に方がスゴイ! その①(7PV)
  19. まんだらけ | サーラの本棚 - ブラックジャックアンソロの種村有菜がヤバい件(6PV)
  20. まんだらけ | サーラの本棚 - おっぱい描写には定評のあるコンノトヒロ(6PV)
  21. まんだらけ | サーラの本棚 - 2012年の格闘漫画事変、そしてたまには「Devils×Devil」のことでも語ろうじゃないか!(5PV)
  22. まんだらけ | サーラの本棚 - 蛭田達也、数年ぶりの近況報告(5PV)
  23. まんだらけ | サーラの本棚 - 綺麗(で怖い)な秘書さんとRPGのお約束に向き合おう 鴨鍋かもつ「魔王の秘書」(5PV)
  24. まんだらけ | サーラの本棚 - あなたが初めて読んだ漫画は? 手塚作品最高峰のSFバトル巨編!「ノーマン」(5PV)
  25. まんだらけ | サーラの本棚 - 母と子と将棋がある日常と(5PV)
  26. まんだらけ | サーラの本棚 - 来年は「おねえちゃん あちきと遊ばない?」スタイルでいきたい所存(4PV)
  27. まんだらけ | サーラの本棚 - ヒーリングアーティスト☆漫F画太郎先生の「まんゆうき~ばばあとあわれなげぼくたち~」(4PV)
  28. まんだらけ | サーラの本棚 - 「少年ジャンプ」という名の魔界、そして巻来功士スペースよ永遠なれ!イース トプレス「連載終了!」」(4PV)

山本と同じカテゴリの記事

最新の記事
荒木飛呂彦の読切はスマホ片手に奇妙な事件~岸辺露伴は動かない2巻~

以前にジャンプ作家読切のオススメをさせていただきましたが、久々にまた読切作品の良作に出会えたのでご紹介いたします。 荒木飛呂彦「岸辺露伴は動かない」2巻 話は過...

宇都宮店 滝田

手塚治虫は劇画を描いたのか?

宇都宮店コミック担当の福田でございます。今回紹介する本は、小学館クリエイティブから発行された手塚治虫劇画作品集「花とあらくれ」です。 貸本短編誌に手塚の名前を目...

宇都宮店 福田

原画展も舞台も関西にも来てくれーーーー!!

東京も行くけどねー!!!! 心の叫びが駄々漏れですが今回は30周年で盛り上がりを見せる藤田先生の「からくりサーカス」! 何を話してもネタバレになりそうで怖いで...

うめだ店 内山

初版本ってオタク心をくすぐりますよね? 鳥山明「Dr.スランプ」を紹介します!

こんにちは!サーラの樋口です。 今回、ご紹介するのは「Dr.スランプ」(鳥山明)の初版と重版分の修正箇所についてです! 「Dr.スランプ」は版権問題や、自主規制...

サーラ 樋口

モノ作りは楽しいゾ! DIY漫画の最前線、横山知生「ボクと師匠の秘密工房」

モノ作り、って楽しいですよね? 面倒? その過程もまた楽しいものなのですよ。   というわけで、苦労も楽しいそんな自家中毒気味な趣味、DIY(Do It You...

うめだ店 山本

狂っているのは誰?

今回は誘怪犯などの代表作で知られているホラー漫画家の洋介犬先生の 外れたみんなの頭のネジの紹介です。始まりは主人公のミサキが街に住む住人の異変に気付くところから...

コンプレックス 小林

咲-Saki-を生み出した小林立が主人公の麻雀漫画界バトル漫画!?

今回は超能力麻雀バトル履いてない巨乳女子高生漫画(?)の咲-saki-の番外編(???)である立-Ritz-の紹介です! お久しぶりです。名古屋店の山田です。麻...

名古屋店 山田

夢女を量産する女

 リズブルーバードしてきました。 本編未視聴だったので二の足を踏んでいたのですが、あまりに周りから話が流れてくるので我慢しきれず行ってきたのですが・・・ 冒頭か...

渋谷店 田名部

この職場楽しそうだな。

こんにちは。今回はこちらを紹介します。    講談社 蜷津直 センチレンタル少女  レンタルショップで働く少年少女の日常の1コマを数多のシュールでしょうもないギ...

コンプレックス 山田

個人的に実写化希望!犬犬犬!!

あ~夏来てんなぁ~って感じになってきましたね。 1ヵ月ぶりです。山崎です。 雨が多くなる季節ですが、気持ちは晴やかに行きたいものですね。 またしてもネタに迷っ...

うめだ店 山崎

コミック通販